運営者 Bitlet 姉妹サービス
797件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第6号12月20日) これは、赤川調整池築造に起因して発生した地盤沈下被害に関し、隣接家屋所有者と和解し、損害賠償の額を定めることについて、議会の議決を求めるものです。  審査の結果、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  最後に、陳情第9号、市道今市川跡日下線の整備に関する陳情でございます。   もっと読む
2018-12-06 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第3号12月 6日) 地域防災計画で定める雪害に対する災害対策本部の立ち上げにつきましては、積雪深が除雪計画の豪雪体制レベルに達した場合であって、災害の危険が極めて増大した場合、または災害が発生した場合で、必要と認めるときに体制を確立することとしております。 もっと読む
2018-12-05 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第2号12月 5日) 6月には大阪北部地震、7月には大水害により広島・岡山・愛媛県などを中心に甚大な被害を、さらに大阪湾での記録的な高潮、関空での浸水、孤立状態をもたらした台風21号、9月には北海道東部地震でのブラックアウトにより295万戸が停電となりました。  また、出雲市に目を向けても、2月の大雪、そして4月に震度5弱の島根県西部地震や台風被害など、各所に被害をもたらしています。   もっと読む
2018-10-10 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第3日10月10日) 本年の冬は積雪が多く、マイナス10度を記録する異常低温も重なり、積雪によるハウス倒壊などの農業施設に本町でも大きな被害が発生をいたしております。本町のハウスの雪害対策を考える上で参考になる情報と思っております。   もっと読む
2018-10-09 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第2日10月 9日) 災害は、いつ、どこで発生しても不思議はありません。町民の安心を確保する上で、県に対してさらなる制度の拡充と恒久化を求めると同時に、奥出雲町においても独自の支援制度を設けるべきです。  被災者生活再建は、住まいとなりわいの再建が復旧・復興の中心に据わるべきです。また、全国的に災害時の避難所に指定されている公共施設の不十分さが指摘されています。 もっと読む
2018-09-27 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第6号 9月27日) 審査の結果、感染症の発生及び蔓延を予防するには、予防接種の機会を安定的に確保し、国民全体の免疫水準を高めることが重要であり、高額であるため助成を求める気持ちは分かるが親権者としての責任、法で定められた予防接種のスケジュールもあり、国の責任において予防接種の制度化をすべきであることなどから、趣旨採択すべきものと決定いたしました。   もっと読む
2018-09-21 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第1日 9月21日) 初めに、7月5日から西日本を中心に断続的な豪雨により、多くの犠牲者が出るなど甚大な被害が発生しました。本町でも、6日夕刻から厳しい降雨となり、一部地区に避難勧告を発令し、避難を呼びかけたところです。 もっと読む
2018-09-06 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第5号 9月 6日) 今朝3時過ぎに北海道で最大震度6強の大変大きな地震発生をしております。テレビの画面を通して、大変な被害が出ているというふうに思っておりますが、今も救助を待っておられる方もあろうかというふうに思っております。被災をされました皆さんには、何とか頑張っていただきたいと思いますし、一刻も早い救命・救出をお祈りするものでございます。   もっと読む
2018-09-04 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第3号 9月 4日) 出雲市空家等対策計画では、発生の抑制、適正管理の推進、活用、除却、そして跡地の利活用、五つの段階に分類され取り組んでおられますが、この発生の抑制の段階について、さまざまな媒体を利用した市民意識の醸成と啓発、それと、市の助成事業推進による住宅の長寿命化によって空き家の発生を抑制するとのことですが、以上の内容でどれほどの効果があるのか疑問を持たざるを得ません。   もっと読む
2018-09-01 安来市議会 平成30年第 96回 9月定例会 委員より児童遊園について安来市公園条例適用になったことで使用料が発生することになるのかと質問があり、使用料は占用する場合は公園条例に規定された占用料が発生するが、通常使用では料金はかからないと答弁がありました。中海ふれあい公園の使用料の単価の妥当性を問う質問に対しては、安来市内の類似施設である安来運動公園、安来西部球場、安来球場から参酌して使用料単価を決めているとの答弁でした。 もっと読む
