1357件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

安来市議会 2019-11-05 11月05日-01号

月山富田城跡の整備を進める中で、このように全国的に注目を集め、高く評価されましたことは、この上ない喜びであるとともに、本市のさらなる観光振興につなげていきたいと考えているところであります。 次に、伯備新幹線の早期実現を求める総決起大会についてでございます。 

奥出雲町議会 2019-10-18 令和元年第2回臨時会(第1日10月18日)

先ほどの最初の説明と答弁を聞いておりまして私が懸念をしますのが、6月の予算のときに私は賛成をさせていただきまして、賛成討論もしたわけですけども、取得の理由として水源涵養というところもありますが、そのときの予算委員会あるいは最終日の説明の中で、観光開発をやっていくということ、玉峰山荘も一体として観光開発をしていくという、その点について大いに賛同したわけですが、最初の説明と今の答弁を聞いておりまして、そこのところがちょっと

奥出雲町議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第4日 9月26日)

── 勝 田 康 則君  副町長 ──── 奥 原   徹君 教育長 ──── 塔 村 俊 介君  病院長 ──── 鈴 木 賢 二君 総務課長 ─── 藤 原   努君  企画財政課長 ─ 江 角   啓君 教育魅力課長 ─ 堀 谷 智 樹君  税務課長 ─── 石 原 啓 子君 建設課長 ─── 舟 木   長君  病院事務長 ── 森 長 洋 二君 町民課長 ─── 若 月 勝 久君  商工観光課長

大田市議会 2019-09-25 令和元年第 6回定例会(第5日 9月25日)

次に、大田市観光施設改修事業469万1,000円であります。西の原レストハウスの一部を改修するもので、1つには、正面出入り口をバリアフリー化のスロープ改修で229万5,000円、2つ目に、ウッドデッキの改修で239万6,000円であります。駐車場の改修が先ではないか。こういう問いに、県で駐車場改修を計画している。こういう答弁でありました。  

奥出雲町議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第3日 9月12日)

これは関連する上からも、慎重といいますか丁寧なこのことについての取り組みを進めておられるように受けとめましたけども、我々住民としての農業遺産認定の最大のメリットというのは、本町観光振興とかあるいは農業振興等に住民への経済波及効果、これが最も関心事でもありますし重要なことだというふうに思っております。

奥出雲町議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第2日 9月11日)

議長(藤原 充博君) 本山商工観光課長。 ○商工観光課長(本山 宏人君) 御質問にお答えをいたします。  多目的会議室の利用につきましては、先ほど議員お話にありましたように、昨年5月に開所をして以来、57件の利用があっております。利用人数にいたしますと、約350人余りだというふうに思っております。

奥出雲町議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第1日 9月10日)

のため出席した者の職氏名 町長 ───── 勝 田 康 則君  副町長 ──── 奥 原   徹君 教育長 ──── 塔 村 俊 介君  総務課長 ─── 藤 原   努君 企画財政課長 ─ 江 角   啓君  教育魅力課長 ─ 堀 谷 智 樹君 税務課長 ─── 石 原 啓 子君  建設課長 ─── 舟 木   長君 病院事務長 ── 森 長 洋 二君  町民課長 ─── 若 月 勝 久君 商工観光課長

大田市議会 2019-09-09 令和元年第 6回定例会(第4日 9月 9日)

○1番(林 茂樹) 済みません、1点ほどちょっとお尋ねをしたいのですけれども、14番の商工費、観光リフトの分の中で、必要管理料が減額されるというふうに書いてありますけれども、この減額される場合に、その計算方法とか内容についてお知らせを願いたいなというふうに思いますので、よろしくお願いをいたします。 ○議長(石橋秀利) 上西産業振興部長

大田市議会 2019-09-02 令和元年第 6回定例会(第1日 9月 2日)

次に、三瓶関連の取り組みにつきましては、昨年に続き、三瓶エリア観光キャンペーンを7月から9月にかけて、地域事業者の協力を得て実施いたしております。8月11日の山の日フェスでは、西の原において全国植樹祭PRブースを出展し、来場者による寄せ書きのぼり旗、木製絵馬の植樹祭応援メッセージを記入していただくなど、植樹祭のPRと機運醸成に務めたところであります。  

出雲市議会 2019-07-02 令和元年度第2回定例会(第6号 7月 2日)

