運営者 Bitlet 姉妹サービス
347件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-27 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第6号 9月27日) 初めに、議第18号、地域の振興を促進するための固定資産の課税免除等に関する条例の一部を改正する条例であります。  これは、地域再生法等の一部改正に伴い、地方活力向上地域として指定された区域における認定事業者に対する固定資産の課税免除及び不均一課税について、所要の改正を行うものであります。  審査の結果、可決すべきものと決定をいたしました。   もっと読む
2018-06-15 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第4号 6月15日) 15日)        平成30年度(2018)第1回出雲市議会(定例会)会議録        開 会 平成30年(2018)6月11日 午前10時00分        閉 会 平成30年(2018)6月28日 午前11時48分 〇議事日程第4号           平成30年(2018)6月15日 午前10時開議 第1.市政一般に関する質問 第2.承第  1号 専決処分の承認について(出雲市条例 もっと読む
2018-06-14 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第3号 6月14日) これは基本的には本来地方交付で賄われるべき部分、国の財政難で交付が不足する部分、これを後年地方交付に算入するとの条件つきで背負う地方債との認識でよいと思っておりますけれども、ご存じのとおり、平成13年度(2001)から平成15年度(2003)までの3か年のまさに臨時的措置として導入されたこの地方債制度であったものが、国において地方交付の原資不足が解消されないことから、現在までその措置が延長され もっと読む
2018-06-13 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第2日 6月13日) 大田市としては、今回の地震により、固定資産及び都市計画は減免との支援制度を打ち出しておられますが、来年度以降の一定の期間、緩和措置をとるべきと考えますが、所見を伺います。  次に、大きな2点目、水道施設整備について伺います。  現在、国では、回復の兆しを見せ始めた経済成長の恩恵を地方や中小企業に着実に広げていくとして、成長と分配の好循環の実現のため、生活密着型インフラ整備を推進しています。 もっと読む
2018-06-13 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第3日 6月13日) また、再処理工場の稼働やのごみの処分さえ見通しの立たない中で、新たな3号機の稼働は処分の困難な使用済み燃料を増加させるばかりであり、現在と未来に対する無責任きわまりない間違った選択と言わなければなりません。  以上、福島の現状、世論、安全性の問題などを述べ、以下、市長に伺いたいと思います。   もっと読む
2018-06-01 浜田市議会 平成30年 6月 予算決算委員会 そうすると、今回のこの試算の中で収入をもちろん試算すると、それに伴う事業というものをもちろんお考えだと思うんですけれども、そのお考えの中での主たる収入を得る事業、となるものは一体何とお考えでしょうか。それで、最も力を入れていくべきところはどのように考えていらっしゃいますか。 ○道下委員長 弥栄支所産業建設課長。 もっと読む
2018-03-22 大田市議会 平成30年第 1回定例会(第5日 3月22日) 歳入での主な質疑ですが、1点目、地方消費交付金、昨年度6.4%増の根拠は、2点目、市の状況での法人が伸びている理由は、3点目、普通交付が減額になっているが、何が要因なのかの質問があり、1点目の地方消費の増は、島根県の税務課の数値を参考にして、新たな基準のもと、地方への配分がふえたものや、税率アップへの駆け込み需要を想定したでありました。 もっと読む
2018-03-13 奥出雲町議会 平成30年第1回定例会(第2日 3月13日) そして、奥出雲町財政にとって最も重要な財源は地方ですが、実際には限られた地方税額しか得ることができていないので、国からの移転財源、地方交付、国庫支出金に頼らざるを得ない構造を持っています。また、奥出雲町の予算編成では、地方と地方交付を合わせた一般財源の負担額のみを現実の財政支出額とみなしています。 もっと読む
2018-03-08 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第6日 3月 8日) 特に、ことし中小企業の設備投資に係る新たな固定資産の特例の件あるいは企業の設備投資や雇用促進に向けた助成制度を県内でトップのクラスとなるように、平成30年度からは大幅に強化をするということで考えております。また、人材獲得を支援するためのU・Iターン者を正職員に雇用する企業の入社支度金に対する助成制度を新たに設けるところでございます。 もっと読む
