57件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

出雲市議会 2019-06-18 令和元年度第2回定例会(第3号 6月18日)

その推進体制は自治体によってさまざまな手法がとられているようでありますが、出雲市の場合は、環境経済常任委員会でも視察を行った愛媛松山市とほぼ同じ推進体制となっております。  先月、出雲市に先行して平成26年度(2014)から事業実施をしている雲南市の担当課に話を伺ってきたところであります。

出雲市議会 2018-12-05 平成30年度第3回定例会(第2号12月 5日)

外におきましては、道の駅東京・大阪・広島の島根事務所等におきましても、チラシの配布をお願いしておるところでございます。また、FDAの機内誌でありますとか、「道の駅案内中国版」、「旅の手帖」などにも掲載していただきPRを行っております。  最後に、出雲そば旅の将来展望についてでございます。  

出雲市議会 2018-09-06 平成30年度第2回定例会(第5号 9月 6日)

今年の7月初旬に広島岡山愛媛を豪雨災害が襲いました。もちろん、この3ではなく他の地域でも災害が発生しています。出雲市内は、幸い被害は少なかったと聞いています。多伎町では、裏山が崩れるという被害が1件ありました。幸い人的被害はありませんでした。  島根西部でも甚大な水害はありました。私は8月の初旬にボランティアに行きました。江の川沿線の美郷町も大変な被害がありました。

雲南市議会 2018-09-06 平成30年 9月定例会(第4日 9月 6日)

ちょうど私どもの雲南市につきましては4市1町ということでございますが、先般の災害等の関係もございまして、なかなか広島島根の調整も進んでない今状況でございますので、またこれは引き続き私どもも、そういった実態の広域避難訓練ができるようなことものほうに申し述べていきたいというふうに思っているところでございます。 ○議長(藤原 信宏君) 細田實君。

雲南市議会 2018-09-04 平成30年 9月定例会(第2日 9月 4日)

その地方全体が元気になってこその一番大きなこの要因は地方人材育成、これがしっかりと進められなければならないということだろうと思いますが、松江市におかれてはぜひそうした島根全体のことを考えていただくということが必要だというふうに思っておりますし、ましてやこの市長会のまとめ役でもございます。ぜひ島根全体の考え方に立って島根全体の教育水準を高めていく。

出雲市議会 2018-09-03 平成30年度第2回定例会(第2号 9月 3日)

現在、市、そして農業協同組合、出雲市議会、そして出雲市農業委員会農業共済組合、生産者代表などの関係者で構成をされているところでございます。  本市におきましては、出雲市農業再生協議会と斐川町地域農業再生協議会の二つの協議会がございまして、それぞれの地域の特性に合わせた農業振興に取り組んでいるところでございます。  

大田市議会 2018-06-14 平成30年第 3回定例会(第3日 6月14日)

まず、その一つに、島根西部地震後の非住家についてでございます。  4月9日、深夜に起きた島根西部地震は、震源地大田市においては家屋等に甚大な被害をもたらしましたが、市並びに多くの方々の善意の支援により、徐々に復興に向けての作業が進められております。この場をおかりして、復旧復興に御尽力いただいた市内外のボランティアの皆様に心より御礼申し上げます。  

出雲市議会 2018-03-20 平成30年度第4回定例会(第6号 3月20日)

趣旨採択とした理由につきましては、先ほど委員長から報告があったとおり、エネルギー政策国策として進められている中で、願意は理解できるものの、、そして他の周辺自治体と統一歩調をとるべきだとされております。  本請願及び陳情は、3月議会において、出雲市議会のほか松江市、雲南市、安来市、境港市、米子市鳥取議会でも審査をされています。

出雲市議会 2018-02-20 平成30年度第4回定例会(第2号 2月20日)

新たな米政策の見直しなど農業の転換期において、国・補助事業効果的に活用する一方で、国事業では対応し切れない生産機械や設備に対するきめ細やかな支援を行い、より多くの農業者の生産基盤を充実させることができたものと考えております。  また、定年就農者や女性就農者など、小規模ながらも営農意欲のある多様な農業者への支援も行ってまいったところであります。  

