827件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第4日 3月20日)

 ── 森 長 洋 二君  町民課長 ─── 若 月 勝 久君 商工観光課長 ─ 本 山 宏 人君  会計管理者 ── 和久利 民 男君 健康福祉課長 ─ 杠   康 彦君  農業振興課長 ─ 荒 川 佳 史君 地域づくり推進課長 ───────────────── 高 尾 昭 浩君 福祉事務所長 ─ 末 森 利江子君 結婚・子育て応援課長 ──────────────── 永 瀬 克 己君 農林土木課長補佐

奥出雲町議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第3日 3月14日)

 ── 森 長 洋 二君  町民課長 ─── 若 月 勝 久君 商工観光課長 ─ 本 山 宏 人君  会計管理者 ── 和久利 民 男君 健康福祉課長 ─ 杠   康 彦君  農業振興課長 ─ 荒 川 佳 史君 地域づくり推進課長 ───────────────── 高 尾 昭 浩君 福祉事務所長 ─ 末 森 利江子君 結婚・子育て応援課長 ──────────────── 永 瀬 克 己君 農林土木課長

大田市議会 2019-03-07 平成31年第 2回定例会(第2日 3月 7日)

平成12年に制定された公共交通機関や駅などの旅客施設を中心にバリアフリー化を進める、高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律、いわゆる交通バリアフリー法、そして、平成6年に制定された建築物のバリアフリー化を進める、高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律、ハートビル法を統合、拡充させたいわゆるバリアフリー新法が平成18年12月20日に

雲南市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会(第5日 3月 5日)

旧三刀屋町役場では、建築を含め10数名の技術吏員技師が農林と公共土木をほぼ異動するだけで、技術業務を一手に引き受けておりました。競って建築士や測量士、土木施工管理技士等の資格を取得し、技術を高めてもおりました。専門技術や知識の習得には時間と経験が必要であります。できるだけ適材適所の配置を行い、専門性を高めるべきと考えますが、建築、土木等、技術系職員の適正配置と新規採用の考えを伺います。

大田市議会 2019-03-04 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

管財課からは、国土強靱化に関する予算は、防災の拠点となる公共施設については若干の支援が考えられるが、土木、農業関係への災害対応が中心であり、適正化計画への大きな影響はないと考えている。廃止予定の市営住宅については、入居者の転居が完了した後に廃止を予定しており、期限は目標と考えている。

雲南市議会 2019-03-04 平成31年 3月定例会(第4日 3月 4日)

ましてや遠方ですと交通費、宿泊費もかかるということで、ちょっと壁が高いなという思いがしました。そこでまず考えたのが、地元でこういった研修会ができないかということ。そして他自治体では既に行われておりますが、この防災士を取得するための補助、こういったものも他自治体ではやっている。そういうことが雲南市でできないかなということを思っております。

