運営者 Bitlet 姉妹サービス
724件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第6号12月20日) 審査の結果、増額する消費税の使い道は、年金・医療・介護・少子対策と明確にされており、少子高齢・人口減少が深刻な問題となる中で、社会保障を維持するためには、消費税が必要不可欠である。  また、消費税の増税により歳出は増加するが、増税分には地方税財源の充実も含まれており、地方自治体に深刻な打撃を与えるものではないとの意見から不採択すべきものと決定をいたしました。   もっと読む
2018-12-10 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第5号12月10日) する条例    議第 48号 出雲市下水道事業に地方公営企業法の規定の全部を適用することに           伴う関係条例の整備に関する条例    議第 49号 出雲市次期可燃ごみ処理施設事業者選定委員会設置条例を廃止する           条例    議第 50号 出雲市行政センター設置条例    議第 51号 工事請負契約の締結について(旧神西清掃工場解体工事)    議第 52号 財産の無償貸付 もっと読む
2018-10-10 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第3日10月10日) まず初めに、本町に無電柱を推進することについてであります。  国土交通省は、本年4月、無電柱推進計画を定めました。諸外国に負けない我が国本来の美しさを取り戻し、安全で災害にもしなやかに対応できる脱電柱社会を目指すため、無電柱を推進するとしています。 もっと読む
2018-10-09 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第2日10月 9日) さて、骨太方針2018は、政策転換として、とりわけ子育て、教育の分野では、3歳から5歳の幼児教育・保育の無償、本格実施の時期を半年前倒しし、2019年10月からの実施を目指すと明記しました。高等教育の授業料の無償や支援も、対象は限定的ですが明記しました。これに加えて、0歳児から2歳児の無償の拡充、高等教育授業料無償へ支援の対象をもっと広げるべきです。 もっと読む
2018-09-27 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第6号 9月27日) びに簡素に努めることの四つを求めるものです。   もっと読む
2018-09-06 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第5号 9月 6日) しかしながら、第1期分として整備された地域では、各世帯への戸別受信機が加入負担金5,000円で無償貸与されておりますけれども、第2期分の整備では、屋外拡声子局の整備にとどまっており、各世帯への戸別受信機は整備されておりません。   もっと読む
2018-09-05 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第4号 9月 5日) そこで、小学校の英語教育の早期、そして、プログラミング教育の必修について幾つかの質問を行いますので、ご回答のほどよろしくお願いいたします。  まずは、この小学校の英語教育の早期、プログラミング教育の必修は、具体的にどのようなことが望まれているのかをお尋ねします。その目指すところは何なのかをお聞かせください。   もっと読む
2018-09-04 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第3号 9月 4日) 政府は来年の夏までに全ての公立小中学校にクーラーを設置する方針を固めたとの報道もありますが、市としてどう具体されるのか、伺います。  三つ目に、老朽したプールの改修についてです。市内で最も古いプールは稗原小学校で、1970年、昭和45年建設で、今年で48年になります。私が幼稚園に入った年にできたということですから、相当昔の話です。 もっと読む
2018-06-28 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第5号 6月28日) 本陳情は、現在実施されている就学前までの子どもの医療費無料について、小学校卒業までの無料あるいは負担軽減を求めるものです。  平成29年度(2017)12月議会、3月議会では、子育て支援政策全般の問題として考え、執行部ともさらに時間をかけてしっかり議論を重ねた上で判断すべきであるため継続審査といたしました。その後、閉会中に委員会を開催し、執行部から情報提供を受け、議論してまいりました。   もっと読む
2018-06-14 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第3号 6月14日) 地方公務員法の一部改正の中では、これまで任用制度の趣旨に沿わない運用が見られていたということから、特別職の任用及び臨時的任用が厳格をされております。また、一般職の非常勤職員の任用等に関する制度の明確を図るため、新たに一般職の会計年度任用職員制度が創設をされ、採用方法や任期などが定められております。 もっと読む
