995件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田市議会 2019-03-22 平成31年第 2回定例会(第5日 3月22日)

環境政策課の国立公園満喫プロジェクト380万円について、室の内展望所解体工事において建物のアスベスト調査はされたのか、施工方法、解体後の新しい施設は建つのかとの質疑に、昭和40年の建築であり、築後50年経過している。目視で外観上コンクリートのひび割れ等が見られる。打撃検査等を行い、危ない状況である。解体後更地にした後、植栽を行う予定である。大平山の展望所があるので今後の協議を行っている。

雲南市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第6日 3月 6日)

これを話すとちょっと時間が足りないと思いますが、せっかく言われましたので私のほうからも言わせていただきますと、吉田サッカー公園というのは、天然芝のコートが2コート、人工芝1コート、それからクラブハウス等々ございまして、もう20年前に25億かけてつくっておられますことを紹介しておきます。視察に行って十分それを勉強されたらいいと思います。  

雲南市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会(第5日 3月 5日)

次に、第2項目め、公園施設の管理、整備について伺います。  最初に、公園施設の管理について伺います。  ことしも子供たちが元気に野外に出て遊ぶ季節がやってきました。過去に公園遊具等の施設安全管理、パトロールについてただしたときに、管理、パトロールは年数回、市と指定管理者と連携をとりながら行っているとのことでした。

大田市議会 2019-03-04 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

都市公園につきましては、石見銀山公園の落石対策工事や、引き続き大田総合体育館の改修工事を行うなど、修繕や更新を計画的に実施し、施設長寿命化に努めてまいります。  空き家対策につきましては、このたび策定いたしました大田市空家等対策計画に基づき、民間事業者との連携により、利用可能な空き家の活用を促進するとともに、不良空き家については解体などに対する支援を行ってまいります。  

奥出雲町議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第1日 3月 4日)

公園事業につきましては、三成公園ホッケー場の改修事業を実施しておりますが、残る観覧席側のフェンス工事などを完成させ、全体事業が完了する予定であります。  また、三成小学校新校舎の通学路として併用するため、仁多中学校体育東側に位置する三成公園陸上競技場園路を拡幅整備してまいります。  

雲南市議会 2019-03-04 平成31年 3月定例会(第4日 3月 4日)

定着の定義でございますけども、兵庫県立コウノトリの郷公園研究員によりますと、コウノトリが3年連続で営巣した際には定着と考えているとの見解が口頭ではございますが示されたところでございます。また、同公園研究員は、徳島県鳴門市と雲南市はコウノトリの繁殖地であるという見解も示されております。

雲南市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会(第3日 3月 1日)

続いて、市内における緑の少年団の活動状況でございますが、緑の少年団の活動は島根県緑の少年育成要綱に定められておりまして、入会している市内の学校学校田の田植えや校地内での野菜や花の栽培、アルミ缶や空き瓶などの回収リサイクル活動、公園または地域施設等の清掃などの美化活動、林業等に関する体験学習学校やその周辺での緑の募金活動など、年間を通じて多様な活動が実施されているところでございます。

雲南市議会 2019-02-28 平成31年 3月定例会(第2日 2月28日)

産業観光部長(内田 孝夫君) 道の駅掛合の里の管理事業でございますけれども、324万7,000円のうち88万円につきまして、緑地公園の指定管理料ということでございます。残りの部分につきましては、設置しております急速充電器の関係でありますとか清掃業務委託ということでございまして、施設のいわゆる純粋な管理ということでございます。

大田市議会 2018-12-17 平成30年第 5回定例会(第5日12月17日)

評価対象事業は、1として、多岐にわたる担当課によって実施された健康まちづくり推進事業健康保養都市おおだプロジェクトを選び、2として、事業費が毎年伸び続けている障がい児通所支援事業、3として、指定管理者制度を導入している葬斎場管理費を、4として、施設の老朽化が進行している都市公園整備事業を選び、5として、平成21年度より学校司書を配置して実施している読み調べ学ぶ力みなぎる学校図書館事業と、事業費が漸減

雲南市議会 2018-12-14 平成30年12月定例会(第7日12月14日)

議案第93号、公の施設指定管理者の指定について(雲南市木次体育館・木次運動公園・斐伊川河川公園)。所管が建設部と教育委員会と両方にまたがっているが、なぜ教育委員会が所管となっているのかとの問いに、木次体育館の予算規模が多いこと、常時職員がいるということで、教育委員会から指定管理に出すこととなったとの答弁でした。  

奥出雲町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日12月10日)

屋外運動場については、三成公園陸上競技場を利用することになりますが、小学校の陸上大会などでも使用しており、小学生にとって不具合はないと考えております。また、それ以外の普通教室や音楽室、理科室などの特別教室小学校専用であり、小学生の身の丈の合った教育環境を提供できるものと考えております。  

大田市議会 2018-12-07 平成30年第 5回定例会(第3日12月 7日)

その中で、大田市には世界遺産と国立公園を初め、他の地域にはない世界にも誇れる歴史文化、自然がある。そして、挨拶をしてくれる子供たちがいる。一つには、こうした大田の宝を生かしたまちづくりを地域みんなで話し合い、みんなで協力して誇りを持って進めていこうということであります。もう一つには、誰もが前向きに笑顔でチャレンジできる明るい雰囲気をつくっていこうということが将来像を描く根底にございます。

出雲市議会 2018-12-06 平成30年度第3回定例会(第3号12月 6日)

も完成をいたしますと、山陰自動車道からいわゆる出雲大社のお参りするところのゲートウェイとして私はこの歩いて多くの方が楽しんで、魅力ある神門通りがよみがえったわけでございますので、そのようなところを歩いていただいて参拝していただくということが一番大事ではないかと思っておりますし、そしてまたちょうどこのときに、ああして日本遺産「日が沈む聖地出雲」、そして「島根半島・宍道湖中海ジオパーク」「大山隠岐国立公園満喫

大田市議会 2018-12-06 平成30年第 5回定例会(第2日12月 6日)

2年後の2020年には、国立公園三瓶山において全国植樹祭の開催、同年8月には東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催され、世界各国から日本への来訪、滞在が期待されており、さまざまな面において絶好の機会であると捉えております。  このチャンスを確実に捉え、当市の観光地としての魅力をさらに向上させるため、島根県と連携し、民泊・農泊事業への参入を促すための啓発に努めてまいります。

雲南市議会 2018-12-04 平成30年12月定例会(第4日12月 4日)

木次公園がえらいことになってるという話を聞いて、行ってみました。草刈りが十分されてなくて、あずまやは立入禁止のロープが張ってあって、桜も手入れがされていません。これでは、ますます人が寄りつかない場所となります。管理が不十分ではないかと思いますが、どうでしょうか。 ○議長(山﨑 正幸君) 西川建設部長

雲南市議会 2018-12-03 平成30年12月定例会(第3日12月 3日)

議員(9番 佐藤 隆司君) ボルダリングの話でございますが、最近では公園でも子供のよじ登りである遊具にもあるということでございますので、子育て世代の要望の強い公園整備を含めて検討されたいと思っております。以上で終わります。 ○議長(山﨑 正幸君) 以上で佐藤隆司君の質問を終わります。