97件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

雲南市議会 2019-06-19 令和元年 6月定例会(第5日 6月19日)

〔投  票〕 ○議長(山﨑 正幸君) 投票の結果、賛成多数で議案第95号、令和元年度雲南市一般会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決されました。  これで議案に対する採決を終わります。  次に、請願・陳情について行います。  総務常任委員会に付託された請願・陳情について行います。  お諮りいたします。

雲南市議会 2019-06-04 令和元年 6月定例会(第2日 6月 4日)

それを制された新知事には県民の負託に応えるべく、県政にしっかりと邁進していただくことを熱望しております。 ○議長(山﨑 正幸君) 佐藤隆司君。 ○議員(9番 佐藤 隆司君) 松浦松江市長の街頭演説等での発言で、一部行き過ぎた発言があったと新聞報道されましたが、その発言内容を御存じなのか。御存じであれば、どういったことなのかお聞かせください。 ○議長(山﨑 正幸君) 速水市長。

雲南市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会(第5日 3月 5日)

それは毎年行われておりますけれども、ことしは10月に開催される大会が第45回全日本教育工学研究議会全国大会いうことで、本会場が島根県民会館で開催され、公開授業は雲南市の木次中学校、木次小学校、斐伊小学校、寺領小学校、西日登小学校、そして県立三刀屋高等学校ということで開催されます。  

雲南市議会 2019-03-04 平成31年 3月定例会(第4日 3月 4日)

まず最初に、昨今の投票率について見解をお尋ねしたいと思います。 ○議長(山﨑 正幸君) 藤原総務部長。 ○総務部長(藤原 靖浩君) 昨今の雲南市の投票率についての御質問でございます。  近年の投票率でございます。ここ数年間、平成24年12月以降の選挙6回につきましては、ほぼ70%前後で推移しているところでございます。

雲南市議会 2018-03-08 平成30年 3月定例会(第6日 3月 8日)

昨年行われました衆議院議員選挙では、当日の投票所が遠く行くことができず、期日投票に切りかえたという高齢者の方々と懇談をする機会がありました。その中で、期日投票に行こうにも、仕事をしている家族の都合でなかなか行くことができなかった、また、期日投票に行ったが、来場者が多く、待ち時間が長くて投票を諦めて帰ったといったような意見がありました。

大田市議会 2017-12-08 平成29年第 5回定例会(第3日12月 8日)

○市長(楫野弘和) 御質問がありました三瓶山広域ツーリズム振興協議会世界遺産石見銀山など周辺地域との連携でございますけれども、三瓶山広域ツーリズム振興協議会は、飯南町、美郷町及び当市の1市2町の行政観光協会などを構成機関として、三瓶山周辺の広域観光目的平成23年に設立されておりまして、私は当時、西部県民センターの所長をしておりまして、これにも私も参画をしております。  

出雲市議会 2017-09-05 平成29年度第3回定例会(第3号 9月 5日)

選挙投票入場受付でマイナンバーカードが利用できるとか、あるいは避難所の入退所受付、罹災証明書の発行、各種申請書の記載をしなくていいというふうな窓口支援、あるいは、出雲市も実施しておりますけれども、証明書のコンビニ交付、それから図書の貸し出し受付などの独自サービスの展開をしておられます。  

雲南市議会 2017-03-08 平成29年 3月定例会(第6日 3月 8日)

我々市議会議員も、なり手不足ということで無投票という結果でした。これも同じ状況であります。地域づくりを担う人材育成は喫緊の課題です。どう具体的に育成する考えなのか。このままでは小規模多機能自治のトップランナーも失速してしまうのではないかと懸念するわけですけれども、どうなんでしょうか。 ○議長(藤原 信宏君) 速水市長。

雲南市議会 2016-12-12 平成28年12月定例会(第2日12月12日)

今回の市長・市議会議員選挙ともに無投票の結果となりました。候補者不足による無投票当選は全国的な傾向と言われていますが、地域に一番身近な代表を選ぶ選挙がこのような状況では、活力とにぎわいのある持続可能なまちづくりを目指す上で課題も見えてきたと考えますが、市長の見解を伺います。 ○議長(藤原 信宏君) 速水市長。

