26件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

奥出雲町議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第2日 3月13日)

○議長(岩田 明人君) 土屋武雄議員。 ○議員(4番 土屋 武雄君) 次に3番目でございますが、非常時の備品の確保及び水、食糧の備蓄等十分かどうかを伺います。 ○議長(岩田 明人君) 勝田町長。 ○町長(勝田 康則君) 御質問にお答えをいたします。  

奥出雲町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日12月10日)

奥出雲町の放課後児童クラブ職員賃金は、月給平均で雲南の83%、非正規職員の日給平均86%です。早急に改善すべきではないでしょうか。  また、学童保育を必要とする子供たちが経済的理由で利用できない事態を放置することはできません。県内のクラブ利用料は4,000円から6,000円が中心です。通告書では、浜田は徴収なしと県調査結果を通告しましたが、が直接徴収業務をしていないとの調査ミスでした。

奥出雲町議会 2018-10-09 平成30年第3回定例会(第2日10月 9日)

─────────────────────────────── ○議長(岩田 明人君) 続きまして、4番、土屋武雄議員。 ○議員(4番 土屋 武雄君) 4番、土屋武雄でございます。一般質問の機会をいただきましたので、私は農業関連、大きな項目2つについてお聞きをいたします。  まず、1点目の土地改良事業の導入による農業所得向上を目指すことについてお聞きをいたします。  

奥出雲町議会 2018-06-12 平成30年第2回定例会(第2日 6月12日)

各自治体でそれぞれの地域の実情に応じた方向で実施され、島根県では松江、安来、奥出雲町の3市町が実施をいたしております。  本町においては、平成29年10月1日より民間の学習塾(奥出雲町塾)と連携をし、単に勉強を教えるだけではなく、安心して勉強のできる環境づくりや学習する習慣づけ、また進路についての相談や支援などを行っております。  

奥出雲町議会 2017-12-20 平成29年第4回定例会(第4日12月20日)

広島県安芸高田、結婚サポート事業の取り組みについて。愛媛県松山、えひめ結婚支援センターの取り組みについてでございます。期日は、平成29年11月29日と30日でございました。参加者は総務経済常任委員会委員7名、議長1名、事務局1名、岩田議長、内田精彦委員長、藤原和範副委員長、大垣照子委員、川西明徳委員、石原武志委員、土屋武雄委員、景山利則委員でございます。  報告。

奥出雲町議会 2017-12-07 平成29年第4回定例会(第2日12月 7日)

─────────────────────────────── ○議長(岩田 明人君) 次に、4番、土屋武雄議員。 ○議員(4番 土屋 武雄君) 4番、土屋武雄でございます。私は、一般質問の機会を与えていただきましたので、大きく2点の事柄について質問をいたします。よろしくお願いいたします。  

奥出雲町議会 2017-09-14 平成29年第3回定例会(第3日 9月14日)

まず最初に、4番、土屋武雄議員。 ○議員(4番 土屋 武雄君) 4番、土屋武雄でございます。一般質問の機会をいただきましたので、私は、大きく2つの点について一問一答で通告によって質問させていただきます。よろしくお願いいたします。  最初、地域公共交通のバス運行計画の実践について伺いたいと思います。  

奥出雲町議会 2017-06-13 平成29年第2回定例会(第2日 6月13日)

この奥出雲町の近隣、雲南また安来におきましては、既に完全ではないかもしれませんが統廃合が進んでいるという現状もあります。そうした中で、基本的にはどうした方向でいくべきか。あるいはそうしたことを今後状況を見ながら考えていくべきかといったようなことについて、基本的な考え方というものをあえて町長にお伺いしたいというふうに思います。 ○議長(岩田 明人君) 勝田町長。

奥出雲町議会 2017-06-12 平成29年第2回定例会(第1日 6月12日)

会議録署名議員は、会議規則第126条の規定により、3番、景山利則議員、4番、土屋武雄議員の両名を指名いたします。よろしくお願いします。   ─────────────・───・─────────────  ◎日程第2 会期の決定 ○議長(岩田 明人君) 次に、日程第2、会期の決定についてお諮りをいたします。  

