1299件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田市議会 2019-03-22 平成31年第 2回定例会(第5日 3月22日)

また、日本遺産認定推進事業については、早ければ今年5月認定の可能性もあるが、認定になれば3年間で約6,000万円が文化庁から交付される見込みであり、これをどう生かすかは今後の課題である。認定に合わせ、事業企画等を検討したいとの答弁でございました。  

奥出雲町議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第4日 3月20日)

次に、議案第13号、奥出雲町町道路線の認定について。  審査概要、新たに町道と認定して維持管理をするため認定するものであります。これは現地視察を行いました。本路線は、八川839番10地先を起点とし、八川822番7を終点とする延長118メートル、幅員3メートルから5メートルの三森原上線支線1号であります。

雲南市議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会(第7日 3月20日)

の制定について  議案第 9号 雲南市個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部を改正する条例について  議案第10号 雲南市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例について  議案第11号 雲南市総合保健福祉計画策定委員会条例の一部を改正する条例について  議案第12号 雲南市地域包括支援センターの人員及び運営に関する基準を定める条例の制定について  議案第13号 雲南市立認定

奥出雲町議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第3日 3月14日)

地域包括ケアシステムとは、地域の実情に応じ、高齢者が可能な限り住みなれた地域で、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、医療、介護介護予防、住まい及び自立した日常生活の支援が包括的に確保される体制でございます。  

奥出雲町議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第2日 3月13日)

御承知のとおり、介護保険は介護を要する状態になってもできる限り自宅で自立した日常生活が送られるように真に必要な介護サービスを総合的、一体的に提供する仕組みであり、40歳以上の全国民で公平に制度を支えるものであります。  

大田市議会 2019-03-11 平成31年第 2回定例会(第4日 3月11日)

平成31年3月11日(月)午前9時開議  第1 上程議案に対する質疑      議案第 74号 平成31年度大田市一般会計予算      議案第 75号 平成31年度大田市国民健康保険事業特別会計予算      議案第 76号 平成31年度大田市国民健康保険診療所事業特別会計予算      議案第 77号 平成31年度大田市後期高齢者医療事業特別会計予算      議案第 78号 平成31年度大田市介護保険事業特別会計予算

大田市議会 2019-03-07 平成31年第 2回定例会(第2日 3月 7日)

なお、届け出が必要な回数は1カ月当たり、要介護1で27回以上、要介護2で34回以上、要介護3で43回以上、要介護4で38回以上、要介護5で31回以上となっております。  御質問の当市における届け出件数でございますが、制度がスタートしまして5カ月が経過した平成31年2月末現在では0件、ないという状況でございます。  

雲南市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第6日 3月 6日)

雲南市に限らず国全体で、先ほども議員からもありました人口減少、少子高齢化が進み、厳しい経済・財政状況が年金や医療、介護保険を初めとする社会保障制度は、当初の水準を維持することが困難となり、給付の抑制あるいは国民の負担増へと向かう改革が行われているところであります。

大田市議会 2019-03-04 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

介護保険につきましては、高齢者福祉計画・第7期介護保険事業計画に基づき、高齢者が住みなれた地域で自立した生活を継続できるよう、介護サービスの提供や、介護予防、高齢者虐待の防止、認知症高齢者への支援などの各種事業に取り組んでまいります。  市内13地区で実施されております高齢者の通いの場づくりが、介護予防給付費の低減に効果を発揮していることから、実施地区拡大の取り組みをさらに進めてまいります。  

雲南市議会 2019-03-04 平成31年 3月定例会(第4日 3月 4日)

○農林振興部長(日野 誠君) 平成30年度と31年度で実施予定の農業担い手フォローアップ事業でございますけども、平成24年、25年度に認定農業者を対象として25万円を補助する第1期農業担い手ステップアップ事業の実施から対象や要件を見直し現在4期目を迎え、途切れることなく継続実施しているところでございます。  

