運営者 Bitlet 姉妹サービス
447件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第4号12月 7日) その後、10月には松江市と出雲市を除く県内17市町村教育長連名で人事権移譲に反対する要望書が提出、この要望に関しては5項目がありますが、一つ目に、教職員志望者に偏りが生じるということ、二つ目に、教職員の年齢構造の変動や児童生徒数の減少、学校統廃合、不安定な加配などに対する常勤講師の確保が難しいということ、3点目に、移譲自治体以外の人事異動が変則化をして膠着化するということ、4点目として、教職員の年齢構成 もっと読む
2018-09-01 安来市議会 平成30年 9月定例会一般質問通告表 「地域に飛び出す公務員を応援する」首長連合への加入について 2.放課後児童クラブの充実について 3.空家対策について 4.地方創生「山の駅」の設置について 5.耕作放棄地対策について 6.家庭教育支援条例の制定について4佐々木厚子一問一答1.教育環境の整備について 2.小・中学校の統廃合について 3.安来市斎場「独松山霊苑」について5原田貴与子一問一答1.幼児教育・保育に関わる問題について 2.放課後児童 もっと読む
2018-06-13 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第3日 6月13日) 初めに、今月9日に報道されました東京目黒区の5歳女児の虐待死、子供虐待防止に取り組む一人として非常に残念に思うと同時に、その異常なまでの虐待の実態に憤りが隠せません。 もっと読む
2018-06-13 奥出雲町議会 平成30年第2回定例会(第3日 6月13日) また、生活習慣と体力との関連につきましては、平成28年度全国体力・運動能力等調査結果によりますと、規則正しい生活習慣が身についている児童生徒の体力合計点は、小・中学校の男女とも高いという結果も出ておるようでございます。 ○議長(岩田 明人君) 内田雅人議員。 ○議員(5番 内田 雅人君) わかりました。そういった、やはり比例するところがあると思います。ということです。 もっと読む
2018-03-02 大田市議会 平成30年第 1回定例会(第1日 3月 2日) 年度途中に発生する待機児童対策については、定員をふやし、途中入所を受け入れるため、あらかじめ保育士を確保・配置する私立保育所に対して補助金を交付し、待機児童ゼロを目指してまいります。また、子育て家庭の経済負担を軽減するため、引き続き保育料の軽減と子ども医療費の助成を実施してまいります。   もっと読む
2017-12-07 奥出雲町議会 平成29年第4回定例会(第2日12月 7日) ○議員(8番 川西 明徳君) 母子保健、児童福祉における子育て支援策について教育長に伺います。  子供をめぐる問題状況は、少子化、貧困化、児童虐待、いじめ、不登校等々、都市では小・中・高生の自殺、待機児童と、子供たちは最悪な状況に追い込まれているのではないでしょうか。子供の命と育ちを何とか改善したい、この要求は高まっています。今、自治体と国の姿勢が問われています。   もっと読む
2017-12-05 松江市議会 平成29年第5回11月定例会-12月05日−03号 保育園の待機児童数と不承諾児童について伺います。  現在の保育園の年齢別の待機児童数と不承諾児童数はいかがでしょうか。昨日も伺いましたが、地域別に見て待機児童数の多い地域はいかがですか。そして、今後の整備計画について伺いたいと思います。 ○副議長(吉金隆) 舩木子育て事業部長。 もっと読む
2017-09-13 松江市議会 平成29年第4回 9月定例会-09月13日−04号 そこで、1カ月健診までの間にもう一回公費負担の健診を導入することで安心して子育てができるよう、さらに保健師さんの訪問により育児不安の軽減策を図ることで、ふえ続けている児童虐待の予防に大きく寄与すると考えますが、市長の意向を伺います。  また、女性の体は、妊娠、出産によりホルモンバランスが急激に変化するため、さまざまな心身の不調を生じやすいと言われています。 もっと読む
2017-09-05 出雲市議会 平成29年度第3回定例会(第3号 9月 5日) それでは、最後に、保育園の待機児童解消について、質問をいたします。  8月9日に、平成29年度(2017)第2回出雲市子ども・子育て会議が開かれ、保育園待機児童問題の対応策も審議をされました。  見ますと、来年4月に保育園に入所できない数を104人と見込んでいることが分かりました。今年の78人よりもさらに増えるわけです。 もっと読む
2017-09-04 雲南市議会 平成29年 9月定例会(第2日 9月 4日) さらに、人口の社会増に向け、住民ニーズの高い放課後児童クラブの整備や延長保育の充実に取り組むことが必要と考えますが、お伺いいたします。 ○議長(藤原 信宏君) 加津山子ども政策局長。 ○子ども政策局長(加津山幸登君) 放課後児童クラブ並びに延長保育についてのお尋ねでございます。 もっと読む
