運営者 Bitlet 姉妹サービス
401件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第5号12月10日) 名もなき武士が都落ちをして、地方で起業し、北前船で日本中の鍛冶屋さんに鉄を送る。その鉄からカマやクワが生まれ、そこから米や野菜が生まれる。今も生き続ける高岡市の鋳鉄、つり鐘とか、新潟県の鉄産業のルーツになっています。大変誇りに思います。地方創生のモデル事業を400年前からやっていました。チャンバラのない大河ドラマとプロジェクトXを足したような番組をぜひともNHKに提案したいです。   もっと読む
2018-10-10 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第3日10月10日) こういうふうな事業をしておれば、いろんな方がまた起業精神をおこすですね。起業精神に火が付き、参加されるなと思って、ほほ笑ましくも力強くも感じたところでございます。そうしたことが民間活力への波及まで展開が期待できると思います。  それでは、最後、4点目でございます。三大美肌温泉を活用した観光振興のその後の具体的な取り組みについてであります。   もっと読む
2018-06-25 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第5日 6月25日) 掘り起こししたものについてはアーカイブス化し、教育部門での活用や起業研修の材料としたいと考えている。たたら文化を市民全体の財産として共有することが最大の成果と考えているとの答弁があり、事業を委託するたたら文化伝承・活用推進協議会の設立時期及び委託方法についての問いに、遅くとも7月上旬までには設立したい。 もっと読む
2018-06-13 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第2号 6月13日) そのほか創業塾や創業セミナーを開催し、本市で起業する方への相談・支援を行ってまいっております。  現在の本市の定住対策は、子育て世帯や新婚世帯の移住や、中山間地域や海岸部など人口減少の進む地域への移住促進に重点を置いて諸施策を進めているところであります。   もっと読む
2018-06-12 奥出雲町議会 平成30年第2回定例会(第2日 6月12日) 起業独立型地域おこし協力隊員活動補助金交付、問題解決委託型地域おこし協力隊員活動補助金交付、地域おこし協力隊起業支援補助金交付、地方創生推進交付金交付、地方創生加速化交付金交付等々の事業効果と事業評価の所見を伺います。 ○議長(岩田 明人君) 勝田町長。 ○町長(勝田 康則君) 御質問にお答えをいたします。   もっと読む
2018-06-12 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第2日 6月12日) また、今、政府のほうが一極集中を打破しようと思ったけれども打破できないと、こういう中において、平成32年度からの新たな計画として地方の就業、そして起業家を約30万人ふやそうと、こういうふうな計画をこれから立てますと、5カ年計画を策定しますと、こういうふうな方針が出されました。 もっと読む
2018-06-11 奥出雲町議会 平成30年第2回定例会(第1日 6月11日) 昨年は株式会社セラク奥出雲農業IT研究所様に御立地いただきましたが、5月16日には起業・創業支援施設、古民家オフィスみらいと奥出雲を開所いたしました。  開所式には議員の皆様にも多数御参加をいただきましたことに改めましてお礼を申し上げます。  シェアオフィスとして5つのブースを準備いたしましたところ、全て入居いただき、奥出雲町の新たな産業づくりに貢献できるものと考えております。   もっと読む
2018-06-01 浜田市議会 平成30年 6月定例会 また、他の委員からは、民間造成に伴う譲渡を引き受ける場合の流れと登記の費用負担について質疑があり、執行部からは、市道認定の手続は、初めに民間等起業者から市道認定協議書の提出を受け、計画内容を審査し、確認後、市道認定申請書を受理する。起業者による道路の用地の分筆、地目変更の登記、公図、地積測量図、全部事項証明などの名義変更登記に係る必要書類等の提出を受ける。 もっと読む
2018-03-13 奥出雲町議会 平成30年第1回定例会(第2日 3月13日) 他の地域でもバルは開催されておりますが、おくいずもバルの特徴は、飲食店以外の業種の方にも参加していただき、幅広く町内の事業所の魅力発信を行っていることで、また、U・Iターン者や地域おこし協力隊で起業した方、新しい事業を考えている方などがお試しでチャレンジできる場としても御活用いただけると考えております。 もっと読む
2018-03-08 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第6日 3月 8日) 今いろんな方法で起業を促すこともやっていらっしゃいますし、既存の市内の企業の方の声を聞きながら後押しの施策で雇用の創出を図っていらっしゃいますし、さらにやっていかなければなりませんし、新しくできます神原企業団地への誘致、以前、私は、最先端の産業をと申しましたけども、もう一つ、全く逆に、幾ら技術が進歩してもなくならないものがあると思います。 もっと読む
