1576件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田市議会 2019-03-22 平成31年第 2回定例会(第5日 3月22日)

                                 [民生委員長]      議案第 74号 平成31年度大田市一般会計予算(所管歳出)      議案第 79号 平成31年度大田市生活排水処理事業特別会計予算      議案第 80号 平成31年度大田市簡易給水施設事業特別会計予算      議案第 81号 平成31年度大田市農業集落排水事業特別会計予算      議案第 82号 平成31年度大田市大田市駅周辺土地区画整理事業特別会計

雲南市議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会(第7日 3月20日)

指定管理者の指定について  議案第66号 公の施設の指定管理者の指定について  議案第71号 市道の路線認定について  議案第72号 平成29年災第374号元天神大別成木線道路災害復旧工事請負契約の変更について  議案第73号 清嵐荘整備事業国民宿舎清嵐荘備品購入(厨房機器)契約について  議案第78号 平成30年度雲南市生活排水処理事業特別会計補正予算(第4号)  議案第79号 平成30年度雲南市土地区画整理事業特別会計補正予算

奥出雲町議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第2日 3月13日)

議員御指摘のとおり、地域の皆様には外観上御不安をおかけていることは十分に承知しておりますし、調査結果を踏まえまして土地が痩せたところへ土を入れて敷きならしなどを行うことなどにより整備すべきでございますが、小学校あるいは公民館、コミセン、体育館等の耐震改修などを初め取り組むべき課題が山積している状況でございます。

大田市議会 2019-03-11 平成31年第 2回定例会(第4日 3月11日)

対前年比ですね、課税標準額は、土地、家屋ともに大幅にふえております。当然合計額につきましても1,139億3,300万円、これが去年のデータを見てみますと300億円程度であります。なぜこれだけ標準額が土地、家屋でふえたのか。

大田市議会 2019-03-07 平成31年第 2回定例会(第2日 3月 7日)

現在は大田市内、土地改良事業ということで圃場整備非常に盛んに行っておりますけれども、そういった圃場整備地区におきましては、その整備区域全体を防護柵で囲む事業も補助事業として行えるものもございますので、そういったものも活用しながら対策を行っていきたいというふうに考えております。以上でございます。 ○議長(石橋秀利) 7番、胡摩田弘孝議員。

雲南市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第6日 3月 6日)

家族農業や小規模農業を支えるためにも、自由度のある市の単独土地改良事業補助金を当初予算では200万円見込まれておりますけれども、補助総額の拡充や補助率の拡充ができないか伺います。 ○議長(山﨑 正幸君) 日野農林振興部長。

雲南市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会(第5日 3月 5日)

現在、土地の境界立ち会いに関する作業をおおむね終えておりまして、補償対象の確認作業の最中であるということでございます。ことしの中ごろには、そのころを目途に、関係権利者約70名の皆様方に、補償交渉と契約の作業に本格的に入るという予定としております。現時点では、補償の移転作業の期間等が不明なため、現地での工事着手及び完了時期につきましては未定ということになっておりますので、よろしくお願いいたします。

大田市議会 2019-03-04 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

駅周辺東側地区について、都市計画道路栄町高禅寺線、大正西線の整備により、その沿線の土地を有効活用できるよう、土地区画整理事業を本格的に進めてまいります。  早期の都市計画決定と事業着手に向け、土地区画整理に係る事業計画並びに実施計画を策定してまいります。あわせて、このたび策定します大田市立地適正化計画に基づき、市街地への居住誘導や都市機能の集積を図るための具体策を検討してまいります。  

雲南市議会 2019-03-04 平成31年 3月定例会(第4日 3月 4日)

こうした状況の中で有機栽培等による環境農業とあわせた施策の推進は非常に解決すべき課題が多いものでございますが、昨年策定いたしました農業ビジョンにおいては土地利用型作物としてソバ、園芸の重点品目としてトウガラシの生産振興を目標としたところでございます。

雲南市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会(第3日 3月 1日)

