運営者 Bitlet 姉妹サービス
1087件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第5号12月10日) 一般質問の初日にも市長のほうからも、一時的滞在者ではなく、貴重人材、産業の担い手となっていただきたいとの答弁がございました。人材難、求人難で苦しむ業種に外国籍の方々が働き手として浸透していく可能性があるのか、あるいはそのよう政策をとるのか、その点をお聞かせ願いたいと思います。 もっと読む
2018-12-07 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第4号12月 7日) 県費負担教職員制度と呼ばれるこの制度は、市町村の財政力に左右されず必要教職員数を確保ができ、都道府県全体で人事異動を行えるため、教員の質を地域ごとに均一化できるなどのメリットがあり、このことによって地域間格差とか学校間格差の少ない教育を可能としたという意味において、日本の義務教育の根幹を支えてきたということも言えると思います。 もっと読む
2018-12-06 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第3号12月 6日) 続く大鳥居北から吉兆館前交差点までの神門通り線(2工区)ございますが、これは現在県において整備が進められておるところございます。  また、道の駅大社ご縁広場の新た活用につきましても、現在ご縁広場吉兆館が魅力あふれる地域情報や出雲の特色を生かしたサービスの提供が可能道の駅となるよう整備を進めておるところございます。   もっと読む
2018-12-05 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第2号12月 5日) これは学校関係者や市の教育委員会を構成員としての委員会ございます。この委員会を通して持続可能指導方法と体制について、これから検討をしていきたいと考えております。  続いて、教育委員会資料の「平成30年度(2018)~40年度(2028)児童数及び標準学級数調べ」についてのご質問ございます。   もっと読む
2018-10-09 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第2日10月 9日) SDGsは、誰一人取り残さない持続可能世界の実現を目指す国連サミットで採択された17項目から成る国際目標ございます。貧困や格差、気候変動などの課題解決に向け、国連加盟国が2016年1月から2030年末までの達成を目指す持続可能開発目標あり、一つ一つが互いに関連していて、経済、社会、環境などの課題解決につながっているものあります。   もっと読む
2018-09-21 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第1日 9月21日) 若者や女性も含めて、町民の一体感の醸成を図り、いただいた御意見を十分に施策に反映させ、将来にわたり持続可能まちづくりを行ってまいります。  次に、小さな拠点づくりについてあります。  住民が住みなれた地域で安心して生活できるよう、住民みずからの活動として取り組む小さな拠点づくりについては、今年度、三成、亀嵩、八川、鳥上の4地区からの申し出により、積極的取り組みを行っていただいております。 もっと読む
2018-09-05 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第4号 9月 5日) それから土地の拡張ですね、可能性があるということ、現時点では、拡張するという想定はしておりませんが、これから基本計画を策定していく中で、仮に面積を拡張する必要があると生じた場合に、先ほど東側というお話だったですが、北側のほうも含めてですね、拡張の可能性を想定しているというものございます。 ○議 長(福代秀洋君) 川光議員。 もっと読む
2018-09-03 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第2号 9月 3日) 議席番号19番、真誠クラブ、伊藤繁満ございます。本日は農業問題について質問してまいりたいと考えております。事前に通告しておりますとおり、次世代農業の展開と持続可能農村社会について伺っていきたいと思っております。  今日も朝、ニュースでも言っておりましたけれども、中四国管内の米の作柄状況はこの出雲地方がやや良、石見のほうが平年作と、こういうことあったようございます。 もっと読む
2018-09-01 安来市議会 平成30年第 96回 9月定例会 賃金は働く労働者の職務に対する意欲、また労働力の再生産を生むものとして正当に支払われるべきものと考えます。また、同じ市職員ありながら、なぜ病院職員だけが給与カットをされなければならなかったのかという声も聞いております。働く意欲という面からもマイナスあったと思っております。賃金カットによってなされた決算認定には反対ございます。 2点目は、医師の確保という点あります。 もっと読む
2018-06-22 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第5日 6月22日) 次に、琴ヶ浜ではどれくらいの集客を期待し、これからどのように持続性を持った事業にするのかの問いに、年約200名の皆さんに来ていただき、カナディアンカヌーや伝馬船による海上遊覧、またスタンドアップパドルサーフィンなどを行うことにより、地域の皆さんに世話役としてかかわっていただき、継続性を持ちたいとのことございました。  続いて、総務部所管の財政課における島根県西部地震対策費3,600万円です。 もっと読む
