53件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第2日 6月11日)

本当に信頼できる方だというふうな印象です。接客も非常に上手じゃないかと思いました。  今後の改善を期待いたしますが、玉峰山荘に関していえば、本当、町内で最も観光客の厳しい目にさらされる職場。逆の立場でこちらが旅行したときに、一番その旅行が楽しかったか、そうでなかったか、その地に行って一番印象に残るのは人だと思うんで、やっぱり接客というのは非常に重要なポイントです。

雲南市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会(第3日 3月 1日)

都会と地方との格差が進んでしまうということで、場合によってはこういう端末についての補正予算を組んで事業者向けの支援が早急に必要ではないかというふうに思います。いずれこれはキャッシュレス決済が来るということを見越せば、そういう中小企業対策も必要ではないかというふうに思います。  それから、先ほど保育無償化については大変御丁寧にたくさんの問いに答えていただきました。  

大田市議会 2015-12-04 平成27年第 6回定例会(第3日12月 4日)

○8番(松村信之) そのようにして若い人も育てながら検討に入っていただきたい進行管理をしていただきたいというふうに思います。  次に、財源について伺います。  私は、この質問をするに際しまして、あちこちの地方創生に対する思いを調べました。私自身反省しなくてはいけないということがございます。他市では、国に対し必要な財源を確保すること。

益田市議会 2015-03-06 平成27年第513回 3月定例会-03月06日−02号

だが、いざ行動に移すとなると、冠婚葬祭、しきたりなどの不安もあり、こうした懸念を払拭するには、期間限定のお客さんとして移住してもらう方法です。そのために、移住者を飽きさせない工夫が必要となります。  では、どうするか。高齢者の移住による人口増加策の推進であります。長期滞在型リゾート、老人コミュニティー大学の融合構想であります。

大田市議会 2013-09-05 平成25年第 3回定例会(第2日 9月 5日)

でも、それを合わせていくと年間どうか、はっきりとは申しませんが、幾らかの報酬が充てられていってもおかしくないと。それが10年もしたら大きな金額になっていくというような思いの中から、今まではなかなか、先ほど申しましたように、港に漂着するいわゆる漂流物は漁民が力を合わせて清掃してきたんです。清掃すると、陸揚げするといっても、とりあえず港のエプロンに揚げるわけです。エプロンは荷揚げ場なんですよ。

奥出雲町議会 2013-06-19 平成25年第2回定例会(第2日 6月19日)

だが、ちょっと世の中の状況、皆さんの思いはすべてメリットばかりというふうな感覚では今ないんじゃないかというふうに思っておりまして、万が一そういうデメリット的なものが出た場合の町として住民の皆さんの生活を安定させていくためにどのようなことをお考えか、あれば御答弁をお願いいたします。 ○議長(景山 孝志君) 井上町長。

大田市議会 2013-06-14 平成25年第 2回定例会(第3日 6月14日)

戻りますけれども、大森全体につきましては、いわゆる人口減少が少し底を打ってふえるほうに転じつつあるのかという状況でございます。以上でございます。 ○副議長(中西義昭) 吾郷浩之議員。 ○3番(吾郷浩之) 地元の企業の皆様の御努力により雇用面を中心に少しずつふえつつもあるのかというふうに感じておるところでございます。  

大田市議会 2012-06-12 平成24年第 3回定例会(第3日 6月12日)

だが、平仮名で入れますと、一番に出てくるのは我が大田ブランドでございます。その辺のところ、本当に売りに歩こう、誇りを持って商品を全国に売って歩こうということでしたら、この庁内も漢字ではなく、幾ら施策の中で漢字を使われておっても、一つの統一見解というものがあってもしかりではないかと私は思っております。  次に、それをどう売りに歩くかということについて質問させていただきます。  

出雲市議会 2012-02-25 平成24年度第5回定例会(第4号 2月25日)

だが、しかし、今、農業におきましては、一番問題になっておりますのは、高齢化の極度の崩壊でございます。特に、園芸作物、専業農家等を見ますと、もう、ほんと2~3年の間に、離農者の拡大が大きな問題になろうというような状況下にあるところでございます。  

益田市議会 2011-12-08 平成23年第491回12月定例会-12月08日−03号

せっかくのこれだけの企画でありながら、この戦略会議という名前に基づいて考えますと、若干取り組みとしてどうなのか、雨に降られたら5分の1になってしまう計画なのかというふうなところが不安を抱いてなりませんけれども、そこの辺のお考えはどうでしょうか。 ○議長(石田米治君) 堀江産業経済部長

出雲市議会 2011-06-20 平成23年度第2回定例会(第3号 6月20日)

だが初日、黒目副市長さんから重ねて議会への謝罪や職員の叱責もあり、これ以上申しあげません。この判断は、最終的には市民が個々に行うべきだと考えます。この件について、市民への経緯の説明や謝罪をどのように行うのでしょうか、お聞きいたします。 ○議 長(宮本 享君) 曽田地域振興調整監。

大田市議会 2011-03-08 平成23年第 2回定例会(第3日 3月 8日)

財政改革はしなくてはいけないとわかっていながら、だがサービスの低下は御免だなどの声も聞きますし、市民の皆さんは非常に関心を持っておられます。新年度において6つの基本方針の全体像とともに、その中でも少し市民との協働のまちづくりの推進について、市民の声とか、その評価の仕方をどのように進められるのかについて、重きを置いた御答弁をいただければよいと思います。