江津市議会 2019-03-01 平成31年 3月(第1回)定例会

~~~~ 説明のため出席した者市長      山 下   修          副市長     藤 田 和 雄顧問      釜 瀬 隆 司          政策企画課長  佐々木 章 夫総務課長    藤 田   裕          財政課長    崎 間 茂 理人事課長    林     徹          健康医療対策課長村 上 郁 夫農林水産課長  土 崎 一 雄          土木建設課長

雲南市議会 2019-02-28 平成31年 3月定例会(第2日 2月28日)

これについて、簡単にこれとこれとこれは今回こうで大きく減ってますとか、皆増しましたというやつを、交通安全対策特別交付金まで、分担金の上までの目で結構ですので、これとこれが今回大きく変わる分ですということを御説明願いたいと思います。  

出雲市議会 2018-12-20 平成30年度第3回定例会(第6号12月20日)

この陳情は、市道今市川跡日下線、国道9号中野交差点から国道431号の間における交通渋滞の解消など、道路の機能性と安全性及び利便性の向上を図るため、現状を踏まえつつ、将来を見据えた道路整備を求めるものであります。  現地視察を行いまして、陳情者から説明を受け、慎重に審査した結果、採択すべきものと決定いたしました。  

大田市議会 2018-12-17 平成30年第 5回定例会(第5日12月17日)

また、現年土木災害の復旧事業では、速やかな対応をしてほしい、こういう意見であります。  議案第58号、第59号、第60号では、公共施設適正化計画の中で方向性を出してほしい、こういう要求であります。  以上、産業建設委員会の報告といたします。 ○議長(石橋秀利) ただいまの産業建設委員長の報告に対し、御質疑はありませんか。………御質疑なしと認めます。

出雲市議会 2018-12-10 平成30年度第3回定例会(第5号12月10日)

仮に、そのような事態が発生した際には、住民の安否につきまして、地区の災害対策本部や民生委員、土木委員などの協力を得て確認することとしております。  次に、防災無線での住民(周知)への対応についてでございますが、避難勧告等の発令や避難所開設などの緊急情報があれば、市から防災行政無線などで情報を提供することとしております。

奥出雲町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日12月10日)

 ── 森 長 洋 二君  町民課長 ─── 若 月 勝 久君 商工観光課長 ─ 本 山 宏 人君  会計管理者 ── 和久利 民 男君 健康福祉課長 ─ 杠   康 彦君  農業振興課長 ─ 荒 川 佳 史君 地域づくり推進課長 ───────────────── 高 尾 昭 浩君 福祉事務所長 ─ 末 森 利江子君 結婚・子育て応援課長 ──────────────── 永 瀬 克 己君 農林土木課長

出雲市議会 2018-12-07 平成30年度第3回定例会(第4号12月 7日)

入浴サービスとかデイサービスの回数を減らすなど、必要なのにここを我慢せざるを得なくなり、絶対に節約できないこの交通費、タクシー券の枚数を増やしてほしいというお話でした。  それから、タクシーの運転手さんにもお聞きしました。タクシー券を使っていろいろとお仕事なさっています。お金のない方は遠いところには行けないと。タクシー券はどの種類においても絶対数が足りないというお話でした。  

出雲市議会 2018-12-05 平成30年度第3回定例会(第2号12月 5日)

県道についても、いわゆる島根県土木部の枠組みの中で徐々には進展しておるという状況でございます。  以上でございます。 ○議 長(福代秀洋君) 保科議員。 ○20番(保科孝充君) 最後でございますけども、財政部長さんのお話の中で、税収が今まで210億円前後が220億円、10億円ぐらい増えたということでございます。

雲南市議会 2018-12-04 平成30年12月定例会(第4日12月 4日)

それまでは、一般行政など、あるいは土木職などで29歳、30歳未満ということにしておりましたけれども、これを5歳引き上げたところでございます。そうしたこともやりました。  また、定年後の職員の再任用制度、これも活用をしてきておりまして、去年の3月から初めて、いわゆる60歳定年の退職が出てきております。

大田市議会 2018-12-03 平成30年第 5回定例会(第1日12月 3日)

なお、佐藤社長の意気込みは、大手の自動車会社に引けをとらない技術、物づくりへのこだわり、若者が地域に残れる環境づくりを目指しておられ、地域交通システムのありようを考えている我々にとっても、非常に参考になったところでございます。  その後、白石市の山田市長を表敬訪問させていただきました。  

雲南市議会 2018-11-30 平成30年12月定例会(第2日11月30日)

一般会計では、農林・公共土木災害復旧事業5,100万円、政策選択基金積立金3,900万円、林地崩壊防止事業3,300万円、ふるさと納税推進事業2,600万円、知事・県議会議員選挙1,700万円、有害鳥獣捕獲奨励事業1,700万円、国民宿舎清嵐荘整備事業マイナス7億4,000万円などの追加、減額等の予算を計上しております。  

安来市議会 2018-11-02 第97回定例会(平成30年・平成31年)開会会議

9月30日に上陸、観測記録を更新する暴風を伴って日本列島を縦断し、多大な人的被害や住家被害などを出すとともに、ライフライン、交通、農林水産業などに大きな影響を与えました。お亡くなりになられました方々に哀悼の意を表しますとともに、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げる次第であります。 本市におきましても早々に自主避難所を開設し、延べ41人の方が避難されました。