2018-06-28 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第5号 6月28日) まず、第1表は歳入歳出補正予算のうち、歳出の主なものとして、農林水産業費は、本年1月・2月の雪害や4月の地震により被災した農業生産施設等の復旧に対する補助金2,500万円及び畜産競争力強化を目的とする牛舎整備に対する補助金350万円などが計上されております。   もっと読む
2018-06-25 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第5日 6月25日) 掛合町地区農集施設管理事業315万7,000円は、4月9日発生地震による油流出事故に伴う経費です。  施設管理委託料204万2,000円の内容は何かとの問いに、重油を含んだ汚泥の産業廃棄物処理料であるとの答弁でした。  次に、議案第55号、平成30年度雲南市水道事業会計補正予算(第1号)について。   もっと読む
2018-06-22 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第5日 6月22日) 続いて、総務部所管の財政課における島根県西部地震対策費3,600万円です。県より事業費に対し2分の1の補助金の充当がなされるための財源組み替えでございます。   もっと読む
2018-06-15 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第4号 6月15日) さて、近年、最大の被害をもたらした東日本大震災や引き続く様々な災害を経験し、さらに近い将来の大規模な地震発生が懸念され、地域防災力の重要性が増大しています。   もっと読む
2018-06-14 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第3日 6月14日) [健康福祉部長 大谷 積 登壇] ○健康福祉部長(大谷 積) 御質問の1点目、地震被害に対する支援についてお答えをいたします。  市では、今回の地震によりまして、自宅に被害を受けた世帯の生活再建のため、被害の程度に応じて支援金を支給をしております。 もっと読む
2018-06-14 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第3号 6月14日) 昨今、ご案内のとおりでございますけれども、全国的には痛ましい事件が発生しております。報道されております事件は氷山の一角でございまして、恐らく潜在的には多くの事件が発生していると言われております。安全・安心のまちづくりを目指す上では、防犯対策の重要性が重要な課題となってまいります。  この関係につきまして、特にこの今回の質問に至りましては、学校関係を含めて、地域の皆様方から「本当に大丈夫ですかね。」 もっと読む
2018-06-13 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第2日 6月13日) 4月9日未明に発生した大田市東部地震により、多くの被害が発生をいたしました。ここに被災されました皆様に心からお見舞いを申し上げます。今回の地震は、これまでに発生した東日本大震災、震度7や、28年10月に発生した鳥取県中部地震、震度6弱に比べ、比較的被害は小さかったものの、近年島根県にはなかった大規模な地震となりました。 もっと読む
2018-06-13 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第3日 6月13日) 2011年の3月11日に発生した福島原発・震災による避難者は、7年が経過した今も5万人を超えています。政府は帰還政策を進めていますが、現在の放射線量の中で帰還する人はわずかです。一方で、子供たちを中心に甲状腺がんはふえており、3月5日の毎日新聞によれば、昨年12月までに160人の甲状腺がんが確定したと報じています。 もっと読む
2018-06-13 奥出雲町議会 平成30年第2回定例会(第3日 6月13日) まず、地震災害対策(対応)についてでございます。  4月10日付の山陰中央新報によりますと、4月9日午前1時32分ごろ、島根県西部を震源とする地震発生し、大田市で震度5強、出雲市、雲南市、川本町、美郷町で震度5弱など、広い範囲で強い揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さが約12キロ、地震の規模はマグニチュード6.1と推定される。この地震により8人のけが人、家屋被害220件超とされております。 もっと読む
2018-06-13 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第2号 6月13日) 一方、災害が発生した場合でございますけど、避難行動要支援者名簿は情報提供の同意の有無に関係なしに、これは提供することとしているところでございます。  次に、民生委員一人あたりが担う要支援者の平均人数ということでございます。  本市の民生委員・児童委員及び主任児童委員の定数は428名でございます。 もっと読む