運営者 Bitlet 姉妹サービス
666件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-10-15 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第4日10月15日) 町道三成線は、三成から里田、石原、角木、乙多田地区から亀嵩郡地区に至る主要な町道であり、県道木次横田線、大仁地区広域営農団地農道にも通じる重要な生活幹線道路で、通園、通学、通勤道路となっている。これまで通年整備改良が行われて来ているが、早期の全線改良工事の完工が望まれており、本要望書にある道路工事の必要性を認める。現地視察実施を行いました。  審査結果、全会一致により原案可決といたしました。   もっと読む
2018-10-09 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第2日10月 9日) まず、1つ目の農業競争力強化農地整備事業については、農業生産基盤整備事業である排水施設整備、農道整備、客土、暗渠排水、区画整理のうち2つ以上の事業を実施することが必要となります。その他、附帯事業や耕作放棄地解消・発生防止のための鳥獣害侵入防止柵の設置など、簡易な整備を行うこともできます。   もっと読む
2018-09-03 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第2号 9月 3日) 農家と地域住民がともに参加して行う農地や水路、農道の維持補修や植栽による景観づくりなど、農村環境の維持につながっていると考えております。  続いて、農村の土地利用についての総合的な土地利用計画の策定の必要性についてのお尋ねでございますが、地域農業の発展のためには、担い手が効率的に農業生産活動を行えるよう優良農地を確保し、その集積を図っていくことが重要であります。 もっと読む
2018-06-15 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第4号 6月15日) 道路関係では、市道27か所、県道5か所、農道4か所、林道4か所の計40か所で落石等の被害があり、現在も市道門曲線が上橋波地内で、また県道佐田八神線が佐田町大呂地内で通行止めの状況にあるところです。  市道27か所の復旧の実施状況につきましては、落石等を除去し復旧済みの箇所が26か所であり、通行止めの市道門曲線が国の災害復旧補助事業の採択に向け関係機関と調整中であります。   もっと読む
2018-06-13 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第2日 6月13日) 現在では、大邑農道が中国自然歩道石見銀山街道コースとなっており、石見銀山ガイドの会主催のイベントや公民館のふるさと学習などで、地元の皆さんを中心に、街道ウオークなどが行われているところでございます。  こうした現状の中で、具体的には、街道の入り口や本来の街道とそれ以外の部分がわかりにくいという御意見があることについては承知しているところでございます。   もっと読む
2018-06-13 奥出雲町議会 平成30年第2回定例会(第3日 6月13日) 1つは、三沢地区の町道乙社線、長さが1メートル掛ける幅が0.5掛ける厚さ0.5のものが1個、2つ目には、同じ三沢地区の鴨倉農道、約25センチ程度のものがあるというふうな報告を受けております。その後の被害発生はないのか伺いたいと思います。  そして、町内、震度4となっておりますが、ほかにも震度計があると思いますが、仁多庁舎、横田庁舎にもあると思います。 もっと読む
2018-06-13 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第2号 6月13日) 交通量がますます増加する中で、南北に通じる道路、そして山間部を通る旧南部大型農道の整備はどのように考えているか。  民間の、主として宅地開発のスピードは、行政が考えている以上に広くて早い。現地の状況把握と今後の影響は検討しているか。  以上、お願いをいたします。 ○議 長(福代秀洋君) 鐘築経済環境部長。 もっと読む
2018-06-12 奥出雲町議会 平成30年第2回定例会(第2日 6月12日) このことが大きな課題であると考えますが、これまで町道、農道等の整備に関して土地所有者が全く確定できなかった事例はないという報告を受けております。以上でございます。 ○議長(岩田 明人君) 内田勇議員。 もっと読む
2018-04-19 大田市議会 平成30年第 2回臨時会(第1日 4月19日) 私自身、これらの地域の建物の損壊状況や、大邑農道、波根東漁港などの被害状況を目の当たりにし、この地震の大きさを改めて感じたところでございます。おけがをされた方や今なお避難所での生活を余儀なくされている方がおられますが、この地震によりお亡くなりになられた方がいらっしゃらなかったことが何よりの救いだと感じております。   もっと読む