大田市議会 2017-09-06 平成29年第 3回定例会(第2日 9月 6日)

1点目は、自然、歴史、人が光り輝く誰もが住みよい央の中核都市の実現に向けてでございます。  大田市総合計画後期計画が、計画期間平成24年から28年度で策定され、引き続きこの計画を2カ年延長した平成29年から30年度改訂版がつくられました。この計画の将来像としているのが、自然、歴史、人が光り輝く誰もが住みよい央の中核都市となっています。  

出雲市議会 2017-09-05 平成29年度第3回定例会(第3号 9月 5日)

北陸高速道路、ちょっと話、変わりますけど、北陸高速道路を福井から石川のほうに走っていきますと、左手、日本海側に大きな塔がたっております。そこに近づくと、こう書いてあります。「美川一」と書いてあります。美しい川、けんは石川ですけど、漢数字の一、美川一と書いてあります。

雲南市議会 2017-09-04 平成29年 9月定例会(第2日 9月 4日)

このJ-ALERTにつきましては、北朝鮮が、島根愛媛高知上空を通り、グアム島付近にミサイルを発射するという予告をしたために、訓練が8月18日11時に実施をされたところでございます。この対象地域中国四国でございました。また、その後、8月29日には、実際に北朝鮮ミサイルを発射したために、午前5時58分に発射をしたため午前6時2分に発信をされました。

雲南市議会 2017-06-12 平成29年 6月定例会(第2日 6月12日)

のほうと比較をいたしますと、議員おっしゃるように若干低いという状況でございます。これについては、今後受診率を引き上げるために、いろいろと検討していきたいというふうに考えております。 ○議長(藤原 信宏君) 堀江治之君。 ○議員(18番 堀江 治之君) 若干伸びたとはいえ35%台と、こういうことでございます。たしかの場合は40%超えておるかというふうに思います。

出雲市議会 2017-02-23 平成29年度第5回定例会(第2号 2月23日)

においては、専属の担当スタッフを配置していただいております。さらに国においては、国直轄事業ということでございまして、ことしの8月からこの事業を担当する国営事業所が平田地域内に開所される予定であります。今後とも国・と連携を図りながら、関係機関が一体となった組織対応により事業推進を図ってまいりたいと考えております。  

益田市議会 2016-12-16 平成28年第523回12月定例会-12月16日−05号

総務文教委員長(中島守君) この米軍機騒音対策議会と連携して要望を実施、毎年しているということで、表現が少しというのは思いますが、改善されることが予測されるという意味合いでございます。要望している、協議会とで一緒になって要望しているという状況にあるので、改善されることが予測されるという意味合いであります。 ○議長(佐々木惠二君) 11番 安達美津子議員

雲南市議会 2016-09-30 平成28年 9月定例会(第6日 9月30日)

の掛合川上地区農道整備事業実施、これは平成29年から6年間を予定されています、に伴い、吉田町の市道上大呂線を廃止するものです。完成までの間は、市道を農道にして管理をするとの説明でした。住家への影響はないのかとの問いに、途中2軒あるが、現行どおりで支障は来さないとの答弁でした。  議案第92号、市道の路線認定について。まず、川上2号線についても掛合川上地区農道整備事業実施に伴うものです。

益田市議会 2016-09-05 平成28年第522回 9月定例会-09月05日−02号

備蓄基地としましては、松江の島広域防災拠点と浜田市の浜田防災備蓄倉庫の2カ所に設置されているところでありますが、今後とも萩・石見空港有効活用について、関係機関と協議を進めていきたいと考えております。 ○議長(佐々木惠二君) 22番 久保正典議員。 ◆22番(久保正典君) 次に、山陰自動車道に関連して、道の駅構想についてお伺いいたします。  

出雲市議会 2016-02-23 平成28年度第4回定例会(第2号 2月23日)

まず最初に、島根農業再生協議会が作成いたします新制度の公表時期についてお答えをいたします。  本年1月下旬から2月上旬にかけまして、島根農業再生協議会と県内の各地域農業再生協議会との意見交換会が開催されたところでございます。その中で平成30年産米からの取組方針の案が示されたところでございます。