33件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2017-12-04 大田市議会 平成29年第 5回定例会(第1日12月 4日) このたびの総選挙におきましては、三浦 靖衆議院議員が中国ブロックの比例で初当選されました。国政の場における三浦衆議院議員の御活躍を祈念いたしますとともに、大田市の地域活性化にも御協力していただくことをお願い申し上げます。  さて、私が市長に就任してから1カ月余りが過ぎました。この間、各方面への挨拶回りやさまざまな行事への出席などを通じ、多くの方々と意見交換ができ、充実した1カ月でありました。   もっと読む
2016-09-09 大田市議会 平成28年第 5回定例会(第3日 9月 9日) これにつきましては、近年、日本でも関心が高まっており、例えば東京都品川では、小中一貫教育において、従来の特別活動、道徳、総合的な学習の時間を市民科という教科として設定したり、神奈川県では、よりよい社会の実現に向けて規範意識を持ち、社会や経済の仕組みを理解するために必要な知識や技能を身につけ、社会人としての望ましい社会を維持、運営していくための力を養う、積極的に社会参加するための能力と態度を育成するという もっと読む
2015-12-03 大田市議会 平成27年第 6回定例会(第2日12月 3日) 島根フェアに出かけ、大田市が品川と同じ、子供の医療費が中学卒業まで無料だということで選んだとおっしゃいました。そして、住みたい田舎ナンバーワンから住んでよかったナンバーワンになってほしいと話してくれました。  今後、多子世帯への支援を強めるとしていますが、御見解をお聞かせください。  また、子育てに対する経済的負担の軽減についてもお聞かせください。  以上、登壇しての質問といたします。 もっと読む
2014-12-08 益田市議会 平成26年第512回12月定例会-12月08日−03号 また、東京都品川や広島県呉市などの先進的な取り組み例も参考にしたいと考えております。  具体的には、次年度、研究指定校を設けて、同じ校区の小・中学校が9年間を通した系統的な指導ができるような教育カリキュラムづくりを核にした研究を進めたいというふうに考えております。 ○議長(寺井良徳君) 10番 河野利文議員。 もっと読む
2014-12-05 益田市議会 平成26年第512回12月定例会-12月05日−02号 ◎教育長(村川修君) 益田市での取り組みでございますが、益田市としましては先進的な取り組みが進められております東京都の品川や、あるいは広島県の呉市などの例を参考にしながら、本市においても調査研究を行いたいというふうに考えております。   もっと読む
2014-06-12 大田市議会 平成26年第 4回定例会(第2日 6月12日) 例えば、東京都杉並では、ことし1月から、ごみ出しマナー向上のために杉並のマスコットキャラクター、なみすけを活用したスマートフォン向けアプリ、なみすけのごみ出し達人を都内23で初めて無料配信しています。 もっと読む
2013-12-11 雲南市議会 平成25年12月定例会(第4日12月11日) その一方で、東京都品川や金沢市などは既に小学校1年生からの英語教育を実施しており、教育課程特例校の指定を受け、早期に英語教育を取り入れる自治体もふえてきています。  このような現状下、雲南市においては、昨年度以降の英語教育実施について検討しているとの議会答弁があっていますが、来年度実施の可能性はあるのか、また、実施されるならば、取り組み内容、体制など、具体的な検討内容について伺います。 もっと読む
2013-09-03 大田市議会 平成25年第 3回定例会(第1日 9月 3日) 会議では、まず本委員会委員長であります梅原健治富山県魚津市議会議長の開会挨拶に引き続き、同委員会副委員長の補欠選任が行われ、東京都品川議会の石田英男議長を選任の後、総務省自治財政局財政課長の内藤尚志氏より地方財政をめぐる最近の動向について、また総務省自治税務局企画課長の濱田省司氏より地方税制をめぐる最近の動向について、それぞれ説明を受け、その後、事務報告等があり、これを了承、続いて協議に入り、平成 もっと読む
2011-12-07 出雲市議会 平成23年度第6回定例会(第2号12月 7日) 2027年には品川と長野間を結ぶリニアモーターカーの開業も予定をされております。他の地域をうらやましがってもしようがないということでございますけれども、単線で線型のよくない山陰線、そして伯備線という状況について、いつまでも甘んじていてよいのでしょうか。山陰新幹線、中国横断新幹線の計画もありますけれども、ほとんど動きがないように感じております。 もっと読む
