運営者 Bitlet 姉妹サービス
591件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第5号12月10日) また、自治協会等が実施されます外国人住民の参加を促す取組みに、市の「元気!やる気!地域応援補助金」等が活用されております。例えば、四絡地区では、チラシの多言語化等により、外国人住民にもイベント参加を呼びかけ、接点づくりを進めていらっしゃいます。また、乙立自治協会では、親子参加の多文化サマースクールを毎年8月に開催され、日本人・外国人合わせて70人以上が交流されております。   もっと読む
2018-12-07 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第4号12月 7日) 平成23年(2011)1月からトキの分散飼育事業が、国のトキ保護増殖事業計画に基づきましてトキの飼育繁殖とトキの保護啓発に貢献し、人と自然が共生できる地域を創造して、トキによるまちづくりを目指すという形で今現在に至っておるところでございます。   もっと読む
2018-10-10 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第3日10月10日) 読書がなぜいいかということを私が言わなくても皆さん御存じだと思いますけれども、本を読むことによって、書かれていることはどういうことなのか、表面的ばかりではなくて、そのことによって思考力や想像力、また創造力、これを豊かにしていろいろなことを発想したりするからです。私も最近、「君たちはどう生きるか」という本、初版は昭和初期のものらしいんですけれども、今読んでもすごく考えさせられる本でございます。 もっと読む
2018-09-03 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第2号 9月 3日) やっぱりそういったことによって、農村社会というのがどのようにこれからなっていくのか、そしてどのように創造していかなきゃいけないのかという問題もやっぱり大きく問題になってくると思っておりますし、何よりもまず自給基盤が今政府、国全体が38%ということでございますけれども、やっぱり自給基盤がだんだん失われていくということになっていくと、全体的に農業所得の減少、生産出額の減少ということになっていくということになりますと もっと読む
2018-06-13 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第3日 6月13日) また、実効性向上を図るための取り組みとして、昨年、島根県においては、中国5県のバス協会及びタクシー協会との協定の締結、そしてバス事業者等を対象とした原子力防災研修、あわせて、受け入れ自治体との連絡通信訓練等が実施されております。ほかにも取り組みが進められておりますけれども、まだまだ課題となる点はございますので、引き続き関係機関と連携し、実効性の向上に努めてまいります。   もっと読む
2018-06-13 奥出雲町議会 平成30年第2回定例会(第3日 6月13日) そして、年寄りから中堅、若者、先輩、後輩、女性、男性、大人、子供、これらが一つとなって、知恵と勇気、わざを結集し、涙と笑い、そしてお金を出し合い、つくり上げる祭り、イベントやフェスティバルは、村や町や路地に輪をつくる活力となり、地域の文化・伝統を創造し、後世へ継承します。 もっと読む
2018-06-13 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第2号 6月13日) 最適地として決定しました県立大学出雲キャンパス周辺につきましては、現在、地元自治協会や関係団体などに対して説明会を行いました。その後、地権者を対象とした意向調査を実施したところでございます。  具体的な建設予定地につきましては、今議会の文教厚生委員会及び最終日の全員協議会において報告したいと考えております。   もっと読む
2018-06-12 奥出雲町議会 平成30年第2回定例会(第2日 6月12日) ○議員(8番 川西 明徳君) カリキュラムのマネジメントでは校長を中心としていますが、学校長のリーダーシップが強調されつつも、教科横断的な編成が強調され、教職員の自主性や創造性などが軽んじられる懸念があります。教育課程編成が教育の専門家である教員一人一人が対等の立場から議論して策定することなしに生きたものにはならないと考えます。教育長の所見を伺います。 ○議長(岩田 明人君) 塔村教育長。 もっと読む
2018-03-22 大田市議会 平成30年第 1回定例会(第5日 3月22日) 今回の想定では、公益的法人等の「的」とは観光協会を指し、「等」とは法律で制限されてはいるものの、今後公益的法人等に対し職員の派遣をする場合には、天下りだと言われないように、議会にはきちんと説明する場を設けるとの答弁でした。  意見といたしましては、運用に当たっては、透明性をしっかり担保するべきであるとのことでございました。   もっと読む
