743件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

浜田市議会 2023-12-03 12月03日-02号

少し、ですからそのプロセス自体にも私は個人的に疑問を持ちながらこの質問になるんですけれども、この対象となっているこども美術館には子どもたち創造性や感性を養うことを目的に、これはホームページにも書かれていますが、見ること、つくることというコンセプトが掲げられています。 それを踏まえて最初の質問ですが、今後この見ること、つくることというこのコンセプト施設全体にかかってくるものでしょうか。

江津市議会 2022-12-11 12月11日-02号

そこで、江津市も第5次江津総合振興計画を作成して、その中で豊かな創造性を育む人づくりで、学校教育環境整備について書かれてありますが、その中で現状と課題ということが書かれています。 そこで、細かいことですが、地域実情に応じたとありますが、地域実情とは具体的にどのような認識に基づいているのか、お伺いしたいと思います。 ○議長森脇悦朗) 竹内学校教育課長

浜田市議会 2021-12-06 12月06日-05号

教育部長河上孝博) 世界こども美術館歴史文化保存展示施設との複合化によって、一つ施設内で世界こども美術館が持つ美術鑑賞創作活動によって子ども創造性や感性を育成することができることと、歴史文化保存展示施設では、歴史を学びながらふるさとに愛着と誇りを持つ、そういった気持ちを育むことができることが私どもとしては相乗効果であると考えております。 ○副議長佐々木豊治) 道下議員

松江市議会 2021-09-11 09月11日-04号

その中で目指すべき職員像につきまして、外部委員も入っていただいて御議論をいただいたところでありますけれども、まず市民の幸せな未来を創造する職員、それから住民主体を大切に、共創・協働意識を持って行動する職員知識や経験を積みながら成長する自律性にあふれる職員、高いコスト意識危機管理能力を持つ職員4つの目標を掲げたところであります。 

松江市議会 2021-09-10 09月10日-03号

基本理念として自分づくり知識を深め、心豊かな人生を創造するための学びの場。仲間づくり、お互いに助け合い、学び合う、人と人との縁を結ぶ。地域づくり、学んだ成果地域社会に生かす市民参加・参画型のまつえ市民大学ふるさとマイスターコースふるさと探求コースを初め7コースがあるということでございます。 令和元年入学式では266名が入学をされて、1年間学ばれているところでございます。

松江市議会 2021-09-09 09月09日-02号

もともとこの観光協会のあり方を検討するきっかけは、本会議の中で何度も御指摘をいただいたことがそのきっかけでございまして、観光協会行政役割分担、なかんずく観光協会自立性をきちっと確保していくことが松江市の観光を振興していくことにつながっていくのではないかという御指摘を受けましたので、それ以来、検討を重ねているところでございます。 

江津市議会 2021-09-02 09月02日-01号

講師に日本地域創生学会会長東京農業大学教授内閣官房シティマネージャー木村俊昭氏をお招きして、「地域創生五感六育の創造と題して御講演をいただきました。実学、現場重視地域活性化を支援されている立場から、地域創生への取り組み方についてわかりやすく具体的に教示いただき、今後の地方行政に資するための課題の提起をしていただき、有意義な研修となりました。 

浜田市議会 2020-09-03 09月03日-02号

要するに副市長立場は、副市長という立場特産品協会役員という立場金融機関監査役という立場は、その仕事を果たせば果たそうとするだけ利益が対立するのではないかという質問をしてきたわけですけども、3月議会では双方代理には当たらない、6月議会においては利益相反には当たらないという答弁であったかと記憶しておりますけども、これも市長のほうから、平成30年9月18日ですか、副市長利益相反可能性があるので

松江市議会 2020-06-24 06月24日-02号

中身はこれからになるわけでありますけれども、いきなりまちづくりとかあるいは観光事業との関連を考えていく前に、これは議会から提言をいただきました4つキーワードですね、知る、伝える、支える、育てると、この4つキーワード一つの大事な視点としてまとめていきたいと思っておりますし、それに私はつけ加えまして、新たな文化創造するという視点、そして古い文化、新たな文化も含めまして、その文化を活用するという2

浜田市議会 2020-06-20 06月20日-02号

それで、その石見神楽ですけども、観光協会が主催されてずっと長い、もう何年も三宮神社等で夜神楽とかの定期公演もされてきまして、来場者増加傾向にあると感じております。そういった中で、石見神楽といいますとやはり衣装とか、面とか、蛇胴とか、石見地域の和紙も含めた一つ産業として大きい役割を果たしてると思います。 しかしながら、その中で一方忘れてはならないことがあるとも思います。

出雲市議会 2020-06-16 令和 2年度第3回定例会(第4号 6月16日)

そういうことを重点にこれから中身に入っていくわけでございますけれども、この基本理念として、取り組まれたスポーツ推進計画ですけれども、『「夢を育み、人を結び、まちが輝く」スポーツ文化都市出雲創造と、こういうことでございます。これまでに取り組まれてきた成果について伺っておきます。  それから、二つ目の問題でございます。

奥出雲町議会 2020-03-13 令和 2年第1回定例会(第3日 3月13日)

これは構成が雲南市、奥出雲町、松江市、庄原市の3市1町と沿線関係団体、商工会とか観光協会等でございますが、引き続き連携して、沿線住民を巻き込んだ活性化利用促進を図ることを目的として設置されております。  そこで、これまでの木次線強化促進協議会における各種陳情活動などがあったと思います。

益田市議会 2020-03-06 03月06日-04号

そのためには、観光交流課または観光協会などを中心に、それぞれの地域のアイデアを取りまとめ、一つの大きな観光計画を立てていただき、観光業務に当たっていただけたらというふうに考えております。 益田市の観光振興についてのこれからの計画をお伺いしたいというふうに思います。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長中島守君) 山本市長。              

大田市議会 2020-03-05 令和 2年第 1回定例会(第2日 3月 5日)

政府は、高速ネットワークインフラ整備を推進するため、平成12年にIT基本法制定、その後、IT利活用を進化するために世界最先端IT国家創造宣言を行い、データ利活用デジタルガバメント実現のために官民データ基本法令和元年には社会全体のデジタル化に向け、通称デジタルファースト法ともデジタル手続法とも呼ばれている法律を制定

松江市議会 2020-03-04 03月04日-04号

また、共通して求められる力として、読解力対話力、科学的な思考力探究心などがあり、求められる人材としては、AIやデータ力を活用できる人材技術革新等創造できる人材等が上げられております。今後、これらの変化に対応できる人材を育てる教育が求められることになると考えております。以上でございます。 ○議長森脇幸好) 河内議員。 ◆1番(河内大輔) 続いて、2つ目質問に入ります。