運営者 Bitlet 姉妹サービス
9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2009-03-05 出雲市議会 平成21年度第5回定例会(第5号 3月 5日) それで、たまたまですね、この間、堺屋太一さんの「凄い時代」という本、これ内容はですね2011年が二番底だと、ここで元気を出すか出さないかがですね勝負の分かれ道ですよということなんですけど、そこにねこういうことが書いてあります。ざっと読みますとね、高齢労働力とは、終身雇用や年功賃金から外れた自由な労働力であり、子育て負担や住宅ローンからも解放された気楽な働き手である。その上、多くは年金受給者である。 もっと読む
2008-06-12 益田市議会 平成20年第457回 6月定例会-06月12日−04号 それから、やはり今から団塊の世代、黄金の10年が始まる、既に始まっておりますが、これは堺屋太一さんが書いておられる本なんですが、観光というのは名所旧跡ばかりじゃなくって、今からスローライフで自然のいやしであるとか、それから田植え、野菜づくり、農村体験、山菜とり、それから環境活動としての植林、星の観光、野鳥の観察、海や川での釣り、これも非常に観光の目玉になると。 もっと読む
2008-06-12 益田市議会 平成20年第457回 6月定例会-06月12日−04号 それから、やはり今から団塊の世代、黄金の10年が始まる、既に始まっておりますが、これは堺屋太一さんが書いておられる本なんですが、観光というのは名所旧跡ばかりじゃなくって、今からスローライフで自然のいやしであるとか、それから田植え、野菜づくり、農村体験、山菜とり、それから環境活動としての植林、星の観光、野鳥の観察、海や川での釣り、これも非常に観光の目玉になると。 もっと読む
2007-06-12 益田市議会 平成19年第448回 6月定例会-06月12日−02号 この団塊の世代ということ、作家の堺屋太一さんが書かれた小説に由来するとなっておりますが、いろいろこういうような団塊の世代が今、定年退職を迎え、企業は本当に困っていらっしゃる。技術の引き継ぎや年金受給の急増などが心配されているところでございますが、また、退職金などの関係から金融機関、旅行会社などの企業もビジネスチャンスと動いているところでございます。  私は、自治体も同じことだと思うんです。 もっと読む
2007-06-12 益田市議会 平成19年第448回 6月定例会-06月12日−02号 この団塊の世代ということ、作家の堺屋太一さんが書かれた小説に由来するとなっておりますが、いろいろこういうような団塊の世代が今、定年退職を迎え、企業は本当に困っていらっしゃる。技術の引き継ぎや年金受給の急増などが心配されているところでございますが、また、退職金などの関係から金融機関、旅行会社などの企業もビジネスチャンスと動いているところでございます。  私は、自治体も同じことだと思うんです。 もっと読む
2005-06-22 松江市議会 平成17年第2回 6月定例会-06月22日−03号 団塊の世代とは、昭和22年から昭和24年にかけて生まれた人たちのことを、作家であり元経済企画庁長官の堺屋太一氏が命名したものでして、この世代の出生数は約805万6,000人です。この人数は団塊世代に入る前年の昭和21年の単年の出生数と比べて約600万人多いのです。また近年では、平成13年から平成15年の3年間の出生数の2.3倍になります。 もっと読む
1989-12-07 松江市議会 旧松江市議会 平成十三年第五回十二月定例会-12月07日−03号 さきの国際文化観光都市制定五十周年記念で堺屋太一氏も話されておりましたが、今日の我が国の教育は、戦後復興を目指して規格大量生産型の画一的な教育を重視してきたが、これからの教育は科学、文化、スポーツなど個性あふれた能力の向上を目指し、人情細やかな人間形成を目指したボランティア活動の導入や道徳教育にも力を入れるべきとのお話がありました。  私まさにそのとおりだと思います。 もっと読む
1989-12-06 松江市議会 旧松江市議会 平成十三年第五回十二月定例会-12月06日−02号 また、十月ごろでございましたか、テルサで堺屋太一氏の講演がございました。そのお話の中で、日本の教育は、平均点の子供を養成することに意を注いできた。右肩上がりの大量生産、大量消費の時代にはそれでよかったけれど、バブル崩壊後その欠点が出てきた。 もっと読む
1989-03-06 松江市議会 旧松江市議会 平成十三年第一回 三月定例会-03月06日−02号 この点に関して、堺屋太一前経済企画庁長官は、日本経済の現状は、構造改革の痛みに伴うものとして織り込み済みの状況を経過しており、財政再建に傾き、焦ってはならぬと論議を提起しております。 もっと読む
  • 1