1050件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2019-10-18 令和元年第2回臨時会(第1日10月18日)

いろいろなことが実行したりやめたりという状況にありますが、公園整備については、率直に申し上げますと、やる、できるという考えですか。再度重ねることになると思いますが、お聞きをします。 ○議長(藤原 充博君) 公園整備についてですね。(発言する者あり)  公園整備についてどうするか、再度聞きたいということでございます。  藤原総務課長

奥出雲町議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第4日 9月26日)

投資的経費25億890万円の内訳では、町道整備事業7億1,594万円、災害復旧事業3億7,193万円、三成公園ホッケー場整備事業3億3,752万円、玉峰山荘大規模改修事業1億8,376万円、可燃物処理センター改修事業5,464万円、カントリーエレベーター色彩選別機更新事業3,856万円などが主たる事業として上げております。  

奥出雲町議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第3日 9月12日)

なお、安来市の月山富田城跡地の公園整備については、史跡公園として歴史景観の復元や遺構の復元などに重点が置かれておりますので、同様な整備は不可能ではないかなというふうに思っております。玉峰山も出雲国風土記にその名がある歴史のある山でございます。地域史跡等との連携をとりながら、今後取得が可能になった折には年次的に整備を図って、地域振興に結びつけてまいりたいというふうに思っております。  

奥出雲町議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第2日 9月11日)

かつて明治までは全国各地で生息していたコウノトリですが、日本で最後の生息地となった兵庫県北部の豊岡市にある兵庫県立コウノトリの郷公園は、地道な努力で繁殖活動を進められ、ことし開園20周年を迎えられました。今では徳島県福井県千葉県鳥取県などにも繁殖活動が広がっており、奥出雲町にも飛来したことのあるコウノトリが巣をつくり、自然繁殖できる巣塔の設置についてお伺いをします。

奥出雲町議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第1日 9月10日)

主な増額要因は、普通建設事業では、先ほどまとめました玉峰山荘の大規模改修、カントリーエレベーター施設改修、それから横田コミセンの非常用発電機改修など、新規の事業実施のほかに、三成公園のホッケー場の整備事業の継続事業や災害復旧費が多額となったことも、投資的経費の増加要因となっております。  次に、7ページをごらんいただきたいと思います。7、財政状況、その他についてでございます。

大田市議会 2019-09-05 令和元年第 6回定例会(第2日 9月 5日)

白砂青松の海岸、国の天然記念物に指定された鳴り砂の琴ヶ浜、国立公園として親しまれており、来年には2度目の全国植樹祭が開催される三瓶山など、数え上げれば切りがありません。このように考えますと、世界遺産石見銀山が名脇役的な感じがするぜいたくな状況であります。  また、「火山からの贈り物」として日本遺産認定を目指している当市として、昨今の観光を取り巻く状況を鑑み、以下質問をいたします。  

大田市議会 2019-09-02 令和元年第 6回定例会(第1日 9月 2日)

お手元に大田市体育公園文化事業団並びに株式会社ゆのつの平成30年度の経営状況をあらわす書類が、また株式会社大田ふるさとセンターの平成30年度経営状況及び令和元年度の事業計画を説明する書類が地方自治法第243条の3第2項の規定により、それぞれ提出されておりますのでごらんおきいただきたいと思います。

出雲市議会 2019-07-02 令和元年度第2回定例会(第6号 7月 2日)

次に、議第37号、出雲いりすの丘公園の整備における用地交渉に係る和解についてであります。  これは、出雲いりすの丘公園の整備における用地交渉に関し、このたび交渉相手と和解することについて、議会議決を求めるものであります。  本議案は、旧斐川町時代の事業用地の用地交渉に関する和解案件であり、平成11年(1999)からこれまでの経緯について、執行部から説明を受け、審査を行いました。  

奥出雲町議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第5日 6月25日)

次に、請願第1号、玉峰山森林公園周辺地の町有化についての請願。町所有の玉峰山森林公園に隣接する旧谷奥鉄山所有の山を町に取得していただくよう要請するもので、今期一般会計補正予算に上がっている町民の森取得費に関連するものであります。審査概要、特にありませんでした。審査結果、賛成多数により原案可決といたしました。  次に、請願第2号、主要農作物種子法の復活等をもとめる請願

大田市議会 2019-06-20 令和元年第 4回定例会(第3日 6月20日)

