349件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

雲南市議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会(第7日 3月20日)

さて、市議会3月定例会での明誠会の会派代表質問の際にお答えし、議会最終日に報告することにしておりました秦和夫雲南市立病院事業副管理者の後任には、山陰合同銀行からの派遣をお願いし、現在、雲南支店支店長の原田正俊氏が就任されることになりましたので、御報告申し上げます。  また、市内で営巣している国の天然記念物のコウノトリが本格的な抱卵に入った様子であります。

雲南市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第6日 3月 6日)

このSAKURAマルシェの出店状況につきましては、先日、松林議員の会派代表質問でも御質問があって、お答えをしたところでございます。今年度の建設工事でございますが、お答えさせていただいておりますように、2カ月から3カ月の遅延となったところでございます。

雲南市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会(第5日 3月 5日)

1から3の質問については、会派代表質問で2番議員から、また昨日の18番議員からの質問があり、市立病院については5月2日を診療日とし、4月29日は一部診療科の外来予定を受け付け、ケーブルテレビ等で予告するとのことでした。また、保育所については具体策を検討中とのことで理解しましたので、これについては取り下げます。  4番目の住民票交付や印鑑証明書等の交付についてはどのように考えていらっしゃるのか。

大田市議会 2019-03-04 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

第4条、会派については今後の課題といたし、第5条の市民参加の取り組みでは、議会報告会以外では議員個々の取り組みに差がある。また、他市で事例のある議会の土日開催、夜間開催については、調査をする必要がある。公聴会制度や参考人制度の活用、議員個々の報告会や市内各種団体との意見交換会などの開催という意見があったところでございます。

雲南市議会 2019-03-04 平成31年 3月定例会(第4日 3月 4日)

次期の対策について市の姿勢を伺うと通告しておりましたが、これについては会派代表質問でもあり、農林振興部長のほうから次期対策として遡及返還免除要件の緩和、事務処理の一層の軽減化、広域化など加算制度の拡充などを国に対して働きかけるとの答弁があったところでございます。  そこで、その答弁に対して伺いたいと思います。  

雲南市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会(第3日 3月 1日)

─────────────・───・───────────── ◎日程第1 会派代表質問 ○議長(山﨑 正幸君) 日程第1、会派代表質問を行います。  質問の通告があっておりますので、順次発言を許します。  明誠会代表、議席番号2番、中林孝君。 ○議員(2番 中林 孝君) 2番、中林孝でございます。  本日は、明誠会を代表いたしまして会派代表質問を行います。

松江市議会 2019-02-01 平成31年第1回 2月定例会

3月18日の委員会では、2月に提示された3つの議場レイアウト案に対する意見及びその他の議会関係諸室に対する要望など、各会派において取りまとめられた意見のうち主なものについて各委員から報告がありました。 

雲南市議会 2018-12-14 平成30年12月定例会(第7日12月14日)

1、議長は会派を離脱し、中立の立場を堅持すること。2、定数減によって議員活動の重みが増す事務局体制を縮小してはならない。事務局体制を強化すること。3、議会に対する住民の関心の低さがなり手不足に拍車をかけているので、議会報告会等のあり方を検討すること。例えば議会報告の日は半日程度、事前に地域の実情把握視察等を行うなど、議会側が市民に寄り添う意気込みが望まれる。自主組織等と連携を図ることなど。

出雲市議会 2018-12-10 平成30年度第3回定例会(第5号12月10日)

所属する会派は政雲クラブでございます。早速、事前にお知らせをいたしました項目に従って質問をさせていただきます。  まず1項目めは、外国籍の住民の方々が急激に増加していることに関連してお伺いをさせていただきます。  国会のほうでは、入国管理法の改正が審議されています。私の質問はこのこととは関連をしませんので、あらかじめご理解をいただきたいと思います。  

雲南市議会 2018-12-04 平成30年12月定例会(第4日12月 4日)

会派明誠会でも、そうした現状認識のもと先進地視察と研修を踏まえまして、先般、政策提案をしたところです。問題なのは、林業政策がどこへ向かっているのか、市の林業をどうしたいのかがはっきりしていないことではないかと思います。施策が全体的統一性を有していないのではないか。ことし、農業ビジョンが策定され、米、園芸作物、畜産の3本柱の具体が目標数値をもって示され、進むべき道がわかるようになりました。