2018-03-07 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第5日 3月 7日) ただ、これだけではとても人件費かないませんので、実際業務委託をしていますおっちラボのほうではIターン、Uターンを進めていく、あるいは起業を進めていくという趣旨で上にシェアオフィスですか、オフィス機能も兼ね備えて、そこで170万ぐらいの家賃も取りながら実際は実施していらっしゃいます。 もっと読む
2018-03-06 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第4日 3月 6日) 今議会で提案しておりますスペシャルチャレンジのほうにつきましては、地方創生、人材育成の観点から、中・高生は国内、海外への研修、大学生は海外留学あるいはインターンシップ、若者は地域課題の解決に資する事業の起業創業など、それぞれのチャレンジへの支援と実践のサポートを行うという趣旨で制度を提案してるところでございます。 ○議長(藤原 信宏君) 矢壁正弘君。 もっと読む
2018-03-05 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第3日 3月 5日) このため、人口の社会増の実現を目指しまして、30年度には定住基盤の整備において、保育士確保に向けた支援制度や市内企業のU・Iターン者雇用を支援する助成制度を新たに設けますほか、人材の育成・確保におきましても、次世代のまちづくりのリーダー人材の育成に向けまして支援制度の創設、起業創業を指向する人材の誘致など新たな施策を展開し、より一層積極的に取り組みを強化、実施してまいる考えでございます。   もっと読む
2018-03-01 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第1日 3月 1日) 雲南市で挑戦する若者を育て着実に起業、創業や社会参加につなげるなど雲南市のまちづくりに欠かせない存在となっているおっちラボのこれまでの活動に敬意を表し、このたびの受賞を心よりお祝いするとともに、さらなる活動の発展を期待するものであります。  続いて、省エネ大賞及びサステナブル建築賞の受賞についてであります。   もっと読む
2017-12-07 奥出雲町議会 平成29年第4回定例会(第2日12月 7日) 同僚議員の質問にも利用方法についてございましたけれども、なかなか教育施設というのは大きいものでございまして、利用してもらうのにも大変な部分があると思いますけれども、私はこの旧高田小学校の建物を利用して例えばIT産業やこういった事業で起業される方などを呼び込むことができないのか。そしてそのためには、都市部での誘致活動とかを積極的にやったらどうかなというふうにも考えます。 もっと読む
2017-12-06 松江市議会 平成29年第5回11月定例会-12月06日−04号 事業者の起業、創業について、起業前の起業希望者、起業準備者は性別や年齢によってさまざまな課題を抱えており、起業後についても、各成長段階において適切な支援施策を利用することが重要としています。 もっと読む
2017-12-04 松江市議会 平成29年第5回11月定例会-12月04日−02号 したがいまして、今後みずからの起業あるいは地元への就職、こういったことにつきまして私どもも一生懸命支援をして隊員の定住に結びつけていきたいと思っておりますし、新たに来年度は3名の協力隊を採用いたしたいと思っております。先輩が築きました人脈あるいはきずな、そういったものを受け継ぎながらいろいろな課題の解決に向けまして取り組んでいけるように受け入れ環境を整えていきたいと考えているところであります。 もっと読む
2017-11-20 大田市議会 平成29年第 4回臨時会(第1日11月20日) また、IT系企業の誘致など多様性に富んだ働く場づくりや、多くの若い人たちが大田で起業したいと真剣に考えてもらえるような環境づくりにも取り組んでまいります。  観光振興の面では、大田のシンボルである石見銀山の活用に加え、大田市を代表する貴重な観光資源である国立公園三瓶山の活用に積極的に取り組んでまいります。   もっと読む
2017-11-20 大田市議会 平成29年第 4回臨時会(第1日11月20日) また、IT系企業の誘致など多様性に富んだ働く場づくりや、多くの若い人たちが大田で起業したいと真剣に考えてもらえるような環境づくりにも取り組んでまいります。  観光振興の面では、大田のシンボルである石見銀山の活用に加え、大田市を代表する貴重な観光資源である国立公園三瓶山の活用に積極的に取り組んでまいります。   もっと読む
2017-09-13 奥出雲町議会 平成29年第3回定例会(第2日 9月13日) 最大の特徴は、地元での就業や起業、定住を求めず、気軽に住んでみて、地域とかかわりながら生活を体験してもらうというものです。3カ月から6カ月ぐらい住んでみなければわからないものがたくさんあると思います。市は、参加者向けに地域での催しなどを紹介したり、毎月1回ワークショップを開き、移住に関する情報や意見交換などを通して細かく支援をされております。 もっと読む