特に広域連携の推進が必要であるとされた地域は、中山間地の農業生産の中で一番の問題となります畦畔の草刈り等につきまして、地域を含めた連携の話し合いの過程で地権者が担い手に全面委託しながらも年に何回か草刈りや水路管理を行う方式に切りかえる協議会の機会とするなど、土地持ち非農家がしております世帯を地域ぐるみ管理方式に取り組む新たなスタートとなる仕組みづくりへの誘導を図ってまいりたいと考えております。  

雲南市議会 2019-02-28 平成31年 3月定例会(第2日 2月28日)

特にこの環境基本条例においては、市民でありますとか事業体、そして市、これらが連携をしていくということに異議はありませんが、市民ということになりますと、雲南市に住む市民だけということですが、私は、市民等、例えば市内に滞在をされる方とか市内に通勤をされる方、また、市内に土地を持っていらっしゃる方、こういった方も一緒になってこの条例の理念を守っていくということが大切だというふうに考えますけども、ここは市民等

雲南市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第1日 2月27日)

建設事業(仮称)雲南市統合学校給食センター厨房備品購入契       約について 議案第75号 平成30年度雲南市一般会計補正予算(第6号) 議案第76号 平成30年度雲南市国民健康保険事業特別会計補正予算(第5号) 議案第77号 平成30年度雲南市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号) 議案第78号 平成30年度雲南市生活排水処理事業特別会計補正予算(第4号) 議案第79号 平成30年度雲南市土地区画整理事業特別会計補正予算

浜田市議会 2019-02-27 02月27日-07号

ただし、この経営計画におきまして、土地の売買、土地の所有等について疑義がございまして、平成16年においては、土地が2億5,416万1,000円になってます。これは仮契約等で浜田市がお魚センターに売ったものでございます。それで、平成19年においてこれが1億7,846万6,000円まで下がっております。これも確認しましたところ金額は合っていました。しかしながら、ここで問題が一つあります。

大田市議会 2019-01-21 平成31年第 1回臨時会(第1日 1月21日)

その内容につきましては、波根地区工業団地の土地売買に係る準備経費1,900万円と、さきの12月定例会にて別途お諮りすることとしておりました幼稚園、小学校、中学校の空調機器設置工事に係る経費が総額で5億100万円となっております。その財源につきましては、国庫補助金、市債、基金繰入金、繰越金により補正するものであります。  

出雲市議会 2018-12-20 平成30年度第3回定例会(第6号12月20日)

本請願は、水田フル活用、農業競争力強化に対応できる大区画圃場のための調査、安定した農業用水確保のための調査、乾田化に対応できる排水対策、宍道湖西岸地域の地盤沈下地帯における公共施設・土地改良施設の調査について早期着手することを求めるものであります。  現地視察を行い、請願者から説明を受け、慎重に審査した結果、採択すべきものと決定いたしました。  

浜田市議会 2018-12-19 12月19日-07号

また、他の委員から、譲渡後の固定資産税について質疑があり、執行部からは、32年度から家屋で約4万円弱、土地で約5,000円との答弁がありました。この議案について2名の委員から質疑があり、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 

大田市議会 2018-12-10 平成30年第 5回定例会(第4日12月10日)

次に、22番、土地改良事業費、これは300万円だけ、国県で210万円、これは掛戸の排水機の関係だと思いますけれども、油タンク、配管等の関係だということですけれども、油タンク、配管、個々にどの程度の修理費が、復旧費がつくのか。その他財源、これは24万円、これは受益者負担金ということで解していいのかどうなのか、確認してみたいと思います。  25番であります。これは、旧雪嶺の家だと思います。

出雲市議会 2018-12-10 平成30年度第3回定例会(第5号12月10日)

先ほど市長さんからもお話がございましたが、私も振り返ってみますと、平成15年(2003)に出雲市議会に当選させていただきましたが、ちょうど土地区画整理事業が終わって、本当に出雲市も見るからに様相が変わってきた状況だったと思っております。

奥出雲町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日12月10日)

このレッドゾーン、これはイエロー区域という区域の中に含まれるわけでございますけども、特に土砂災害が発生した場合に建築物に損壊が生じ、住民の生命または身体に著しい危険が生じるおそれがあると認められる土地の区域というふうに定義をされております。