1割」の継続を求める請願    請願第 2号 地方財政の充実・強化を求める意見書の提出を求める請願    請願第 3号 おたふくかぜワクチンの公費助成導入に関する請願    陳情第 1号 出雲市立西野小学校教室増設を求める陳情 第4.意見書第1号 地方財政の充実・強化を求める意見書 第5.選第  1号 斐川宍道水道企業議会議員補欠選挙 第6.議会改革・調査特別委員会、総合交通対策特別委員会観光

大田市議会 2019-06-28 令和元年第 4回定例会(第5日 6月28日)

令和元年度大田市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)      議案第133号 大田市介護保険条例の一部を改正する条例制定について                                  [民生委員長]      議案第127号 令和元年度大田市一般会計補正予算(第1号)(所管歳出)      議案第130号 大田市森林環境整備基金条例制定について      議案第134号 大田市三瓶山周辺観光施設

奥出雲町議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第5日 6月25日)

玉峰山の山頂一帯を町民の森、亀嵩団地として、登山客やキャンプ場等、観光資源としてのさらなる活用を図るものであり、この事業概要及び目的に加え、山林用地取得を決断した背景、必要性、購入金額の根拠、妥当性、今後の事業展開、土地を取得しなかった場合の影響、土地取得に当たっての財政的な観点等々について多くの時間を要して質疑、確認がされたこと。  

大田市議会 2019-06-21 令和元年第 4回定例会(第4日 6月21日)

129号 令和元年度大田市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)      議案第130号 大田市森林環境整備基金条例制定について      議案第131号 大田市税条例の一部を改正する条例制定について      議案第132号 大田市手数料条例の一部を改正する条例制定について      議案第133号 大田市介護保険条例の一部を改正する条例制定について      議案第134号 大田市三瓶山周辺観光施設

大田市議会 2019-06-20 令和元年第 4回定例会(第3日 6月20日)

休憩コーナーに面し、観光情報発信ブースを設けることとしており、単に観光案内パンフを設置するだけではなく、例えば、お越しになった時間に合わせた観光ルートの提案や穴場スポットの案内、食や文化紹介など、きめ細やかな総合情報案内ができるよう、大田市観光協会と協議を進めているところでございます。  

大田市議会 2019-06-19 令和元年第 4回定例会(第2日 6月19日)

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を目前に、多くの外国人観光客が押し寄せることが類推され、各地域とも観光客の取り込みに余念がありません。Wi-Fi環境の整備、キャッシュレス決済の普及、ガイドの育成観光地の多言語表示、宿泊所整備、利便性の高い二次交通の充実など、必要な観光環境整備は上げれば切りがありません。

雲南市議会 2019-06-19 令和元年 6月定例会(第5日 6月19日)

のため出席した者の職氏名 市長 ──────── 速 水 雄 一  副市長 ─────── 藤 井   勤 教育長 ─────── 景 山   明  病院事業副管理者 ── 原 田 正 俊 総務部長 ────── 内 田 孝 夫  政策企画部長 ──── 佐 藤   満 防災部長 ────── 中 村 清 男  市民環境部長 ──── 小 川   忍 健康福祉部長 ──── 小 山   伸  産業観光部長

出雲市議会 2019-06-19 令和元年度第2回定例会(第4号 6月19日)

この簸川南広域農道の県道昇格につきましては、実は平成29年(2017)の9月議会質問したわけでございまして、その答弁に、農道ではあるが通勤や通学、観光、物流などの面から幹線道路としての役割を担っているということを認識していること。県への要望を重ねておられること。県道昇格に向けてはまず農道から市道へ移管する必要があること。

奥出雲町議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第4日 6月18日)

のため出席した者の職氏名 町長 ───── 勝 田 康 則君  副町長 ──── 奥 原   徹君 教育長 ──── 塔 村 俊 介君  総務課長 ─── 藤 原   努君 企画財政課長 ─ 江 角   啓君  教育魅力課長 ─ 堀 谷 智 樹君 税務課長 ─── 石 原 啓 子君  建設課長 ─── 舟 木   長君 病院事務長 ── 森 長 洋 二君  町民課長 ─── 若 月 勝 久君 商工観光課長

出雲市議会 2019-06-18 令和元年度第2回定例会(第3号 6月18日)

次に、観光危機管理の充実についてお伺いをいたします。  国内に多くの観光地を有する我が国にとって、観光産業主要産業となっております。また、政府東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年までに年間の外国人観光客を4,000万人、2030年には6,000万人まで増やすことを目標とし、観光立国の実現を目指しております。