2017-09-04 出雲市議会 平成29年度第3回定例会(第2号 9月 4日) しかしながら、少子化による児童数の減少やスポーツニーズの多様化などによりまして、参加者がなかなか増えないという現状があります。幼児・児童の保護者へのPRといったものにさらに充実して努めて、参加者増を図っていきたいと考えております。   もっと読む
2017-06-23 雲南市議会 平成29年 6月定例会(第5日 6月23日) ワームビアさんの体には身体的虐待を受けた痕跡は見つからず、診察した医師らは呼吸停止によって脳が大きなダメージを受け、昏睡状態に至ったと考えているそうであります。  また、北朝鮮では粛清と称し実兄の金正男氏や北朝鮮ナンバー2だった張成沢氏、故金日成氏の側近で金正恩氏の義理のおじさんであります。その後、本人だけではなく直系の親族全員が処刑されたということであります。 もっと読む
2017-06-21 松江市議会 平成29年第3回 6月定例会-06月21日−04号 3つ目のテーマは、保育所の待機児童解消についてです。  5月10日入所申し込み締め切り、20日確定の不承諾数及び待機児童数は、6月1日以降、年度中途での入所を希望しながら入所が確定していない方を意味します。その数はそれぞれ何人ですか。  不承諾数のうち、待機児童とカウントされるための要件は何でしょうかお伺いいたします。  9月1日入所希望の方にお話を聞きました。 もっと読む
2017-06-19 松江市議会 平成29年第3回 6月定例会-06月19日−02号 また、児童クラブの待機児童についても同様であります。乃木児童クラブ、鹿島児童クラブなどの新設や、宍道児童クラブの施設整備を計画されていますが、多くの児童クラブで面積要件に至っていないと聞きます。施設が古いところや、場所によっては気を使いながらの対応のクラブもあるようです。早急な施設整備が望まれています。今後の施設整備について伺います。  また、指導員の確保についてであります。 もっと読む
2017-06-15 江津市議会 平成29年 6月(第2回)定例会-06月15日−02号 平成29年度の1日当たりの提供食数は、園児、児童・生徒、教職員、給食センターの職員を合わせまして約1,900食となっております。内訳については、園児、児童・生徒が1,675食、その他教職員が230食となっております。 ○議長(田中直文) 11番河野議員。 ◆11番(河野正行) 人口減少、これから進んでいくということでございますけど、5年後大体どれぐらいの予測にしておられますか。 もっと読む
2017-06-09 出雲市議会 平成29年度第2回定例会(第4号 6月 9日) 三つ目は、待機児童問題です。  出雲市の保育園待機児童問題は深刻です。4月1日時点で保育園待機児童は、昨年の7人から大幅に増えて78人になりました。そのうち76人が1歳児です。また、保育園に入所を申し込みながら入れなかった入所未決定者は、298人となっています。  私は先日、1歳児のお子さんが保育園に入れなかった、お二人のお母さんからお話を伺いました。 もっと読む
2017-06-08 出雲市議会 平成29年度第2回定例会(第3号 6月 8日) また、本市独自の施策として、個別の支援を必要とする児童生徒のための特別支援介助者や特別支援教育補助者、不登校児童生徒及びその保護者を支援する不登校相談員、増加している外国籍の児童生徒に対して指導を行う日本語指導員、ほかにもたくさんございますが、これらを多数配置しておりますが、これらを年々拡充しながら教員のサポートを行っているという状況にあります。   もっと読む
2017-03-06 雲南市議会 平成29年 3月定例会(第4日 3月 6日) その上で、来年度は学習障がいの児童生徒のためにLD教室を新たに開設しまして、児童生徒の困り感を少しでも取り除くことができるようにしたいというふうに考えております。 もっと読む
2017-03-06 雲南市議会 平成29年 3月定例会(第4日 3月 6日) その上で、来年度は学習障がいの児童生徒のためにLD教室を新たに開設しまして、児童生徒の困り感を少しでも取り除くことができるようにしたいというふうに考えております。 もっと読む
2017-02-23 出雲市議会 平成29年度第5回定例会(第2号 2月23日) 次に、安全・安心の項目から、まず待機児童についての現状と新年度の見込み及び待機児童解消に向けた具体的な取組みを伺います。  待機児童の解消については、保育所の定員枠拡大や保育士の処遇改善など様々な取組みが行われておりますが、昨年4月1日の待機児童数は78人であったとの報告がありました。 もっと読む