奥出雲町議会 2017-05-15 平成29年第2回臨時会(第1日 5月15日)

1番、田食道弘議員、2番、糸原壽之議員、3番、景山利則議員、4番、土屋武雄議員、5番、内田雅人議員、6番、石原武志議員、7番、藤原和範議員、8番、川西明徳議員、9番、内田勇議員、10番、内田精彦議員、11番、藤原充博議員、12番、村尾明利議員、13番、大垣照子議員、14番、岩田明人議員。以上でございます。   

奥出雲町議会 2014-12-09 平成26年第4回定例会(第2日12月 9日)

教育費の割合が多いところを申し上げますと、海士町が20.0%、安来が14.2%、津和野町が11.7%、浜田と川本町が10.9%、出雲が10.5%となっておりまして、奥出雲町の倍以上の割合を教育費に割いているということです。はっきり申し上げますと、奥出雲町、教育費5.0%というのは島根県19市町村の中で最下位です。小学校が11校もあるのにですよ。

出雲市議会 2014-09-04 平成26年度第2回定例会(第4号 9月 4日)

5点目は、先ほど申しましたけれども、佐賀県武雄の図書館、去年の3月にオープンしまして、全国に非常に話題を振りまいた図書館ですね。TSUTAYAとか、カフェ、スタバを併設をして、憩いであったり、集いであったり、そういうものを演出をして、新しい公共の姿を示したものが、この武雄の図書館であります。  

益田市議会 2014-06-17 平成26年第509回 6月定例会-06月17日−03号

また、同僚議員からも発言がありました反転授業ということで、武雄もそうですが、反転授業とまではいかないにしても、全国の県教委あるいは教委で積極的にタブレットの配置が進んでおります。このタブレットの導入についての見解というのも、続けてお聞きをしておきたいと思います。 ○議長(寺井良徳君) 林教育部長。 ◎教育部長(林秀輔君) お答えいたします。  

益田市議会 2014-06-16 平成26年第509回 6月定例会-06月16日−02号

あと定住自立圏に関しては答弁はいただきませんけど、いま一度中心の役割、中心宣言を益田はしてますので、中心としてこの12町のかかわりをどうしていくかというのを市長の政治のリーダーシップのもと、もう一回見直しをかけていただきたいなというふうに思います。  

大田市議会 2013-12-06 平成25年第 5回定例会(第3日12月 6日)

このように急速にモバイル端末が普及する中、県外からの来訪客にとっては大田の主要施設や宿泊施設、大田の観光地で情報を入手する場面が多くなってきます。また、ビジネスで大田を訪れるビジネスマンにとってもプレゼンテーションなど提案活動もスムーズに行うことができれば、情報化に取り組む大田の評価も上がると考えます。  

益田市議会 2013-09-10 平成25年第504回 9月定例会-09月10日−03号

私も、行政の基本は言うまでもなく奉仕、サービスであり、益田役所が益田で最高のサービス業とならなければならないと思っております。また、職員は、市役所において最も大きな財産であり、職員の能力、専門性が最大限発揮され、生き生きと元気に働くことが、益田活性化のために不可欠と考えます。そのためには、職員の意識改革、職員の育成、環境づくりは欠かせないことです。  

大田市議会 2012-09-11 平成24年第 5回定例会(第3日 9月11日)

大田の市民の間でもフェースブックで地域コミュニティー、大田創造プロジェクトが8月に立ち上がり、大田の課題についてさまざまな意見交換が行われていきます。その登録数は既に250人に達しております。SNSを活用する自治体も出てきました。佐賀県武雄では、のホームページを丸ごとフェースブックに変え、月5万件だったアクセスが月330万件にはね上がった事例も出ています。

大田市議会 2012-03-12 平成24年第 1回定例会(第4日 3月12日)

     議案第222号 平成24年度大田国民健康保険事業特別会計予算      議案第223号 平成24年度大田国民健康保険診療所事業特別会計予算      議案第224号 平成24年度大田後期高齢者医療事業特別会計予算      議案第225号 平成24年度大田介護保険事業特別会計予算      議案第226号 平成24年度大田住宅新築資金等貸付事業特別会計予算      議案第227

  • 1
  • 2