224件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

雲南市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第6日 3月 6日)

平成31年度当初予算編成にあわせて今回策定いたしました平成35年度まで、2023年度までの中期財政計画では、将来世代の負担となる借入金の残高につきましては、平成32年度が381億円でピークだというふうに推計をいたしております。これは、平成29年度から平成32年度まで、大型建設事業が集中し、借入金の返済より借入金が上回る結果となっているためでございます。

雲南市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会(第5日 3月 5日)

新年度予算の編成の内容についての御質問でございます。  御質問のとおり、平成31年度当初予算におきましては、雲南市の歳入の約半分を占めます地方交付税と臨時財政対策債を、対前年度比4億4,800万円の減となる見込みとしております。

大田市議会 2019-03-04 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

第4条、会派については今後の課題といたし、第5条の市民参加の取り組みでは、議会報告会以外では議員個々の取り組みに差がある。また、他市で事例のある議会の土日開催、夜間開催については、調査をする必要がある。公聴会制度や参考人制度の活用、議員個々の報告会や市内各種団体との意見交換会などの開催という意見があったところでございます。

雲南市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会(第3日 3月 1日)

─────────────・───・───────────── ◎日程第1 会派代表質問 ○議長(山﨑 正幸君) 日程第1、会派代表質問を行います。  質問の通告があっておりますので、順次発言を許します。  明誠会代表、議席番号2番、中林孝君。 ○議員(2番 中林 孝君) 2番、中林孝でございます。  本日は、明誠会を代表いたしまして会派代表質問を行います。

出雲市議会 2018-12-10 平成30年度第3回定例会(第5号12月10日)

そこの中で私も質問をしようと思ったですけど、質問する内容がなかなかないかなと思いますが、三つの点について、ちょっとお聞きをさせていただければと。  多文化交流の中でも共生推進プランの中でも、交流と労働と、それと先ほどお話がありました好事例、県外に問わず好事例について、今後どのように推進プランを充実させていくかということについて、質問をさせていただきたいと思います。  

雲南市議会 2018-12-04 平成30年12月定例会(第4日12月 4日)

次に、来年度の予算編成に当たって、人口の社会増につながる事業は優先的、重点的配分となっていますけども、当然、現状分析をした上で事業が展開されなければなりません。そこで、まず25歳から30歳代の人口減が多いように思います。

雲南市議会 2018-09-05 平成30年 9月定例会(第3日 9月 5日)

先般、7月に会派フォーラム志民でホシザキ株式会社を表敬訪問をさせていただきました。昨年、ホシザキ操業70周年を記念し発行された「ナンバーワンヘの挑戦」と題した本をいただき、拝読をさせていただき、改めて雲南市とホシザキの強いつながりや、坂本様の強い愛郷心を認識させていただき、今回はそうしたことを念頭に置き、質問させていただきます。  

出雲市議会 2018-03-20 平成30年度第4回定例会(第6号 3月20日)

最後に、請願第6号、原子力発電所の稼働及び新規稼働の際、UPZ範囲内にあるすべての道府県及び市町村の事前了解を要件とするよう強く求める意見書を国に提出することについての請願であります。  これは、原子力発電所の稼働及び新規稼働の際、UPZ範囲内にあるすべての道府県及び市町村の事前了解を要件とするよう強く求める意見書を国に提出することを求めるものであります。  

雲南市議会 2018-03-07 平成30年 3月定例会(第5日 3月 7日)

その中で、小中一貫教育の定義として、小中連携教育のうち小・中学校が目指す子供像を共有し、9年間を通じた教育課程を編成し、系統的な教育を目指す教育というふうに定義づけられております。この調査対象となった小中一貫教育を実施している学校では、義務教育9年間の系統性を確保した教育課程で、4・3・2あるいは5・4などの学年の区切りをしたり、新たな教科を設けたりといったこともなされておりました。

雲南市議会 2018-03-05 平成30年 3月定例会(第3日 3月 5日)

─────────────・───・───────────── ◎日程第1 会派代表質問 ○議長(藤原 信宏君) 日程第1、会派代表質問を行います。  質問の通告があっておりますので、順次発言を許します。  明誠会代表、12番、西村雄一郎君。 ○議員(12番 西村雄一郎君) おはようございます。  12番議員、西村雄一郎です。会派明誠会を代表して質問いたします。  

出雲市議会 2018-02-20 平成30年度第4回定例会(第2号 2月20日)

平成31年度(2019)の市長施政方針に対しまして、会派、平成クラブ8名を代表して質問を行います。平成クラブの総意にご回答いただきますよう、よろしくお願いいたします。  それでは、事前通告に従いまして、質問いたします。  まずは所信についてです。  

出雲市議会 2018-02-18 平成30年度第4回定例会(第1号 2月18日)

また、みんなでつくる出雲の森づくり事業などによる市民参加型の森林整備に取り組むとともに、循環型林業の推進のため、市内産木材の生産拡大と造林を支援します。  野生鳥獣の被害対策については、捕獲を重点に取り組むとともに、防護ネットや電気牧柵等の設置助成を拡充します。  水産業については、21世紀出雲水産業総合助成事業、内水面活性化助成事業等により、品質向上やブランド化の取組みを支援します。

松江市議会 2017-12-06 12月06日-04号

そして、私は、こうしたとる漁業、育てる漁業、漁業を学ぶ場所、松江の水産業の拠点として、恵曇港の開発をしたらどうかと考えております。 平成27年、恵曇から、魚の市場、競りがなくなりました。そのニュースを聞いたときは、漁業関係者はもとより町全体に、まるで光を失ったかのような大きな衝撃が走りました。 しかしながら、競りがなくなったとはいえ、県内において恵曇は浜田に次ぐ漁港です。

松江市議会 2017-09-13 09月13日-04号

全国に広くPRするとともに、市の花ツバキを認識する機会として椿サミットの誘致に手を挙げるべきだと思いますが、お考えを伺います。 ○議長(森脇勇人)  松浦市長。 ◎市長(松浦正敬) 御指摘のこの金正寺の五色八重散椿でございますけれども、これを市の指定文化財に指定するためには文化庁が定める基準があるわけでございます。

安来市議会 2017-09-01 平成29年第 91回 9月定例会

一括方式と一問一答方式について、質問、答弁を含め50分のあり方、また3月定例会での会派代表質問の時間割当等、特に異論はなく、新庁舎での新議場においても、9月定例会で実施し、特に問題はなく、現行で実施されてよいのではないかと考えるが、検討を要する内容が発生すれば、まず議会運営委員会で協議され、各議員の異論を確認の上、速やかに対処されたい。 

出雲市議会 2017-05-30 平成29年度第2回定例会(第2号 5月30日)

平成28年度(2016)から平成32年度(2020)までの後期5か年では、新型単行車両4編成の導入、既存車両の長寿命化及び線路補修等を実施することとしており、負担予定額は32億4,300万円となっております。そのうち本市の負担額は約8億円を見込んでいるところであります。  

出雲市議会 2017-05-26 平成29年度第2回定例会(第1号 5月26日)

上水道については、水の安定供給を図るため、引き続き向山配水池等の構築事業や新向山系基幹管路の整備、老朽管の更新を進めます。  また、新たに耐震化基本計画、管路更新計画を定め、今後10年間の水道事業ビジョン及び経営戦略を策定します。  こうした施設整備計画や経営戦略を踏まえたうえで、適正な水道料金のあり方を水道料金等審議会で検討します。