512件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田市議会 2019-03-22 平成31年第 2回定例会(第5日 3月22日)

続いて、子育て支援課の子どものための教育・保育給付事業14億5,687万6,000円について、ことし10月の消費税増税に伴い、認定こども園、保育所の保育料を無償するものであるが、万が一消費税増税が延期になった場合の対応はどうするのかとの質疑に、国からの事業に基づき対応するものであり、万が一延期になった場合も国からの指示に従い対応していく。現時点では万が一のことは考えていないとの答弁でした。

雲南市議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会(第7日 3月20日)

これに対し、今後の財政状況を考慮すると、現在、財政健全判断比率となる実質公債費比率が11%であるにもかかわらず戻せないとなると、今後もしばらく継続されるということなのか。また、ラスパイレス指数の状況はとの問いに、今後の財政状況との絡みで、できるだけカットは避けたいと思うが、1年ごとに検討する。

奥出雲町議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第3日 3月14日)

高校魅力の取り組みにつきましては、第1期、平成23年、中山間地域の高校魅力・活性事業として、横田高校ほか4校で教員、自治体職員による検討会から始まりまして、第2期、平成26年にはコーディネーターを配置し、横田高校を含む8校が連携し、県全体の教育の魅力を県外に発信してまいりました。

奥出雲町議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第2日 3月13日)

情報通信技術の農業分野への活用は、園芸ハウスの温度管理などによる栽培の効率や生産物の高品質が図られております。また、農業機械ではロボット技術を活用した無人自動の研究開発が現在進んでいるところでございます。このほか、圃場にセンサー機器を設置して収集データから水田管理を行うシステムを開発されており、今後ますます農業の効率に向けた取り組みが進むものと思われます。  

大田市議会 2019-03-11 平成31年第 2回定例会(第4日 3月11日)

87番、子どものための教育・保育給付事業14億5,600万円余りでございますが、今年度10月から幼保の無償ということで、認可保育所などの利用料が無料になるところであります。しかし、給食費が基本的に自己負担となることで、例えば半年や1年間の給食費を滞納したら大変に追い込まれる可能性が出てまいります。この給食費の対応について伺うところであります。  

雲南市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第6日 3月 6日)

10月から幼児教育、保育の無償が、消費増税にあわせて実施されます。子育てに要する経済的負担の軽減は無論結構なことですが、中身を調べてみると問題点が山ほどあります。そもそも無償と言っていますけれども、ゼロ歳から2歳までは住民税非課税世帯のみが対象ですので、誇大広告のようなものだというふうに思います。

雲南市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会(第5日 3月 5日)

改めまして、今後とも引き続き、議員おっしゃいますように行政評価、こういった中で事務事業全体の見直しを行い、また、行財政実施計画の中では、使用料の見直し、人件費の管理、補助金の適正、定員管理の適正、組織の再編、給与制度の適正等々、また公共施設等総合管理計画の中では公共施設のあり方等、着実な実施を行うとともに、経費全般にわたりまして見直しを図り、実質公債比率の抑制に努めてまいりたいと考えております

雲南市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会(第3日 3月 1日)

こうしたキャッシュレス決済に向けた動きに対して、本市として今後どのような対策で臨むか伺いたいと思います。これは長い目で見れば、インバウンド対策にもつながる話だというふうに思っております。  続いて、保育の無償についてであります。  消費税増税と抱き合わせで保育の無償が10月からスタートいたします。保育の無償により、自治体の財政等の負担はあるでしょうか。

松江市議会 2019-02-01 平成31年第1回 2月定例会

次に、議第26号「財産の無償譲渡について」は、質疑の後、意見はなく、採決の結果、全会一致で原案可決すべきものと決しました。 次に、議第63号「指定管理者の指定について」は、総合福祉センターの指定管理者を指定するものであります。 

奥出雲町議会 2018-12-21 平成30年第4回定例会(第4日12月21日)

審査概要、この条例改正は、行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律の改正に伴い、個人情報の定義の明確等所要の改正を行うためのものである。審査結果、全会一致により原案可決。  議案第84号、奥出雲町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について。

出雲市議会 2018-12-20 平成30年度第3回定例会(第6号12月20日)

審査の結果、増額する消費税の使い道は、年金・医療・介護・少子対策と明確にされており、少子高齢・人口減少が深刻な問題となる中で、社会保障を維持するためには、消費税が必要不可欠である。  また、消費税の増税により歳出は増加するが、増税分には地方税財源の充実も含まれており、地方自治体に深刻な打撃を与えるものではないとの意見から不採択すべきものと決定をいたしました。  

大田市議会 2018-12-17 平成30年第 5回定例会(第5日12月17日)

            号)      議案第47号 平成30年度大田市下水道事業特別会計補正予算(第2号)      議案第48号 平成30年度大田市水道事業会計補正予算(第2号)      議案第51号 大田市手数料条例の一部を改正する条例制定について      議案第53号 大田市共同作業所の設置及び管理に関する条例を廃止する条例             制定について      議案第54号 財産の無償譲渡

出雲市議会 2018-12-10 平成30年度第3回定例会(第5号12月10日)

する条例    議第 48号 出雲市下水道事業に地方公営企業法の規定の全部を適用することに           伴う関係条例の整備に関する条例    議第 49号 出雲市次期可燃ごみ処理施設事業者選定委員会設置条例を廃止する           条例    議第 50号 出雲市行政センター設置条例    議第 51号 工事請負契約の締結について(旧神西清掃工場解体工事)    議第 52号 財産の無償貸付

大田市議会 2018-12-10 平成30年第 5回定例会(第4日12月10日)

            条例の一部を改正する条例制定について      議案第51号 大田市手数料条例の一部を改正する条例制定について      議案第52号 大田市新築住宅に対する固定資産税の課税免除に関する条例を             廃止する条例制定について      議案第53号 大田市共同作業所の設置及び管理に関する条例を廃止する条例             制定について      議案第54号 財産の無償譲渡

奥出雲町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日12月10日)

初めに、1つ目は、安倍政権の保育料無償について伺います。  保育料無償で町の負担増が懸念されています。今、子育て支援に真に求められるのは、保育の質向上のための諸条件の整備です。町負担の軽減、職員の待遇改善が進む真の無償の実現を求めます。所見を伺います。 ○議長(岩田 明人君) 勝田町長。 ○町長(勝田 康則君) 御質問にお答えをいたします。  

大田市議会 2018-12-07 平成30年第 5回定例会(第3日12月 7日)

今回の一般質問では、1つ目に幼児教育・保育の無償について、もう一つは県西部地震のその後の対応について、一問一答方式にて質問いたしますので、よろしくお願いいたします。  まず、1点目の幼児教育・保育の無償についてです。  現在、政府は2019年10月から消費税増税に伴う増収分などを活用し、3歳から5歳までの幼稚園、保育園、認定こども園の保育料無償を実施する予定です。

雲南市議会 2018-12-04 平成30年12月定例会(第4日12月 4日)

しかし、伐採効率などの条件が悪く借り手が見つからない場合は、市町村が無償で借り受けて森林組合などに整備を委託されますが、この制度全てをあるいは森林組合等が請け負うことも考えれますが、過度の負担とならないのか、見解を伺います。 ○議長(山﨑 正幸君) 速水市長。