1085件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松江市議会 2021-06-29 06月29日-03号

昨年6月、島根県は知事以下、特別職議員県民に寄り添い、苦しみの思いを分かち合うために夏のボーナスを返上いたしました。さて、松江市はどうでしょうか。さきの松浦市政では、昨年の冬に僅か0.05か月分のボーナスを返上しましたが、ほぼ全額と言っていい金額を受け取っております。 そこで、提案いたします。今、日本を代表する大企業でさえ、給料や今年のボーナスカットのところがたくさん出てきております。

松江市議会 2021-06-28 06月28日-02号

市長に就任して以降、島根県とは知事をはじめ各部長とも面談の機会を持ちまして、意見交換や協議を行っているところです。 各方面において、島根県との連携を十分に図ることで、お互いの事業相乗効果を生むように取り組んでまいります。 次に、島根原子力発電所についてです。 基本的な考えと視察の感想、そしてスタンスについて御質問をいただいております。 

雲南市議会 2021-03-22 令和 3年 3月定例会(第7日 3月22日)

私は、今議会でも丸山知事東京オリンピック聖火リレー中止検討表明発言と、その後取られた行動が多くの県民全国から支持表明がありました。それは県民の声、飲食店をはじめとするコロナ禍での生活困窮実態から改善を訴えられたというふうに思っております。みんなで島根県を守ろう、国の制度を変えていこうという流れが今島根の中で生まれていると思います。

奥出雲町議会 2021-03-11 令和 3年第1回定例会(第2日 3月11日)

議員(8番 川西 明徳君) 先般、丸山達也知事が2月25日に国へコロナ対策強化を緊急要望したことに、全国から賛同の声が上がりました。県民のための選択が高く評価されました。一方、地方の実情を訴えた丸山知事に対して、上から目線で、注意すると島根選出大物政治家発言しました。県民感覚からはあり得ない、何様のつもりですかと批判の声が上がりました。世界中のニュースになったそうです。  

雲南市議会 2021-03-08 令和 3年 3月定例会(第6日 3月 8日)

丸山知事政府に対し県内飲食業者の窮状を訴え、コロナ対策強化業者への給付金支給聖火リレー中止検討などを表明したことが全国で話題になりました。感染拡大地域影響地方経済に大きく影響を及ぼし、感染が大きく広がっていない雲南市でも大打撃になっています。コロナウイルスは、無症状の感染者感染を広げていくことが重要な問題です。

雲南市議会 2021-03-05 令和 3年 3月定例会(第5日 3月 5日)

島根県の丸山知事は、新型コロナウイルス感染拡大地域飲食店関連事業者への支援金創設政府自民党地元選出議員に要請したり、あるいは全国知事会でも経済支援を訴えたりしております。政府から納得いくような反応は特段ありません。これについて市長はどのように考えておられるか、お伺いいたします。 ○議長(佐藤 隆司君) 石飛市長

益田市議会 2021-03-05 03月05日-03号

また、例年2月頃、知事、県議会及び土木部長に対しまして、都市計画道路町人麿線須子中線建設期成同盟会のほうが早期完成についての要望を行っておられます。 昨年度は、令和2年1月13日に元町人麿線建設促進吉田地区期成同盟会が発足しましたので、2月18日に実施された島根県の要望吉田地区期成同盟会も参加されたところであります。 

松江市議会 2021-03-03 03月03日-04号

私は、知事発言を支持したいと思います。 国会議員には、県民状況を伝える人が少ないようです。我々は、オリンピックのために長らく我慢をしてまいりました。工事現場に使用するボルト、ねじですね、これは高い基準が定められていて、作ることのできる会社が限られています。オリンピック工事に使われるものが最優先になり、地方で1年近く工事が滞っていたことは、今さら言うまでもありません。

雲南市議会 2021-03-03 令和 3年 3月定例会(第3日 3月 3日)

この事業は、過疎地域において、地域事業者が単独では年間を通じた雇用は難しいが、複数事業者が共同で通年の雇用を生み出すことができるよう、複数事業者で設立した協同組合でU・Iターン者雇用し、それぞれの事業者に派遣するといった仕組みの事業で、知事の認定を受ければ、組合運営費財政支援を受けることができるというものでございます。  

雲南市議会 2021-03-01 令和 3年 3月定例会(第1日 3月 1日)

丸山知事が掲げられている人口減少に歯止めをかけるという目標に対して本市としても県との連携を深め、人口増加への転換を目指した取組を講じていくことが必要だと考えております。そもそも人口減少の問題は、日本全体が経済成長を遂げ東京周辺一極集中が進む中で生活や人生における余裕が失われてきたことが根底にあると考えております。

松江市議会 2020-12-22 12月22日-05号

全国知事会は、地域間格差を助長する4つのランクづけはやめるべきと主張しております。日本弁護士連合会は、診療報酬介護報酬など医療や福祉の分野はもう既に全国一律であり、諸外国では既に全国一律最低賃金制度になっているという主張です。 そして、自民党最低賃金一元化議員連盟は、一律最低賃金を定めていないのはG7参加国中では日本とカナダのみであると指摘しております。

奥出雲町議会 2020-12-18 令和 2年第4回定例会(第4日12月18日)

また、全国知事会会長全国市長会会長全国町村会会長は連名で、今後予想される感染症の再拡大時にあっても、必要な教育活動を継続して子供たちの学びを保障するためには、少人数により児童・生徒間の十分な距離を保つことができるよう、教員確保がぜひとも必要であるとし、少人数編制を可能とする教員確保を国に対して強く要望している。  

雲南市議会 2020-12-14 令和 2年12月定例会(第4日12月14日)

中国山地を抜けるJR木次線と芸備線の利用促進策考えようと、丸山達也島根県知事湯﨑英彦知事が22日、両路線を走る列車にそろって乗り込み対談した。住民生活と観光、両面を支える重要な資産との認識で一致し、路線維持に向けた連携を確認したと報道されました。島根県、広島県のトップである両知事も相当な危機感を持っておられると感じました。  

江津市議会 2020-12-10 12月10日-03号

島根県では、平成21年度から当時の溝口知事の下で、人のいる図書館をキャッチフレーズに県内小・中学校全校学校司書が配置されました。以来、学校司書のいる図書館により効果的な活用、運用が行われ、図書館機能の充実を図り成果を上げております。 また、江津市におきましては、昨年の全国学力学習状況調査において小学校国語平均正答率県平均全国平均を初めて上回ったんじゃないかと思います。

雲南市議会 2020-12-10 令和 2年12月定例会(第2日12月10日)

島根県知事は、今、丸山知事でございますけども、その前は溝口知事その前が澄田知事でございました。  まず、第1番目でございますが、この市長所信表明では、木次線については触れられておりません。ただ、私は非常に気にかかっておりますので、この辺りについて、市長考え方を伺いたいと思います。  溝口知事は、三江線廃止、具体的にはもう2年前になるんですが、その議論が始まったのはもっと前でございます。