運営者 Bitlet 姉妹サービス
697件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第6号12月20日) 審査の結果、増額する消費税の使い道は、年金・医療・介護・少子対策と明確にされており、少子高齢・人口減少が深刻な問題となる中で、社会保障を維持するためには、消費税が必要不可欠である。  また、消費税の増税により歳出は増加するが、増税分には地方税財源の充実も含まれており、地方自治体に深刻な打撃を与えるものではないとの意見から不採択すべきものと決定をいたしました。   もっと読む
2018-12-10 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第5号12月10日) する条例    議第 48号 出雲市下水道事業に地方公営企業法の規定の全部を適用することに           伴う関係条例の整備に関する条例    議第 49号 出雲市次期可燃ごみ処理施設事業者選定委員会設置条例を廃止する           条例    議第 50号 出雲市行政センター設置条例    議第 51号 工事請負契約の締結について(旧神西清掃工場解体工事)    議第 52号 財産の無償貸付 もっと読む
2018-10-10 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第3日10月10日) まず初めに、本町に無電柱を推進することについてであります。  国土交通省は、本年4月、無電柱推進計画を定めました。諸外国に負けない我が国本来の美しさを取り戻し、安全で災害にもしなやかに対応できる脱電柱社会を目指すため、無電柱を推進するとしています。 もっと読む
2018-10-09 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第2日10月 9日) 保育無償政策は、昨年の12月8日に閣議決定された新しい経済政策パッケージについて確認されました。そこでは、消費者対策としての重要性から保育料の無償が必要であること、幼児教育が将来の子供の成長にとって不可欠であり、幼児教育を拡大すべきであることなどとしています。しかし、保育無償を実施する際に、自治体に今以上に費用負担がかかってくるのではないかという懸念があります。 もっと読む
2018-09-27 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第6号 9月27日) 本請願は、災害時における緊急連絡・指揮命令・被災保育所(園)の援助、応援体制などについて、市を中心とした話し合いの場やネットワークを早急に構築すること、企業主導型保育事業による企業参入については、行政が関与し待機児童解消に特する方向でのみの参入とすること、外国籍の乳幼児の入所時や入所中におけるタイムリーな支援体制の強化を図ること、国・県・市から依頼される事務等については、保育現場の事務負担の軽減並 もっと読む
2018-09-06 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第5号 9月 6日) (園)認定子           ども園関係予算等についての請願    陳情第 1号 子どもの医療費の負担軽減に関する陳情    陳情第 2号 任意予防接種費用(インフルエンザ、おたふくかぜ、ロタウ           イルス)の公費助成を求める陳情    陳情第 3号 多子保育家庭の同一保育施設優先入所制度構築の陳情    陳情第 4号 夜間・休日診療の充実に関する陳情    陳情第 5号 病児、 もっと読む
2018-09-05 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第4号 9月 5日) 今回の9月議会では、出雲市認可保育所保護者会連合会から、子どもの医療費負担軽減に関する陳情が提出されております。当連合会では、昨年9月の議会に、義務教育課程まで全て無料をしていただきたいという趣旨の陳情がございました。この9月の議会の審議では、小・中学生全体を無料にすれば、あまりにも高額になるのではないかというような議論もございました。 もっと読む
2018-09-04 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第3号 9月 4日) また、幼稚園の保育室につきましても、昨日の勝部議員のご質問に石飛子ども未来部長のほうからお答えしたとおりでございますけれども、財政計画との調整を図りながら、早期の設置を検討したいと考えております。  なお、小中学校の屋内運動場への設置については、現時点では考えておりません。  次に、老朽したプールの改修についてでございます。   もっと読む
2018-06-28 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第5号 6月28日) 平成29年度(2017)陳情第8号、子どもの医療費負担軽減に関する陳情は、現在実施されている就学前までの子どもの医療費無料について、小学校卒業までの無料、あるいは負担軽減を実施することを求めるものであります。  12月議会では、継続審査とすべきとされ、3月議会におきましても、さらなる議論が必要との意見が多数を占めまして、引き続き継続審査とされていたところであります。 もっと読む