出雲市議会 2016-06-09 平成28年度第1回定例会(第2号 6月 9日)

行政関係の事務を、例えば選挙の関係ですけど、立会人の選任とか、それからポスターの掲示手配とか、それはコミセンでやっておられるところもありますし、投票の管理者、それから支所がやっておられるところもあるわけです。それから、民生児童委員、これも地区の協議会事務局があるわけでございますけど、コミセンでやっているところもありますし、各支所でやっておられるところもあるわけです。

益田市議会 2015-12-17 平成27年第518回12月定例会-12月17日−05号

このように地方自治がはっきり憲法で認められましたので、ある一つの地方公共団体だけのことを決めた法律を国の国会でつくるには、その地方に住む人の意見を聞くために投票して、その投票の半数以上の賛成がなければできないことになりました。  皆さん、国を愛し、国に尽くすように、自分の住んでいる地方を愛し、自分の地方のために尽くしましょう。

出雲市議会 2015-06-12 平成27年度第2回定例会(第3号 6月12日)

ただ、平成22年(2010)でばっと線を引いてみると、確かにね、それまでの西尾市政ではね、この庁舎、それから阿國座整備でわずか、弥生の森、科学館県民会館の整備、これ箱物ですね。ごめん、市民会館。それから病院も少しあるけど、これは平成21年度(2009)は、まだ1億8,000万円、それから道路なんかも結構大きいですね。大体箱物が目立つ。この箱物をつくるときも議論があったんですよ、どうしようかと。

出雲市議会 2015-06-11 平成27年度第2回定例会(第2号 6月11日)

投票率の下落傾向は変わりません。特に若者の投票率が低い状況にあります。今後、公職選挙法選挙権年齢が18歳以上に引き下げられる公職選挙法改正案が今月衆議院本会議で全会一致で可決されました。また、来年7月には参議院議員選挙が行われます。  このような状況の中で、期日投票の利用頻度は次第に高まっております。

益田市議会 2015-06-02 平成27年第515回 6月定例会-06月02日−03号

全体のことでざっくりした額だけでいいますと、ふるさと納税が導入された、平成20年と言われましたから、実質上市県民税でいいますと翌年度の21年度ということでのまとめがしてあるんですけれども、一番最初、当初平成21年、22年度、23年度は3万人の方が全国でされていると。寄附金総額は73億円、66億円、67億円と、ほぼこういった金額に、同じような数字が3年間続いてきたと。  

出雲市議会 2015-02-24 平成27年度第5回定例会(第2号 2月24日)

ちょっと話はずれますけど、選挙投票率も年々、がんがん下がっていって、本当に島根県国政選挙、いつもトップですけれど、これなんかも外国の事情とかちょっと聞いたりしてみますと、やっぱり学校でしっかり投票に行くことが政治への参加の第一歩だということを、教育してないからだということをいう先生というか、学者もいらっしゃって、私も、やっぱり子どものときに、道徳の時間なり、このごろはいろいろな学習の時間がありますけど

益田市議会 2014-12-11 平成26年12月11日 総務文教委員会-12月11日−01号

◎福原総務管財課長 旧競馬施設解体事業費につきましては、旧競馬場の駐車場内にあります投票所を解体しようとするものでございます。これにつきましては、現在旧競馬場の敷地内で北側中央部に1軒民家が建っておりますが、その下のところに走っている市道蟠竜湖下4号線と、その民家の右横を縦に走っている6号線のちょうど交差するあたりですが、そこに旧投票所が建っております。

大田市議会 2014-12-02 平成26年第 7回定例会(第1日12月 2日)

続いて、おもてなしの体制づくりの取り組みについて、ホテル旅館交通関係、施設関係者のみでなく、県民一人一人がおもてなしに取り組んでいただくために、和歌山おもてなし宣言を昨年から始めており、個人みずからが実践してもらうために道端のごみを拾いますなどと宣言するもので、おもてなしの行動のきっかけになるもので、ステッカーやおもてなしマニュアル作成研修会などを受講していただく取り組みをしているとのことでございました