339件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

出雲市議会 2019-06-19 令和元年度第2回定例会(第4号 6月19日)

この問題につきましては終わりまして、次、最後の3番目の簸川南広域農道について伺いたいと思います。  この簸川南広域農道の県道昇格につきましては、実は平成29年(2017)の9月議会質問したわけでございまして、その答弁に、農道ではあるが通勤や通学、観光、物流などの面から幹線道路としての役割を担っているということを認識していること。県への要望を重ねておられること。

大田市議会 2019-03-11 平成31年第 2回定例会(第4日 3月11日)

大邑農道等の関係についても、当然関係する地域の負担金があったように感じております。こういう内容を含めまして、私は決算議会でも、いわゆる未収金ですね、未収金として、当然新年度予算にも過年度分ということで上がってくると思うのですけれども、そういう内容は去年の決算から全て完納される中で、過年度分は全くないようになったのかどうなのか、そういう関係も含めてお聞かせをいただきとうございます。  

雲南市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会(第5日 3月 5日)

これを経由して三刀屋川堤防につながる下熊谷農道については、地権者の意向調査も行い、平成26年度から引き続いて着工すべく中期計画に盛り込んだと答弁されて6年が経過しております。今、三刀屋下熊谷3号線と称されますこの道路改良計画の進捗状況について伺います。 ○議長(山﨑 正幸君) 西川建設部長

大田市議会 2018-12-03 平成30年第 5回定例会(第1日12月 3日)

高齢化率の高い集落の中には、集落の共同事業として行われてきた農道の維持管理や水路の維持管理、集会所や神社等の共同施設の維持管理、また伝統行事などが難しい状況となっている。急速な高齢化により支援が追いつかないと、こういう現状でありました。2つ目は、農業所得の向上と生きがいづくりであります。

出雲市議会 2018-09-03 平成30年度第2回定例会(第2号 9月 3日)

農家と地域住民がともに参加して行う農地や水路、農道の維持補修や植栽による景観づくりなど、農村環境の維持につながっていると考えております。  続いて、農村土地利用についての総合的な土地利用計画の策定の必要性についてのお尋ねでございますが、地域農業の発展のためには、担い手が効率的に農業生産活動を行えるよう優良農地を確保し、その集積を図っていくことが重要であります。

出雲市議会 2018-06-15 平成30年度第1回定例会(第4号 6月15日)

道路関係では、市道27か所、県道5か所、農道4か所、林道4か所の計40か所で落石等の被害があり、現在も市道門曲線が上橋波地内で、また県道佐田八神線が佐田町大呂地内で通行止めの状況にあるところです。  市道27か所の復旧の実施状況につきましては、落石等を除去し復旧済みの箇所が26か所であり、通行止めの市道門曲線が国の災害復旧補助事業の採択に向け関係機関と調整中であります。  

大田市議会 2018-06-13 平成30年第 3回定例会(第2日 6月13日)

現在では、大邑農道中国自然歩道石見銀山街道コースとなっており、石見銀山ガイドの会主催のイベントや公民館のふるさと学習などで、地元の皆さんを中心に、街道ウオークなどが行われているところでございます。  こうした現状の中で、具体的には、街道の入り口や本来の街道とそれ以外の部分がわかりにくいという御意見があることについては承知しているところでございます。  

出雲市議会 2018-06-13 平成30年度第1回定例会(第2号 6月13日)

交通量がますます増加する中で、南北に通じる道路、そして山間部を通る旧南部大型農道の整備はどのように考えているか。  民間の、主として宅地開発のスピードは、行政が考えている以上に広くて早い。現地の状況把握と今後の影響は検討しているか。  以上、お願いをいたします。 ○議 長(福代秀洋君) 鐘築経済環境部長。

大田市議会 2018-04-19 平成30年第 2回臨時会(第1日 4月19日)

私自身、これらの地域の建物の損壊状況や、大邑農道、波根東漁港などの被害状況を目の当たりにし、この地震の大きさを改めて感じたところでございます。おけがをされた方や今なお避難所での生活を余儀なくされている方がおられますが、この地震によりお亡くなりになられた方がいらっしゃらなかったことが何よりの救いだと感じております。  

大田市議会 2018-03-02 平成30年第 1回定例会(第1日 3月 2日)

また、農業生産の向上を図るため、引き続き県営による圃場整備農道整備を進めるとともに、市内各地で老朽化しているため池や農業用排水施設などの改修整備を計画的に進めてまいります。  畜産業については、この2月に和牛の飼養管理の補完機能や担い手の確保機能を備えた畜産総合センターが本格稼働いたしましたので、利用促進を図り、増頭につながるよう支援をしてまいります。  

雲南市議会 2018-03-01 平成30年 3月定例会(第1日 3月 1日)

主要地方道安来木次線から上久野農道へ接する延長287メートルの区間でございまして、市道春石1号線道路整備工事に伴う起点の変更ということで、延長が11.05メートルの減ということになります。  2点目、市道伊萱1号線の終点の変更でございます。現道は市道伊萱線との交差点から河川管理道交差点までの延長788.6メートルの路線であります。

出雲市議会 2018-02-27 平成30年度第4回定例会(第3号 2月27日)

これに対しまして、その要件である、まず第1に、他に替える土地がないこと、2点目が農地の集団性や農作業の効率性に支障がないこと、3点目が農道・用排水路等の施設に支障を来さないこと、4点目が担い手農家の農地の集積に支障がないこと、5点目が土地改良事業完了の翌年から起算して8年を経過した土地であること等々の要件に照らして慎重に判断をしているところでございます。  

出雲市議会 2018-02-20 平成30年度第4回定例会(第2号 2月20日)

分室の業務は朝8時半から開始することとしており、主な業務は市管理道路(市道・農道林道)の維持管理と簡易な修繕、市管理河川農業用用排水路等の維持管理と簡易な修繕、また、突発的な道路破損、落石、倒木等への初動対応、さらに風水害等の災害発生時や除雪作業の初動対応等を想定しております。  

出雲市議会 2017-12-06 平成29年度第4回定例会(第4号12月 6日)

それから、道路の整備について伺いたいと思いますが、お答えいただきましたけども、どちらかといいましょうか、あの範囲の中での周辺の整備をというふうな計画でございますが、私は、ちょっと範囲を広めまして、南部広域農道ですか、今、市道何といいますかいね、その辺まで、やはり調査をしながら、長期的に調査をして整備をする必要があるのではないかなというふうに考えておりますけども、その辺につきましても、再度ご答弁をお願

出雲市議会 2017-12-05 平成29年度第4回定例会(第3号12月 5日)

それから、株式会社出雲村田製作所東の市道直江新川線、市道直江杉沢線の県道昇格2,571メートル、これをやりまして、このスター精機さんのところにありますが市道南広域線、もともと農道ですけどこの斐川町時代に市道に格上げしておりまして、この斐川町内では広域農道というのはないわけであります。そこへ向けて県道昇格をするということでございます。