江津市議会 2018-12-01 平成30年12月(第4回)定例会

このことを会派、党派を超えた共通の私は認識になっているので思います。ぜひ、皆さん、この意見書を採択して江津市議会として意思を明確にしていこうではありませんか。皆さんの賛成をお願いして賛成討論を終わります。 ○議長(森脇悦朗) これに反対の御意見はありませんか。 8番山根議員。              〔8番 山根兼三郎 登壇〕 ◆8番(山根兼三郎) 政友クラブの山根兼三郎です。 

松江市議会 2018-11-01 平成30年第4回11月定例会

議案1件、陳情1件につきまして、会派を代表いたしまして、委員長報告に対し賛成の討論を行います。 まず初めに、議第191号「平成30年度松江市一般会計補正予算(第3号)」についてです。 観光産業の拡大としてインバウンド観光の促進に向け夜間の消費活動喚起につながるライトアップなど、夜の魅力向上に官民連携で取り組み、今後ますます重要となる国際交流に貢献する施策であり、評価するものです。 

出雲市議会 2018-09-27 平成30年度第2回定例会(第6号 9月27日)

今年度は、本委員会での議論がある程度成熟した時点で、市民と対話を行い、様々な意見を聞きたいという考えがあったことから、5月24日に開催された第2回の委員会において、自治協会、経済団体、福祉団体等の代表者を参考人として招致し、意見を伺い、これを会派に持ち帰り、各会派での最終的な意見を委員会へ提出することとしたところでございます。  

雲南市議会 2018-09-05 平成30年 9月定例会(第3日 9月 5日)

先般、7月に会派フォーラム志民でホシザキ株式会社を表敬訪問をさせていただきました。昨年、ホシザキ操業70周年を記念し発行された「ナンバーワンヘの挑戦」と題した本をいただき、拝読をさせていただき、改めて雲南市とホシザキの強いつながりや、坂本様の強い愛郷心を再認識させていただき、今回はそうしたことを念頭に置き、質問させていただきます。  

雲南市議会 2018-09-04 平成30年 9月定例会(第2日 9月 4日)

先般、我々の会派フォーラム志民で愛知県豊田市のほうに視察に出かけました。そこでは、自主防災会の取り組みについて研修してまいりました。豊田市では、自主防災組織、市内327団体で結成率100%でありました。そこの中でとても参考になる支援策、これを展開されていましたのでここで紹介したいと思います。  自主防災会への支援で3点あります。

出雲市議会 2018-09-03 平成30年度第2回定例会(第2号 9月 3日)

うちの会派の2人が、あらまたやるかねというふうな言葉をかけて応援をしてくれましたけれども、私もこれ何としてもやってもらいたいなという強い強い思いで、この間は呉市のことを行かれた業者の人に直接会う機会がありまして、その話を聞かせていただきまして、やっぱり全国から応援に行かれたボランティアの方たちも、まさかここで温かいお茶や何かがいただけたり、そういったことができると思っていなかったと、大変喜んでいただいたということで

浜田市議会 2018-09-01 平成30年 9月 予算決算委員会

◆小川委員 さっき4事業の、個別に事業名を述べられましたけど、それは1項目と3項目のみですよね、ここの6項目のうちの3と1に関連した部分だけだったんですけども、例えばわからんのは2番目の代表監査委員より指摘のあった項目、こういったことについて、例えば我が会派の中でも議論するんですが、どこのことを言っとられるんだろうか全然わからんのですよ、どういう項目を指摘されたっていうことをここの中で言わんとしとるんかっていうことがね

江津市議会 2018-09-01 平成30年 9月(第3回)定例会

江津市議会では、各定例会において各会派単位で意見書案を提案し、議会運営委員会での協議により議員発議で提案し採択をしています。全会一致を模索し、追求することこそ江津市議会の役割ではないでしょうか。意見の違いを調整する時間もタイミングもこの間十分ございました。三江線沿線各市町も三江線廃止が議論となっていたころ、ローカル線廃止は地方創生に逆行するとたびたび述べておられました。

松江市議会 2018-09-01 平成30年第3回 9月定例会

会派を代表して今議会に提案された案件のうち、条例案件3件、陳情1件、決算案件5件について委員長報告に反対の討論を行います。 まず初めに、条例案件についてです。 議第162号「松江市地方活力向上地域における固定資産税の不均一課税に関する条例の一部改正について」です。 

出雲市議会 2018-06-28 平成30年度第1回定例会(第5号 6月28日)

全ての議員及び会派においても、この子ども医療費の問題は将来的に重要であるとの認識かあると思っております。  子どもの医療費助成について、私は決して今以上の支援は必要ないと言っているわけではございません。大事なことは、出雲市の限られた予算の中で必要な財源をいかに生み出すのかが重要であります。