江津市議会 2019-03-01 平成31年 3月(第1回)定例会

          建設厚生委員会委員長報告第4 議案第18号 新市建設計画の変更について   議案第19号 公の施設に係る指定管理者の指定について          総務文教委員会委員長報告第5 議案第20号 江津市と邑智郡総合事務組合とのし尿処理事業に関する事務の事務委託に関する規約の廃止について   議案第21号 財産の処分について   議案第22号 市道の路線の廃止について   議案第23号 市道の路線の認定

雲南市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会(第3日 3月 1日)

保育短時間から保育標準時間への移行が増加するとの想定については、保育時間の認定は保護者の就労時間により保育所の利用時間を認定するものでございます。月120時間以上の就労があれば保育標準時間、月48時間から120時間未満の就労であれば保育短時間と判定しております。保育標準時間でありますと、最長11時間の利用が可能となります。保育短時間であれば8時間の利用となります。  

雲南市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第1日 2月27日)

また、生活支援コーディネーターが地域の皆様の心身の健康に気を配る活動やショッピングカートを活用した買い物リハビリの活動など、若者が地域社会を元気にしていく健康づくりや介護予防に向けた本市の取り組みについても1月9日の全国紙で大きく取り上げられたところであります。  

奥出雲町議会 2018-12-21 平成30年第4回定例会(第4日12月21日)

条例制定について  日程第4 議案第86号 奥出雲町職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例制定について  日程第5 議案第87号 奥出雲町消防団条例の一部を改正する条例制定について  日程第6 議案第88号 奥出雲町税条例等の一部を改正する条例の一部を改正する条例制定について  日程第7 議案第89号 雲南広域連合規約の一部を変更する規約について  日程第8 議案第99号 奥出雲町町道路線の認定

出雲市議会 2018-12-20 平成30年度第3回定例会(第6号12月20日)

51号 工事請負契約の締結について(旧神西清掃工場解体工事)    議第 52号 財産の無償貸付の一部変更について(出雲市ご縁広場物販・飲食施           設及び駐車場の用地)    議第 53号 字の区域の廃止について(県営中山間地域総合整備事業 佐田地区           須佐工区)    議第 54号 字の区域の廃止について(地籍調査事業 反邊地区)    議第 55号 市道路線の認定

大田市議会 2018-12-17 平成30年第 5回定例会(第5日12月17日)

保育料の場合は、父か母の収入が少ない場合は、家計を支えている主宰者を認定して保育料を計算する。児童扶養手当の場合は、民法でいう扶養義務者になる。直系の生計を同じくしている方の所得になり、制度によって異なるとの答弁でした。  次に、職員の処分についてはとの質疑に、11月30日、書面により処分をしている。担当者2名、上司4名を処分しているとの答弁でした。  

奥出雲町議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3日12月11日)

税金の障害者控除認定についてであります。  所得税、住民税の申告で認められております障害者控除は、精神障害者手帳や身体障害者手帳、戦傷病者手帳をお持ちの方だけではなく、障害をお持ちの方と同等と認められ、障害者手帳を持たない65歳以上の方などでも所定の認定申請などの手続により対象になることが税法で定められ、町長名で認定書が発行されているものです。  

出雲市議会 2018-12-10 平成30年度第3回定例会(第5号12月10日)

51号 工事請負契約の締結について(旧神西清掃工場解体工事)    議第 52号 財産の無償貸付の一部変更について(出雲市ご縁広場物販・飲食施           設及び駐車場の用地)    議第 53号 字の区域の廃止について(県営中山間地域総合整備事業 佐田地区           須佐工区)    議第 54号 字の区域の廃止について(地籍調査事業 反邊地区)    議第 55号 市道路線の認定

大田市議会 2018-12-07 平成30年第 5回定例会(第3日12月 7日)

現在、政府は2019年10月から消費税増税に伴う増収分などを活用し、3歳から5歳までの幼稚園、保育園、認定こども園の保育料無償化を実施する予定です。小規模保育や家庭的保育、居宅訪問型保育及び事業所内保育の地域型の保育も無償化の対象としています。  保育料は多くの自治体で軽減策がとられているものの、国の基準が高過ぎるため、子育て世帯の家計を圧迫しています。