2018-03-08 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第6日 3月 8日) 今の時代、当然必要なんだろうなぐらいにしか実は思っていなかったところですけども、実は昨年11月に奥出雲町で開催されましたこども未来シンポジウム「創造する脳 AI(人工知能)時代の創造的学びとコミュニケーション」というイベントがございまして、そこにお誘いいただいたもんで出かけて、サイエンス作家の竹内薫さんや数学の世界的権威者で文化功労賞も受けていらっしゃる甘利俊一さんのお話を伺わさせていただきまして、 もっと読む
2018-03-07 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第5日 3月 7日) 市内3高校の魅力化は、本市の未来を創造する上では大変重要な施策であります。  ここで、魅力的な高校とは一体どんな高校でしょうか。中学生の生徒一人一人にとって、魅力の感じ方というのはさまざまだと思います。市内中学生の目線であったり、市外、県外の中学生の目線とではこの魅力にも差が出てくると思います。では、中学生は何を魅力と感じるのかという。 もっと読む
2018-03-05 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第3日 3月 5日) そこで、第1点目は、雲南圏域の高校再編の将来展望をする上で、10年後を目途に雲南地域統合高校を創造し、かつ雲南圏域の中学生が少しでも圏域にとどまる魅力ある新たな高校建設誘致活動に向け、ロードマップ、年次進行計画を作成し、他圏域に先駆けた先進的な展開をすべきと考えますが、見解を伺います。   もっと読む
2017-12-12 雲南市議会 平成29年12月定例会(第3日12月12日) 豊岡市では、コウノトリと共生する農業、環境創造型農業を推進されています。コウノトリと共生できる環境が人にとっても安全で安心できる豊かな環境であるとして、コウノトリを育む農法に取り組まれております。 もっと読む
2017-12-07 大田市議会 平成29年第 5回定例会(第2日12月 7日) 運営につきましては、地元農林水産品の産地直売と加工品、特産品等の販売、また地元食材を使った飲食の提供等を考えておりまして、その具体的な手法を運営団体予定者であります大田市観光協会において現在、事業計画を作成しているところでございます。   もっと読む
2017-12-07 大田市議会 平成29年第 5回定例会(第2日12月 7日) 運営につきましては、地元農林水産品の産地直売と加工品、特産品等の販売、また地元食材を使った飲食の提供等を考えておりまして、その具体的な手法を運営団体予定者であります大田市観光協会において現在、事業計画を作成しているところでございます。   もっと読む
2017-12-07 奥出雲町議会 平成29年第4回定例会(第2日12月 7日) 既に厚労省は、今年度予算案には総報酬割制導入を見越し、協会けんぽへの国庫負担削減を示しています。特に協会けんぽは中小零細企業の従業員が多く加入し、恒常的に財政難で、2015年度には1,470億円の国庫負担があります。結果的には、総報酬割制導入で国民健康保険組合と共済組合の分担金を増額し、その分を協会けんぽへの国庫負担削減分の補填に回そうとしています。 もっと読む
2017-12-06 出雲市議会 平成29年度第4回定例会(第4号12月 6日) 最後に、旧大社駅舎に観光協会の事務局が移転するということを仄聞いたしておりますが、旧大社駅舎は国の重要文化財であり、駅舎としては日本では東京駅、門司港駅、旧大社駅という、3件という貴重な存在であり、その貴重な駅舎を見学する人は、平日でも朝から絶えることがありません。 もっと読む
2017-12-04 出雲市議会 平成29年度第4回定例会(第2号12月 4日) ○市民文化部長(永瀨 学君) 借りる側、そのものというわけではございませんが、この返却ポスト、撤去やむを得ないと、移動しなくちゃいけない、あるいは撤去しなくちゃいけないという段階で、関係する斐川のほうの自治協会、それからコミュニティセンターのほうへはご意見をお聞きしたと。   もっと読む
2017-09-13 奥出雲町議会 平成29年第3回定例会(第2日 9月13日) 先ほど情報協会の職員の固有名詞まで出されたわけでございますが、私のほうからは一般的なことでお答えをさせていただきます。 もっと読む
2017-09-06 雲南市議会 平成29年 9月定例会(第4日 9月 6日) 要点だけ読み上げてみますと、1、経営の革新及び中小企業の創造の促進を図ること、2、新技術、独創的な技術を利用した事業活動の促進、3番、人材の育成及び確保を図る、4、経営基盤の強化を図る等々でございます。こういったことが一つ一つ実践されておれば、少しでも事業所の減少とか従業者数の減少を食いとめることができるというふうに私は思っておりますので、これをしっかりやっていく必要があると思います。   もっと読む