2018-03-07 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第5日 3月 7日) 市債、市の借入金は過疎債を予定しており、将来の元利償還に対して7割が交付措置されることとなりますので、元利償還金のうち残りの3割が市の実質負担となります。借入利率を0.5%で計算しますと、元利償還金の3割部分は5億5,300万円となります。  御質問の市の実質負担につきましては、一般財源と大規模事業等基金繰入金、元利償還のうち交付措置のない3割部分を合わせまして6億2,360万円となります。 もっと読む
2017-12-12 雲南市議会 平成29年12月定例会(第3日12月12日) これまでは農業用ハウス等の内部地面を全面コンクリート張りにした場合は非農地として取り扱われ、固定資産などの負担が重くなっていました。コンクリート張りにして段差をなくすことで作業効率を上げたいとの農家の要望に応え、コンクリート張りにしても農地として扱い、負担を軽くすることが狙いのようです。これにより、農業用ハウス等の利用価値は大きく変わると思われます。 もっと読む
2017-12-08 大田市議会 平成29年第 5回定例会(第3日12月 8日) また、国においては森林環境が検討されています。大田市議会も本年6月議会において、国へその導入への意見書を提出したところであります。また、先日の新聞報道にもありましたように、国は早期に荒廃する森林対策を進める必要があるため、19年度から森林整備費としての地方譲与として数百億円が配分されるとのことです。森林環境が制定され、交付された場合、どのような活用が考えられるのでしょうか。   もっと読む
2017-12-08 大田市議会 平成29年第 5回定例会(第3日12月 8日) また、国においては森林環境が検討されています。大田市議会も本年6月議会において、国へその導入への意見書を提出したところであります。また、先日の新聞報道にもありましたように、国は早期に荒廃する森林対策を進める必要があるため、19年度から森林整備費としての地方譲与として数百億円が配分されるとのことです。森林環境が制定され、交付された場合、どのような活用が考えられるのでしょうか。   もっと読む
2017-12-07 大田市議会 平成29年第 5回定例会(第2日12月 7日) なお、何人か知り合いの方がおられましたので、いろんなお話をする中で、皆さん方の意見をちょっと御紹介をさせていただきますが、1時間ぐらいかけて出雲に来ているが、時間も燃料代もかかる、見舞いも半日では終わらない、高齢者にとっては車での行き帰りは大変だと、早く大田も出雲のような総合病院をつくってほしいという要望も逆にお聞きしたところでございます。   もっと読む
2017-12-07 大田市議会 平成29年第 5回定例会(第2日12月 7日) なお、何人か知り合いの方がおられましたので、いろんなお話をする中で、皆さん方の意見をちょっと御紹介をさせていただきますが、1時間ぐらいかけて出雲に来ているが、時間も燃料代もかかる、見舞いも半日では終わらない、高齢者にとっては車での行き帰りは大変だと、早く大田も出雲のような総合病院をつくってほしいという要望も逆にお聞きしたところでございます。   もっと読む
2017-12-07 奥出雲町議会 平成29年第4回定例会(第2日12月 7日) 租税の最低生活費非課税原則に鑑みれば、住民非課税は最低生活を行うには厳しい世帯、つまり最低生活を割っている世帯と理解され、この層の負担増はますます高齢者の貧困を深化させるものではないでしょうか。 もっと読む
2017-12-01 安来市議会 平成29年第 93回12月定例会 まず、議第81号(第4号)補正、第2条の債務負担行為補正について、富田山荘指定管理料の中で、温泉湯量の問題の結論や公共施設等総合管理計画とは別に早急に方針を出す必要であったことの確認、あわせて全ての債務負担行為補正額は消費増税予定分のみなのかの確認があり、執行部からは、公共施設等総合管理計画の中でAランクの区分としており、3年以内には可能な限り早急に方針を決定し、その結果次第では債務負担行為や指定管理契約期間 もっと読む
2017-09-07 雲南市議会 平成29年 9月定例会(第5日 9月 7日) 実は私が今回この質問をさせていただくには、この原動機付自転車、いわゆる市に係るところ、ここが本命といいますか、私の思いの部分であります。 もっと読む
2017-09-05 出雲市議会 平成29年度第3回定例会(第3号 9月 5日) 一方、生ごみの率が高い場合におけるエネルギーセンターへの影響でございますけれども、水分が多いと生ごみを乾燥させるため、灯油等の助燃剤を使用して、乾燥機やガス化炉、溶融炉の温度を高温に維持する必要があり、より多くの燃料費がかかり、処理経費の増加につながることになります。安定したごみ処理を行うためには、生ごみの減量化だけでなく、ごみ排出量を減らすことが必要であります。 もっと読む
2017-09-01 安来市議会 平成29年第 91回 9月定例会 第1段階は、汚染状況の調査、除染であり、中でも使用済み燃料の搬出、汚染状況の調査、検討、各系統除染等々、具体的な作業計画作成に重要な項目が多く、島根原発も今後同様の工程での作業計画の作成が必要であり、既に中国電力も参考にすべく連携が図られているとのことでありました。 もっと読む