小・中学校保育園、図書館、まちづくりセンター、市営住宅公園などが該当するところでございます。それぞれの施設には用途、目的があるため、施設に応じた設置管理条例が設置をされておるところでございます。  また、普通財産とは、その多くは、その本来の役目を終えて、用途、目的を持たなくなった財産のことを申すものでございます。

出雲市議会 2019-06-20 令和元年度第2回定例会(第5号 6月20日)

   議第 31号 工事請負契約締結について(新斐川学校給食センター建築工事)    議第 32号 備品の取得について(水槽付消防ポンプ自動車)    議第 33号 備品の取得について(小型動力ポンプ普通積載車)    議第 34号 備品の取得について(小型動力ポンプ軽積載車)    議第 35号 市道路線の廃止について    議第 36号 市道路線の認定について    議第 37号 出雲いりすの丘公園

大田市議会 2019-06-19 令和元年第 4回定例会(第2日 6月19日)

特に国立公園満喫プロジェクトや全国植樹祭などで現在注目が集まっている三瓶山周辺では、市長の施政方針にある観光誘客につきまして、三瓶山エリアの持つ特色を最大限に生かした、魅力ある体験型、滞在型の観光商品や外国人の嗜好に合わせたツアーの造成に取り組むとのお考えに合致するものではないかと考えます。  そこで、まず1点目の質問は、スポーツツーリズム推進に向けた基本姿勢と現在の取り組み状況を伺います。  

出雲市議会 2019-06-19 令和元年度第2回定例会(第4号 6月19日)

今後は、トキ分散飼育センターに隣接いたします島根県花ふれあい公園「しまね花の郷」のイベントと連携した取組みについて検討していきたいと思っております。  また、本年度は、トキとコウノトリの保護繁殖についての広域連携事業、これを県及び雲南市と共同で実施をすることとしておりまして、今年の秋ごろには学習会の開催、田んぼの生き物調査などを行っていく予定にしております。

大田市議会 2019-06-14 令和元年第 4回定例会(第1日 6月14日)

次に、お手元に、平成30年度の公益財団法人大田市体育公園文化事業団及び公益財団法人シルバーランド振興事業団の経営状況を説明する書類が地方自治法第243条の3第2項の規定によりそれぞれ提出されておりますので、ごらんおきいただきたいと思います。  ここで、先ほど表彰を受けられました林副議長表彰状をお渡しいたしたいと思います。  暫時休憩をいたします。                

出雲市議会 2019-06-13 令和元年度第2回定例会(第1号 6月13日)

   議第 31号 工事請負契約締結について(新斐川学校給食センター建築工事)    議第 32号 備品の取得について(水槽付消防ポンプ自動車)    議第 33号 備品の取得について(小型動力ポンプ普通積載車)    議第 34号 備品の取得について(小型動力ポンプ軽積載車)    議第 35号 市道路線の廃止について    議第 36号 市道路線の認定について    議第 37号 出雲いりすの丘公園

奥出雲町議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第1日 6月10日)

この玉峰山森林公園付近の町有林と隣接する山林のうち、谷奥鉄山生産森林組合などが所有する山林約60ヘクタールについて、今後の適正な維持管理が懸念されるため、町有化の要請を亀嵩地区振興協議会などから受けたところであります。  当該山林の中には、糸滝や窓岩、かざし岩などの巨岩、奇岩、玉峰山への登山道があるほか、町有地との境界には雄滝があるなど、玉峰山の景観観光資源のかなめの土地であります。

雲南市議会 2019-06-04 令和元年 6月定例会(第2日 6月 4日)

産業観光部長(嘉本 俊一君) 農村公園として原状復旧を図らないけない部分につきましては、今年のところでそうした整備をかけて、復旧をかけているところです。今、こちらのロケセットがあるところにつきましては、そうした期間制限というものは今のところないという状況でございますので、速やかに撤去していかないといけないという状況でございます。 ○議長(山﨑 正幸君) 周藤正志君。

大田市議会 2019-03-22 平成31年第 2回定例会(第5日 3月22日)

環境政策課の国立公園満喫プロジェクト380万円について、室の内展望所解体工事において建物のアスベスト調査はされたのか、施工方法、解体後の新しい施設は建つのかとの質疑に、昭和40年の建築であり、築後50年経過している。目視で外観上コンクリートのひび割れ等が見られる。打撃検査等を行い、危ない状況である。解体後更地にした後、植栽を行う予定である。大平山の展望所があるので今後の協議を行っている。