17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

雲南市議会 2018-09-26 平成30年 9月定例会(第5日 9月26日)

する条例について  議案第67号 雲南高齢者コミュニティセンター条例の一部を改正する条例について  議案第68号 公用車更新事業給食保冷配送車購入契約について  議案第75号 平成30年度雲南国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)  議案第76号 平成30年度雲南後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)  議案第78号 平成30年度雲南病院事業会計補正予算(第1号)  本委員会は、平成

出雲市議会 2017-09-04 平成29年度第3回定例会(第2号 9月 4日)

出雲においては、今年3月、他における支所の見直しにかかわる事例調査、これはどうも全国278から回答を得たようでございますが、が実施をされています。  これによると、言うまでもなく、組織・業務の見直しについては、ほとんどので実施をされています。

出雲市議会 2016-06-10 平成28年度第1回定例会(第3号 6月10日)

としても、こうした調査結果を参考にしながら、人材の確保・定着につながる適正な介護報酬を設定するよう引き続き国に要望していく考えでございます。  次に、国、県、の役割の中で、としての人材確保・定着をどう取り組むかというご質問でございます。  

益田市議会 2015-12-15 平成27年12月15日 一般会計予算審査委員会-12月15日−01号

その阿部支店長は、皆さん御存じのように伊丹空港が運休になったときのネットワーク戦略部の部長さんで、私も7年前から、そのときからずっと懇意にさせていただいております。そういった形の中で、あらゆる全日空に関係する方を私も部長やって長いですので、そういう関係の輪が広がっておるという状況で、全日空側も好感触は得ていただいておるというふうに思っております。

大田市議会 2015-12-03 平成27年第 6回定例会(第2日12月 3日)

1例目、兵庫県伊丹と埼玉県の越谷では、総合計画とのリンクを重視して、それぞれ17年間と16年間の計画期間とされております。  それから広島県安芸高田では、計画期間を20年間とし、5年以内の取り組みは行財政改革として実施し、10年から20年以内の取り組みは施設類型ごとに個別計画を策定し実施するというような例がありました。参考にしていただければと思います。  

益田市議会 2014-02-28 平成26年第507回 3月定例会-02月28日−01号

第5 議第 7号 平成26年度益田施設貸付事業特別会計予算 第6 議第 8号 平成26年度益田介護保険特別会計予算 第7 議第 9号 平成26年度益田国民健康保険事業特別会計予算 第8 議第10号 平成26年度益田後期高齢者医療特別会計予算 第9 議第11号 平成26年度益田簡易水道事業特別会計予算 第10 議第12号 平成26年度益田市有林事業特別会計予算 第11 議第13号 平成26

益田市議会 2012-09-21 平成24年 9月21日 経済委員会-09月21日−01号

2号     ※会議録 P1〜P2 2 議第 91 号 平成24年度益田市有林事業特別会計補正予算第1号     ※会議録 P2〜P3 3 議第 92 号 平成24年度益田造林受託事業特別会計補正予算第1号     ※会議録 P3〜P4 4 議第 93 号 平成24年度益田匹見財産区特別会計補正予算第1号     ※会議録 P4 5 認定第 7 号 平成23年度益田国営土地改良事業特別会計歳入歳出決算

益田市議会 2011-12-13 平成23年12月13日 経済委員会-12月13日−01号

3号(資料あり)     ※会議録 P1〜P8 2 議第 102 号  平成23年度益田市有林事業特別会計補正予算第1号     ※会議録 P8〜P9 3 議第 103 号  平成23年度益田造林受託事業特別会計補正予算第2号     ※会議録 P9〜P13 4 議第 104 号  平成23年度益田匹見財産区特別会計補正予算第2号     ※会議録 P13〜P14 5 議第 105 号

出雲市議会 2011-12-07 平成23年度第6回定例会(第2号12月 7日)

は、空中散布については、その絶対の安全性が確立するまでは実施しないとしています。絶対安全な空中散布とは、どのような条件がクリアされることなのでしょうか。の基準をお伺いをいたします。  平成20年(2008)5月の健康被害を受けて、で設置されたのが健康被害原因調査委員会です。

益田市議会 2007-10-02 平成19年第452回 9月定例会-10月02日−03号

とりわけ益田は県内有数の高齢化率の高いであります。ぜひともお年寄りが、市民が安心をして暮らせる社会の構築に向けて、の取り組みをぜひともお願いしたいと思います。  最後に、市長の御決意をお聞かせいただいて、私の質問を終わりたいと思います。よろしくお願いいたします。 ○議長(安達幾夫君) 牛尾市長。

出雲市議会 2006-02-22 平成18年度第4回定例会(第2号 2月22日)

出雲の市政について、今、最も市民の関心が高いのは財政についてであります。地方自治体が財政的に破綻するなどということは、従来は考えられなかったことでありますが、北海道夕張の事例が報道されるにつれ、我がはどうなのかという関心は以前にも増して深まってきております。このような市民の心配、関心には十分な説明を行い、理解を得ることが何より大切であると思います。

  • 1