2009-12-07 大田市議会 平成21年第 8回定例会(第1日12月 7日) 汚水処理施設につきましては、快適な生活環境と豊かな水環境を守り、次世代につないでいくために既に一部供用を開始している公共下水道大田処理、温泉津処理、仁摩処理の3つの処理の整備を引き続き進めるとともに浄化槽の整備にも取り組んでまいります。  飲料水につきましては、安定的な確保と供給を図るため、引き続き上水道及び簡易水道の施設整備を進めてまいります。 もっと読む
2009-09-14 出雲市議会 平成21年度第3回定例会(第2号 9月14日) 現在、東京都中央品川、荒川、昭島市の41市で公費助成を実施しています。今後も助成を導入する自治体が増えるとみられます。そこで2点について伺います。  1点目、全国でも接種費用に対する公的助成を行う自治体が増えてきています。出雲市でもヒブワクチン接種の公費助成に取り組まれることを要望いたしますが、お考えを伺います。   もっと読む
2008-06-11 益田市議会 平成20年第457回 6月定例会-06月11日−03号 私は、今回この小中一貫の学校づくりというので、品川の高校の日野学園が「小中一貫校の学校づくり」という本を出しました。この本に触れたときに、あ、本当にこれはちょっと考えていかなきゃいけないなということで今回の質問にさせていただきました。   もっと読む
2007-12-03 雲南市議会 平成19年12月定例会(第1日12月 3日) (4)土地改良。現状では、多くの未収賦課金や経常賦課金の賦課基準の違いが合併に当たっての問題点と考えられる。こうした問題点の解決に努め、平成22年春までの合併に向け努力されたい。  2、行政運営システムの確立。(1)定員管理の適正化と組織機構。 もっと読む
2006-12-22 大田市議会 平成18年第 6回定例会(第5日12月22日) 続いて、衛生費の審査に当たり、品川環境生活部長より説明を受けました。  主な質疑と意見としまして、新生児への銀のメモリアルプレゼント事業で、成果と発注についての質問に、地元取扱いで発注しており、17年度は237名、累計で4,033名に進呈している。  ごみ指定袋導入事業についての質問に、取扱店は手数料は8%であり、17年度は3社、18年度は6社で、指名競争入札で製品発注している。   もっと読む
2006-12-12 雲南市議会 平成18年12月定例会(第3日12月12日) 教育委員会は、平成15年度から今日まで3年間かけて小・中一貫教育校の検討を行い、20数回にわたる意見交換や保護者、市民、児童生徒のアンケート調査の実施などを重ね、市民参加を重ね、これらの積み重ねの上に立って、平成18年4月より1中学校と2つの小学校とで小・中一貫教育校が開設されました。 もっと読む
2006-12-08 大田市議会 平成18年第 6回定例会(第4日12月 8日) ○議長(有光孝次) 品川環境生活部長。 ○環境生活部長(品川保夫) 4点ほどご質問いただいたと思いますので、順番にお答えいたします。   もっと読む
2006-12-06 大田市議会 平成18年第 6回定例会(第2日12月 6日) ○議長(有光孝次) 品川環境生活部長。 ○環境生活部長(品川保夫) 相談の総合窓口についてのご質問にお答えいたします。  市民の皆さんからの相談につきましては、環境生活部の人権推進課に市民相談係を設けまして、あらゆる相談を受け付けております。   もっと読む
2006-12-04 大田市議会 平成18年第 6回定例会(第1日12月 4日) 最後の下水道事業におきましては、大田、温泉津、仁摩、それぞれの処理におきまして、工事が実施されたところであり、歳入歳出差引額860万円は、全額、翌年度繰越事業に係る繰越財源でありまして、その繰越事業費は、4,500万円となるものであります。   もっと読む
2006-09-07 益田市議会 平成18年第443回 9月定例会-09月07日−03号 公立学校の学校選択制については、平成12年に東京都の品川の小学校に導入をされて、全国から注目を集めたところであります。その後、近年まで首都圏の自治体を中心に導入が広がってまいりました。西日本では、お隣の広島県での導入が最も多いというふうに聞いておりますが、今後地方にも広まっていくであろうという見通しがあるという中で、教育長にお尋ねをいたします。   もっと読む
2006-09-06 大田市議会 平成18年第 5回定例会(第2日 9月 6日) この入札とは、佐藤工業と東急建設と共同企業体を組み、その分割発注された下水道工事の1工をJVで、8億6,090万円で落札したものであって、JVの片方の建設会社の東北支店長は、事情聴取後に、先月の半ばに自殺をしております。  これからも、私は、大田市は石見銀山遺跡の拠点施設の建築工事、また、下水道工事の1工区分割で、いろいろな工事が発注されると思います。 もっと読む
  • 1
  • 2