186件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

雲南市議会 2019-06-04 令和元年 6月定例会(第2日 6月 4日)

教育長(景山 明君) 議員おっしゃいますように、いじめによる自殺ということで、早急に対応を考えなきゃいけないということで、教育再生実行会議において、第1次提言においてこの道徳教科化ということが打ち出されております。それで、新学習指導要領の全面実施に先立って、小学校では平成30年度から、そして中学校では今年度から「特別の教科 道徳」として道徳教科化をスタートさせております。

奥出雲町議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3日12月11日)

自治体職員の多くに強いストレス症状が見られ、鬱病になったり、過労死自殺まで起きている。現実に起きたことでございます。被災者へのサービスを維持するためにも、一線で働く職員を守る必要があるということが今までの多くの災害の経験の中で明確になっております。  私はこの一般質問の中で、奥出雲町の現状、備えができているのかお聞きしたいと思います。

奥出雲町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日12月10日)

診断や治療がおくれると、自殺の問題や、子供にも大きな影響を与えることになります。お母さんの産後鬱早期発見にEPDS、エジンバラ自己質問票という自己記入チェック票を使ったスクリーニングも自治体を中心に行われているようでありますが、奥出雲町においても産後ケア事業を早期導入される考えはないのか、お伺いします。 ○議長(岩田 明人君) 勝田町長。 ○町長(勝田 康則君) 御質問にお答えをいたします。  

大田市議会 2018-09-10 平成30年第 4回定例会(第4日 9月10日)

マスコミの報道では、さいたま市なんかは特別なところを持って、住宅ローンを払うよりも先に税を払えというような厳しい取り立てがあって、2人が自殺に追い込まれている事例が発生しております。私、2番目に言ったように、大田市では強引な取り立てはなかったのか、ここのほうを総務部長、ひとつなかったと言ってほしいと思いますが、どうでしょうか。 ○議長(石橋秀利) 岡田総務部長。

大田市議会 2018-03-02 平成30年第 1回定例会(第1日 3月 2日)

自死対策については、自殺対策基本法に基づき自死対策計画の策定を行い、保健医療福祉労働教育、その他の関連施策と連携を図り、総合的に推進してまいります。  次に、国民健康保険についてであります。  国民健康保険制度が安定的な財政運営や効率的な事業運営の確保などを目的として改正され、新年度より国民健康保険の運営主体が市から島根県へ移行します。

奥出雲町議会 2017-12-07 平成29年第4回定例会(第2日12月 7日)

子供をめぐる問題状況は、少子化貧困化、児童虐待、いじめ、不登校等々、都市では小・中・高生の自殺待機児童と、子供たちは最悪な状況に追い込まれているのではないでしょうか。子供の命と育ちを何とか改善したい、この要求は高まっています。今、自治体と国の姿勢が問われています。  奥出雲町における児童等に対する必要な支援を行う体制のイメージは、従来から整備されてきました。

出雲市議会 2017-09-05 平成29年度第3回定例会(第3号 9月 5日)

9月に入って、中高生の自殺のニュースが後を絶ちませんが、ぜひ、悩んでいる人にあの丘の上に立ち、日本海を見ながら波の音を聞きながら深呼吸をしてもらいたい。自殺の名所の、実は自殺の名所ではないかもしれませんが、東尋坊に対して、生き続けたくなる丘として、出雲から発信しましょう。また、脱線しましたが、本題に戻ります。  

奥出雲町議会 2017-03-14 平成29年第1回定例会(第2日 3月14日)

多様な働き手の確保の障害となるものの一つが、日本特有の生産性の低い長時間労働であり、また、昨今の報道でもあります長時間労働を起因とする自殺過労死事故が相次いでいる現況にあります。  これらの状況を踏まえ、残業時間の上限を月60時間、年間で720時間におさめるような法制化も審議されているところでございます。以上でございます。

雲南市議会 2017-03-08 平成29年 3月定例会(第6日 3月 8日)

昨年、大手広告代理電通の女性社員が長時間労働で過労自殺に追い込まれるという悲惨な事件が起こりました。これをきっかけに、労働者の働き方改革が大きくクローズアップされてきています。教育の現場でも、メンタルを含む病気休職者が小・中学校で毎年約1%あります。  雲南市では、教職員勤務時間学校管理者や教育委員会で把握できていますか、またどういう方法で把握されていますか、まず伺います。

雲南市議会 2016-12-14 平成28年12月定例会(第4日12月14日)

教育長(景山 明君) 私の所信の一端を述べた中にも、キャリア教育の重要性、そして現在、なおかついじめによる自殺、あるいはうちもそうですけれども、不登校がまだ、ある程度の子供たちが不登校になっているという大きな学校課題、そして支援が必要な子どもたちに対する重要な教育活動というもの、所信でも述べましたように、今、議員がおっしゃったようなことは当然のことながら進めていかなければならないというふうに考えております

益田市議会 2016-09-07 平成28年第522回 9月定例会-09月07日−04号

貧困家庭子供学力もつかず体型も乏しいまま大人になっていくと、こういうことで就職も不安定、貧困の連鎖をとめることができない、こういうことにつながってきているということで最近10代の若者の自殺とか、あるいは事件が多く発生しているというふうに私は思いますが、そういうこともぜひとも関係しているということから、私は今回発言をしているわけですけども、とりわけいわゆる子供が自立して生きていくことができる大人へ

奥出雲町議会 2016-03-16 平成28年第1回定例会(第3日 3月16日)

それから、心疾患、38人、15%、脳血管疾患、31人で12.3%、肺炎が26人で10.3%、老衰、20人で7.9%、不慮の事故、11人で4.3%、自死、自殺でございますが、7人で2.8%、その他が68人、26.9%というふうになっております。  

益田市議会 2016-03-15 平成28年 3月15日 福祉環境委員会-03月15日−01号

石川委員 細かいことなんですけど、12ページの上に、この中で自殺という字があるんですが、最近は自死ということになっています。この辺を皆さんに周知されるということの目標もありますので、全国的には自死という形になってますので、この部分だけではありますけども、ほかのところにもそういったことがあれば、ちょっと訂正しといていただければありがたいかなと思います。

益田市議会 2015-06-15 平成27年第515回 6月定例会-06月15日−05号

中東へ派遣された自衛隊員のうち、58人が帰国後自殺しているということです。現地で亡くなってはいませんが、ストレスによる精神的なダメージが今や問題視されています。  国民の命と財産を守るために、国は戦争をする国になるのではなく、戦争紛争をなくすための外交にこそ心血を注ぐべきで、緊張をあおる安全保障整備関連法案に注ぐエネルギーを、特に近隣国の友好外交交渉に向けるべきことを訴え、賛成討論といたします。

奥出雲町議会 2015-03-12 平成27年第1回定例会(第3日 3月12日)

日本でも自殺対策基本法に基づく自殺総合対策大綱は、死亡率20%以上減少の改善目標を掲げ、その達成に向けた対策づくりを重ねています。政府責任を明確にする上で、数値目標設定は不可欠であります。  安倍政権の消費税連続増税と社会保障破壊は、子供貧困打開に完全に逆行しております。消費税増税は、アベノミクスがもたらす物価高騰に苦しむ低所得世帯に追い打ちをかけています。