49件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

出雲市議会 2019-06-19 令和元年度第2回定例会(第4号 6月19日)

シーズンには、フィギュアスケートの国体島根県予選や、アイスホッケーの国体中国ロック予選大会も予定されております。  また、個人利用者の約半数は市外の方の利用でありまして、市内外の多くの方に利用されているところでございます。  一方、当該施設は、平成4年(1992)の竣工から26年が経過しておりまして老朽化が進んでおります。そのため、今後、施設の改修等に多額の費用が必要となると思われます。

雲南市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第6日 3月 6日)

議員(9番 佐藤 隆司君) 一昨日、フォーラム志民の代表質問、松林議員のほうからあったように、2順目の島根国体が10年後の2029年に開催されます。5年後には、既に市の重点競技種目も決定されているとは思います。そうした将来目標に沿った中で、教育施設を含めて公の施設の検討が必要でありますので、そういったことも描いて公の施設の建てかえ、新築を考えていただきたいというふうに思っております。  

雲南市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会(第3日 3月 1日)

そうした中、10年後には2度目の島根国体が開催されることが内定いたしました。1982年の島根くにびき国体において、合併前の旧町村でそれぞれ力を注がれ、その活動は今でも地域に脈々と根づき、健康増進、スポーツに対する技術意欲の向上につながっています。2度目が10年後ということは、競技の誘致でありますとか、会場についての準備あるいは組織構築には早急にプランを示さなければなりません。

雲南市議会 2018-12-03 平成30年12月定例会(第3日12月 3日)

平成28年12月の一般質問で、島根国体2巡目誘致が必要だと質問して期待してから2年が経過しました。いよいよ2029年開催に向けて着実に進められている、東京2020オリンピック・パラリンピックは本日で599日、10年後には2巡目の島根国体が迫る中、市のスポーツ振興策が市民の皆さんに与える活力や健康維持・増進、競技ベルアップに大きくつなげていかなければならないと考えます。

奥出雲町議会 2018-10-09 平成30年第3回定例会(第2日10月 9日)

議員(6番 石原 武志君) 島根国体以来、当時推進した競技を引き続いてまちづくりに生かしている自治体本町ぐらいだというように伺っております。ぜひ今後、推進をいただきたいというようにも思います。  また、ほかにもいろんな問題の山積する本町でございます。難しいかじ取りをいただかなくてはならないと思っております。しっかりとかじを握り締め、運航をリードいただきたいというように思います。

奥出雲町議会 2017-12-06 平成29年第4回定例会(第1日12月 6日)

10月、愛媛県で開催された愛顔(えがお)つなぐえひめ国体ホッケー競技において、少年男子チームが見事優勝、少年女子チームが準優勝、そして成年男子チームが第3位に入賞し、島根県のお家芸とも称されるホッケー競技の好成績により、島根県選手団男女総合成績38位と大きく貢献をいたしました。  

奥出雲町議会 2017-09-13 平成29年第3回定例会(第2日 9月13日)

議員(6番 石原 武志君) なかなか私立学校のようにそのチーム最優先で行っていくというようなことはできにくいというふうなことは重々私も理解するところでございますけれども、島根国体以来続いたこのホッケーの伝統というものをやはり今後とも大いに伸ばしていくためには、何かしらそうした工夫のもとで、ホッケーばっかりが何でそうなのかというふうな、また逆の意見も片方ではあるかもしれません。

奥出雲町議会 2017-09-12 平成29年第3回定例会(第1日 9月12日)

また、先般の国体予選では、成年男子、少年男子、女子の3パートで本大会出場を決め、10月に愛媛県で開催される本大会での上位入賞が期待されます。そして、来年度は本町で全日本中学生ホッケー選手権大会が開催されます。これを契機に本町のホッケー競技がさらに発展するよう、関係の方々には御協力をいただきますよう切にお願いを申し上げます。  

益田市議会 2017-03-27 平成29年第525回 3月定例会-03月27日−08号

全ての対象者を、戦争に反対する、あるいは国体を否定する、こういうことを口実として拡大をされていったわけであります。  共謀罪というのは、そういう性質を持った法律でありますから、ぜひとも再度歴史認識を見直してもらって、ぜひともこの請願第1号、請願第2号に賛同していただきますようによろしくお願いしながら、私の意見にいたします。よろしくお願いいたします。

雲南市議会 2016-12-12 平成28年12月定例会(第2日12月12日)

国民体育大会、いわゆる国体目的は、広く国民の間にスポーツを普及し、スポーツ精神を高揚し、国民健康増進と体力の向上を図り、あわせて地域スポーツの振興と文化の発展に寄与するとともに、国民生活を明るく豊かなものにしようとするものです。その国体島根県で開催されたのが、くにびき国体として1982年、昭和57年に開催されております。以来34年が経過いたしました。

出雲市議会 2016-11-29 平成28年度第3回定例会(第1号11月29日)

スポーツの分野では、出雲農林高校カヌー部が国体で優勝、大社中学の長崎さゆりさんと宮田星乃さんの2人がそろってジュニアオリンピック陸上競技大会で日本一をかち取るなど、輝かしい成績をおさめられました。  このほか将棋界においては、女流棋士の里見香奈さんが上流王座のタイトルを奪取し、史上初の女流6冠に大手をかけたところであります。今後のさらなる活躍に期待をしてまいりたいと思います。  

益田市議会 2016-03-23 平成28年 3月23日 一般会計予算審査委員会-03月23日−01号

スポーツ界全体で言いまして、今体育協会の改革も進めながら、今一番課題として社会教育課並びに体育協会へ掲げていますミッションは、スポーツ人口の拡大をしっかりしていかないと、スポーツ施設等の維持管理に係る経費も今後も継続的にあるということ、それから国体から30年経過し、市民体育館等々の改修も迫ってくる中において、施設のあり方については、まずはたくさんの方が利用する施設というものが大前提になろうということで

出雲市議会 2015-09-04 平成27年度第3回定例会(第3号 9月 4日)

と申しますのも、もともとこの激励金というのは、国体、しまねを代表して国体にまず最初激励金を出していたのを、先ほどの選手権大会とかいろいろ広げております。そこの中で、オリンピック、パラリンピックがあるように、身障者大会についてもきちっと平成24年度(2012)の大会では位置づけるようにしております。  

益田市議会 2015-06-15 平成27年第515回 6月定例会-06月15日−05号

県立のサッカー場が国体のときに建設をされましたが、老朽が非常に激しかったものですから、これを全面改築してもらおう、このことにつきましても、いろんな事業がありましたけれども、文部省でなく別な事業を取り入れて、これでやっていただけないかと何度も交渉しながら、ついに改築をしていただき、グラントワにつきましても、県の事業でありますが、益田市に海の見える美術館をつくるという構想を県が打ち出していただきましたので

浜田市議会 2014-12-05 12月05日-06号

3点目のオリンピック選手等を輩出しているというその貢献でございますけども、毎年のように全国大会に出場をする選手を輩出しておりまして、本年におきましても、国体少年Bの100メートル自由形に県代表として選手を出場させておられます。これにつきましても、Aと考えております。 

益田市議会 2014-06-17 平成26年第509回 6月定例会-06月17日−03号

この施設は、1982年、くにびき国体島根県で開催をされました。そのときに益田市に競馬場があるというこの縁でもって、乗馬競技を誘致いたしました。この馬事公苑は、その関連施設としてつくられたものであります。  しかし、国体が済みまして以降、この施設の老朽化が非常に著しくて、ここを中心に活動をされております乗馬クラブの皆様方も、大変にその施設の維持などに苦労をされているところであります。