2018-06-14 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第4日 6月14日) これは国の政策ではなし得ないもの、人口減少社会でも何とか地域を持続させていく先駆的自治の取り組みあり、この仕組みが続いていくためには、次の代を担う人たちの間になぜこの仕組みが必要あるのかが理解され、そしてお互いに助け合って自分たちの住むところをよくしていこうという、そういう精神が共有され、根づき、そして土壌ができていることが何よりも大切です。 もっと読む
2018-06-14 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第3号 6月14日) 本市では、再生可能エネルギーの導入促進につきまして、持続可能低炭素社会の実現と地域経済の活性化を目指し、その普及啓発や導入促進に力を入れているところあります。平成29年(2017)3月末時点では、本市における再生可能エネルギー発電設備の出力は、一般家庭消費電力にして約6万2,670世帯分の発電量となっており、県内で最も進んでいる先進地あります。 もっと読む
2018-06-13 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第2日 6月13日) 私は、さきに通告しておりますとおり、持続可能まちづくりという観点から、地域内交通と地域医療の2点に絞り、一問一答方式で質問いたしますので、市長、病院事業管理者、関係部課長の皆様の御答弁をよろしくお願いいたします。  急速少子高齢化、人口減少が進むこの大田市にあって、持続可能まちづくり、小さな拠点づくりを進める上で重要要素が地域内交通と地域医療ではないかと考えます。 もっと読む
2018-06-13 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第3日 6月13日) 今回の場合ございますと、市が公益に反する危険状況を把握していたにもかかわらず、今、空き家対策法があって権限も設定がされてる中でそれをしなかったということ、いわゆるそういったことからすると、そのよう可能性はないことはないのはないかというふうに思いますけれども、しかしながら、勝手に除却をしたということ、所有者さんの損害賠償責任を問われる可能性もございますし、そもそもやっぱり税金を使って個人の資産 もっと読む
2018-06-13 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第2号 6月13日) 市では建設が可能と思われる場所を選定するにあたりまして、まず必要面積が確保できるかどうか、交通のアクセス、他のスポーツ関連施設との連携、地元からの要望、こういったものを考慮して検討してまいりました。そして、既に議会のほうもお示ししております5か所を候補地として選定したものございます。   もっと読む
2018-06-12 奥出雲町議会 平成30年第2回定例会(第2日 6月12日) 本町では、地域の実情に応じて、高齢者が可能限り住みなれた地域で自立した日常生活を営むことができるよう、医療、介護、介護予防、住まい及び自立した日常生活の支援が包括的に確保される体制として、地域包括ケアシステムの構築を目指しております。 もっと読む
2018-06-12 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第2日 6月12日) 1点目は、介護予防や要介護状態の重度化防止を図るとともに、仮に要介護状態となっても必要サービスが受けられるよう、介護保険だけなく医療や各種福祉制度と連携し、高齢者の皆様が地域で自立した生活を続けられるよう地域包括システムの進化、推進を図ることとしております。  2点目としましては、介護保険制度の持続可能性を確保するということあります。   もっと読む
2018-06-08 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第1日 6月 8日) 地震災害を教訓として、可能限り、防災、災害体制を整えてまいりますので、引き続き議員各位の御理解と御協力を賜りますようお願い申し上げます。  続きまして、今回提出いたしております議案につきまして、概要を申し上げます。  今回提出します議案は、専決処分の承認のほか、補正予算、条例制定、一般案件あります。  まず、専決処分の承認について、概要を説明いたします。 もっと読む
2018-03-23 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第7日 3月23日) につなげる手順がとられ、市民からもそうねと思っていただけるようことが求められております。 もっと読む
2018-03-22 奥出雲町議会 平成30年第1回定例会(第4日 3月22日) 剰余金が生じるよう決算が可能のかということにつきましては、金額ベースでは考えていない。稼働率では代かき期とかんがい期は50%稼働、非かんがい期80%ぐらいを見込んでいるということございました。  審査結果。全会一致により原案可決ございます。  議案第12号、奥出雲町立都市公園条例の一部を改正する条例制定について。これは、都市公園法の一部改正に伴い、所要の改正を行うものございます。   もっと読む