446件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松江市議会 2021-03-18 03月18日-05号

林道の開通により利便性が改善されたこともあり、今後3年間で事業完了の見込みを立てたところである。 財源は有利な補助金等を活用するとともに、財政健全化の状況なども見ながら総合的に調整を図っている。市道才尾線については、今回の計画期間内で完了するよう、しっかり予算措置をしていきたいとの答弁があり、討論で意見はなく、採決の結果、議第31号は全会一致で原案可決すべきものと決しました。 

雲南市議会 2021-03-08 令和 3年 3月定例会(第6日 3月 8日)

建設部長(西川 徹君) 建設部で行ってる除雪作業につきましては、市道、農道、林道などの公共性のある場所について行っております。それ以外のところにつきましては、実態としてどの程度あるのかというのは今現在把握をしておりませんので、先ほど申しました自主組織との協議の中でそういった議論も出てこようかというふうに思っております。

益田市議会 2021-02-25 02月25日-01号

144ページ、項2林業費では、対前年度3,756万8,000円増額の1億8,482万3,000円を計上しており、目2林業振興費において、森林環境譲与税を活用した森林環境整備事業費を計上するほか、146ページ、目3森林土木事業費において、林道施設個別施設計画に基づく林道維持管理更新等に係る経費として林道施設長寿命化事業費を計上しております。 

雲南市議会 2020-09-04 令和 2年 9月定例会(第1日 9月 4日)

雲南市では、7月13日から14日にかけて大雨となり、幸いにも人命に関わる被害はありませんでしたが、県道2路線及び市道18路線農地26か所、農業用施設16か所、林道1か所、林地崩壊24か所などの被害が発生いたしました。引き続き迅速な災害復旧に努めてまいります。  次に、新型コロナウイルス感染症対策についてであります。  

大田市議会 2020-07-22 令和 2年第 6回臨時会(第1日 7月22日)

大田市森林組合作業用林道専用道として整備をされています温泉津町井田の元井田線が6月の豪雨によりましてのり面崩壊など10か所、延長にして249メートルにわたり被災をいたしました。森林組合におきまして早期の回復を図るための復旧事業に取り組まれるに当たりまして、該当する補助金交付要綱に基づき、島根県助成分4分の2を含めました総事業費の4分の3相当額を助成するものでございます。  

江津市議会 2020-06-26 06月26日-03号

続いて、9ページになりますが、目の2現年発生林業施設災害復旧費補正額520万円は、側溝清掃等林道修繕料です。 次に、目の4現年発生農地災害復旧費補正額1,180万1,000円は、農地3カ所の災害復旧事業費です。 その下、目の1現年発生公共土木施設災害復旧費補正額8,267万4,000円は、道路、河川及び菰沢公園災害復旧費です。 

江津市議会 2020-03-19 03月19日-04号

次に、議案第24号辺地に係る総合整備計画変更については、波積辺地谷住郷辺地について、林道高丸山線整備令和元年度までの計画に未記載のため追記し、松平辺地について事業費変更を行うものです。 採決の結果、議案第23号、議案第24号、いずれも異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。 以上、報告を終わります。 ○議長森脇悦朗) 一括質疑に入ります。              

浜田市議会 2020-03-04 03月04日-07号

ただ、この森林環境譲与税使途については、浜田市の場合、森づくり協議会のほうでその使途を検討して、どういった予算に使うかということを検討することになっておりますけども、この推進協議会の中でも、将来的に市が預かる、あるいは意欲のある民間事業体森林を採択する際に、事前に林道等の整備を行わなければならないこと等が考えられますので、将来的には逆に基金が足りなくなるんじゃないかということを危惧しておられますんで

大田市議会 2020-03-02 令和 2年第 1回定例会(第1日 3月 2日)

事故の概要につきましては、相手方三瓶町池田地内の林道小谷合線を自動車で走行中、路面の陥没に乗り入れ、右側前輪が破損したものでございます。事故処理方法につきましては、示談によるものでございまして、過失割合につきましては、当方が5、相手方が5でございます。  改めまして、適正な管理に努めてまいります。以上でございます。 ○議長石橋秀利) 楫野環境生活部長。             

益田市議会 2020-02-26 02月26日-01号

144ページ、項2林業費では、対前年度1,896万5,000円増額の1億4,725万5,000円を計上しており、目2林業振興費において、森林環境譲与税を活用した森林環境整備事業費を計上するとともに、146ページ、目3森林土木事業費において、林道施設長寿命化計画策定などに係る経費として林道施設長寿命化計画策定事業費や、森林資源の活用や利用者安全確保に向けた林道改良事業費を新たに計上しております。 

雲南市議会 2019-12-10 令和元年12月定例会(第3日12月10日)

林業経営可能な森林とは、林道等に近く経済性が見込めるとともに森林の集積による森林施業効率化が可能な森林で、主伐、間伐等による立木の伐採によりまして一定の収益があり、その収益によって再造林や保育に要する経費が見込める森林とされております。  現在の森林現況を踏まえた上で、林業経営可能な森林林業経営に適さない森林の仕分けを行いまして、それぞれの面積を把握する必要があると考えております。