2018-06-14 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第4日 6月14日) 電力小売自由により、中国地方でも中電から新電力への変更も徐々にふえてきています。そして2年後には発送電分離も実施される状況ですので、そういった中、自治体のエネルギー政策は2つあります。一つが脱炭素の再生可能エネルギーの推進、そしてもう一つが分散であるエネルギーの地産地消の推進、この2つが大きな柱になると思います。これを強力に推し進めることが必要だと思いますけれども、市長の考えを伺います。 もっと読む
2018-06-14 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第3号 6月14日) 主な増加職種は、保育士、パート保育士、子育て支援員、特別支援介助者、日本語指導員・補助員などでございます。  次に、職の整理と再設定における検討状況と考え方についてお答えいたします。   もっと読む
2018-06-12 奥出雲町議会 平成30年第2回定例会(第2日 6月12日) ○議員(8番 川西 明徳君) 3項目め、奥出雲町特定教育・保育施設の利用者負担に関する規則(平成27年3月27日規則第2号)は、町特定教育・保育施設の利用者負担(保育料)の減免をするもので、評価されています。奥出雲町子育て支援の実情はいかがでしょうか。 ○議長(岩田 明人君) 勝田町長。 ○町長(勝田 康則君) 御質問にお答えをいたします。   もっと読む
2018-06-12 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第2日 6月12日) ○政策企画部長(佐藤 満君) 高齢が進む地域における公共交通の果たすべき役割について御質問がございました。  雲南市では、通院や買い物の利便性を向上させるための接続の改善、それから市内全域でのデマンドタクシーを進めているとこです。しかし、これで全ての利用者の御希望に応え切れているとは考えておりません。 もっと読む
2018-06-11 奥出雲町議会 平成30年第2回定例会(第1日 6月11日) 次に、教育魅力については、幼児園、小・中学校、高校、また学校、保護者、地域が一体となった活動を推進していくことで教育の充実はもとより地域の活性、子育て世代、若者世代の定住、U・Iターンの増加にも結びつくものと考えております。   もっと読む
2018-03-22 大田市議会 平成30年第 1回定例会(第5日 3月22日) について      議案第460号 大田市空家等対策協議会設置条例制定について      議案第472号 大田市共同作業所の設置及び管理に関する条例の一部を改正              する条例制定について      議案第473号 大田市企業立地奨励条例の一部を改正する条例制定について      議案第474号 大田市都市公園条例の一部を改正する条例制定について      議案第476号 財産の無償譲渡 もっと読む
2018-03-13 奥出雲町議会 平成30年第1回定例会(第2日 3月13日) 奥出雲町公共施設等総合管理計画は、今後、人口減少等に伴う税収の伸び悩みや高齢社会の進行に伴う社会保障費の増加が見込まれることから、厳しい財政状況が予想される状況下のもとで更新、統廃合、長寿命を進め、公共施設等の適正を導き、財政負担の軽減、そして平準を、長期的な視野を持って計画的な管理を進めることを目的としていたしております。   もっと読む
2018-03-09 大田市議会 平成30年第 1回定例会(第4日 3月 9日) 13ページの43番、保育所特別事業でございます。ここには病児保育について載っております。この病児保育の具体的な説明をお願いします。  また、そのいろいろな一時保育だとか、そういうふうな保育が、特別保育が、公立保育園についての実施方についても伺うものであります。  続いて、14ページ、52番、新しい事業で産後ケア事業であります。 もっと読む
2018-03-08 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第6日 3月 8日) 医療費の問題、放課後児童クラブ、それから4月から始まりますけども、病児・病後児保育などの施策、また、子育ち会議ですか、そういうふうに現役世代から直接声を聞くなど、子育て施策については評価するところであります。にもかかわらず、大都会ならまだしも、なぜ松江市、出雲市なのか、いまひとつわからないといいますか、本当に雲南市に何が足りないのかなというふうに思っているところでございます。 もっと読む
2018-03-05 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第3日 3月 5日) このため、人口の社会増の実現を目指しまして、30年度には定住基盤の整備において、保育士確保に向けた支援制度や市内企業のU・Iターン者雇用を支援する助成制度を新たに設けますほか、人材の育成・確保におきましても、次世代のまちづくりのリーダー人材の育成に向けまして支援制度の創設、起業創業を指向する人材の誘致など新たな施策を展開し、より一層積極的に取り組みを強化、実施してまいる考えでございます。   もっと読む
2018-03-02 大田市議会 平成30年第 1回定例会(第1日 3月 2日) 年度途中に発生する待機児童対策については、定員をふやし、途中入所を受け入れるため、あらかじめ保育士を確保・配置する私立保育所に対して補助金を交付し、待機児童ゼロを目指してまいります。また、子育て家庭の経済負担を軽減するため、引き続き保育料の軽減と子ども医療費の助成を実施してまいります。   もっと読む