2018-03-02 大田市議会 平成30年第 1回定例会(第1日 3月 2日) また、農業生産の向上を図るため、引き続き県営による圃場整備や農道整備を進めるとともに、市内各地で老朽化しているため池や農業用排水施設などの改修整備を計画的に進めてまいります。  畜産業については、この2月に和牛の飼養管理の補完機能や担い手の確保機能を備えた畜産総合センターが本格稼働いたしましたので、利用促進を図り、増頭につながるよう支援をしてまいります。   もっと読む
2018-03-01 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第1日 3月 1日) 主要地方道安来木次線から上久野農道へ接する延長287メートルの区間でございまして、市道春石1号線道路整備工事に伴う起点の変更ということで、延長が11.05メートルの減ということになります。  2点目、市道伊萱1号線の終点の変更でございます。現道は市道伊萱線との交差点から河川管理道交差点までの延長788.6メートルの路線であります。 もっと読む
2017-12-08 奥出雲町議会 平成29年第4回定例会(第3日12月 8日) ○総務課長兼財産管理室長(藤原 努君) 幸いに、これまで奥出雲町におきまして人命あるいは住宅の全壊等に係る大きな自然災害はございませんけれども、大雨あるいは台風等によりまして農作物の被害が生じたり、農道あるいは町道などの災害が毎年のように発生をいたしております。   もっと読む
2017-12-06 奥出雲町議会 平成29年第4回定例会(第1日12月 6日) それと、場所につきましては、大規模農道がございますけれども、それの川角工務店様の近くのところから、さらに山側といいましょうか、奥に入ったところという場所になります。一番奥のあたりというような場所になります。ちょっとなかなか口で説明しにくいですけど。川角工務店さんの近くのところの農道を横切って、奥のほうに入った山の中ということになりますので、随分ちょっと。 もっと読む
2017-12-06 出雲市議会 平成29年度第4回定例会(第4号12月 6日) それから、道路の整備について伺いたいと思いますが、お答えいただきましたけども、どちらかといいましょうか、あの範囲の中での周辺の整備をというふうな計画でございますが、私は、ちょっと範囲を広めまして、南部広域農道ですか、今、市道何といいますかいね、その辺まで、やはり調査をしながら、長期的に調査をして整備をする必要があるのではないかなというふうに考えておりますけども、その辺につきましても、再度ご答弁をお願 もっと読む
2017-12-05 出雲市議会 平成29年度第4回定例会(第3号12月 5日) それから、株式会社出雲村田製作所東の市道直江新川線、市道直江杉沢線の県道昇格2,571メートル、これをやりまして、このスター精機さんのところにありますが市道南広域線、もともと農道ですけどこの斐川町時代に市道に格上げしておりまして、この斐川町内では広域農道というのはないわけであります。そこへ向けて県道昇格をするということでございます。 もっと読む
2017-09-14 奥出雲町議会 平成29年第3回定例会(第3日 9月14日) まず第1に、町独自で水田など農地周辺、とりわけ山林や河川周辺の畦畔の草刈りや農道整備などへの支援制度を創設し、高齢化などから来る担い手不在のために生ずる耕作放棄や離農による農地荒廃を食いとめるべきです。このままでは中山間地は崩壊してしまいます。イノシシや鹿、熊、猿など獣だらけの荒れ地が広がり、さらに過疎化に拍車をかけることになりかねません。   もっと読む
2017-09-06 出雲市議会 平成29年度第3回定例会(第4号 9月 6日) 最後に、簸川南広域農道の県道昇格について伺います。このことについては、平成26年度(2014)から毎年島根県の重点要望として取り上げていただいております。この道路は松江市と出雲市の南部を東西につなぐ農道としてつくられたものです。 もっと読む
2017-09-04 出雲市議会 平成29年度第3回定例会(第2号 9月 4日) もう一つは、斐川南部の旧広域農道周辺の四つの集落営農組織による取組みでございます。議員さんの地元でございまして、その集落営農組織の四つの連携ということで進めていただいているところでございます。 もっと読む
2017-06-26 出雲市議会 平成29年度第2回定例会(第6号 6月26日) 農林水産業費は、産地パワーアップ事業、農道施設及び林道施設の長寿命化対策事業などの追加が計上されております。  商工費は、日本遺産認定に伴う記念事業、外国人観光客誘客のためのインバウンド推進事業、地場企業・小規模企業への支援施策の追加などが計上されております。   もっと読む
2017-06-14 奥出雲町議会 平成29年第2回定例会(第3日 6月14日) 次ですが、大仁広域農道の災害について伺いたいと思います。  この農道につきましては、2月ごろからホシザキ電機工場敷地ののり面の崩壊によりまして全面通行どめがなされました。そして先般、5月31日の夕方から片側通行となったわけでございますが、この災害発生時、災害状況、通行規制、また迂回路、地元関係者の説明など、今日までの現場対応などについて、どのように対応されたのか伺います。 もっと読む