2018-06-14 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第4日 6月14日) 電力小売自由により、中国地方でも中電から新電力への変更も徐々にふえてきています。そして2年後には発送電分離も実施される状況ですので、そういった中、自治体のエネルギー政策は2つあります。一つが脱炭素の再生可能エネルギーの推進、そしてもう一つが分散であるエネルギーの地産地消の推進、この2つが大きな柱になると思います。これを強力に推し進めることが必要だと思いますけれども、市長の考えを伺います。 もっと読む
2018-06-13 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第2日 6月13日) 続いて、3点目でありますけれども、一昨年度、熊本地震ではこの耐震の必要性が表面をしております。管の継ぎ目に伸縮性を持たせる耐震を今後どのように進めていくのかが大田市にとっても大きな課題であろうというふうに思っております。  この耐震率については、どのようになっているのかお伺いいたします。 ○議長(石橋秀利) 飯田上下水道部長。 もっと読む
2018-06-12 奥出雲町議会 平成30年第2回定例会(第2日 6月12日) また、無料により受診しやすくなり、早期治療につながることで重症を予防できることから、安心して子供を産み育てる環境づくりの一役を担っていると考えます。   もっと読む
2018-06-12 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第2日 6月12日) いかにして高齢社会の交通事故を減らすか。繰り返しになりますが、私は公共交通機関を使いやすく充実させて、高齢者がいつまでも運転しなくても暮らせる社会づくりが重要だと思います。雲南市として、高齢社会に適応した公共交通機関のあり方についてどのような見解を持っておられるのか伺います。  4番目の質問は、道路標識、路面標示の整備について伺います。   もっと読む
2018-06-11 奥出雲町議会 平成30年第2回定例会(第1日 6月11日) 次に、教育魅力については、幼児園、小・中学校、高校、また学校、保護者、地域が一体となった活動を推進していくことで教育の充実はもとより地域の活性、子育て世代、若者世代の定住、U・Iターンの増加にも結びつくものと考えております。   もっと読む
2018-03-22 大田市議会 平成30年第 1回定例会(第5日 3月22日) について      議案第460号 大田市空家等対策協議会設置条例制定について      議案第472号 大田市共同作業所の設置及び管理に関する条例の一部を改正              する条例制定について      議案第473号 大田市企業立地奨励条例の一部を改正する条例制定について      議案第474号 大田市都市公園条例の一部を改正する条例制定について      議案第476号 財産の無償譲渡 もっと読む
2018-03-13 奥出雲町議会 平成30年第1回定例会(第2日 3月13日) 奥出雲町公共施設等総合管理計画は、今後、人口減少等に伴う税収の伸び悩みや高齢社会の進行に伴う社会保障費の増加が見込まれることから、厳しい財政状況が予想される状況下のもとで更新、統廃合、長寿命を進め、公共施設等の適正を導き、財政負担の軽減、そして平準を、長期的な視野を持って計画的な管理を進めることを目的としていたしております。   もっと読む
2018-03-09 大田市議会 平成30年第 1回定例会(第4日 3月 9日) また、2つ目は、社会福祉協議会のほうに体制整備ということで相談窓口を設置をいたしまして、世帯全体の複合、複雑した課題を丸ごと受けとめて、福祉分野に限らず、さまざまな課題をそれぞれの各世帯で持っておられますので、そういったことを丸ごと受けとめまして、関係機関と連携をして、地域生活課題を解決するというような、包括的な相談体制をつくっていくということを進めていきたいと思っております。 もっと読む
2018-03-08 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第6日 3月 8日) よく活性、活性って言うんですけども、活性とは何かといったら、ある本には飯が食えることだって端的に書いてありました。もうまさに私はそう思っておりまして、仕事とか雇用の分野をもっと、いろんな施策がされておりますけど、強化すべきかなと思っております。   もっと読む
2018-03-07 大田市議会 平成30年第 1回定例会(第2日 3月 7日) 来年度には、平成31年1月法人を目指す集落営農組織の法人支援、また肉用牛を中心とした営農計画で1名の認定新規就農者の認定支援を予定しております。  御質問の2点目、担い手の問題点や課題についてお答えいたします。   もっと読む