730件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第2日 9月11日)

しかし、移行での雇用労働条件が決まる重要な局面である本会議では、安心して働き続けられるのか、給料手当などはどうなるのかなど、雇用労働条件について不安、誰がやっても1年でできる仕事という制度なのか、所見を伺います。 ○議長(藤原 充博君) 勝田町長。 ○町長(勝田 康則君) 御質問にお答えをいたします。  

奥出雲町議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第1日 9月10日)

帰省お仕事の都合でお出かけにくい方もいらっしゃると思いますが、改めて新成人の皆様、関係の皆様には御案内をさせていただきますので、多数の皆様に御参加いただきたいと思います。  また、夏休みを利用して開催されました各種大会におきまして、奥出雲町の子供たちが活躍しました。

奥出雲町議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第2日 6月11日)

そして無償化措置は、教育子育ての切実な願いを逆手にとり、増税と引きかにするものであり、内閣府が検討の場はなかったと答弁したように、矛盾があります。保護者保育関係者の安心、安全保育をという願いに応えるためには、保育の質、量の確保をしながら保護者の負担軽減を進めるべきです。無償化は低所得世帯への恩恵は少ないことが明らかです。

雲南市議会 2019-06-04 令和元年 6月定例会(第2日 6月 4日)

そのため、幼児期においては身体教育医学研究所うんなんと連携した運動プログラムの実施、市内においては小学生によるスポーツ少年団の活動が活発に行われておりますので、こうしたスポーツ少年団活動総合型スポーツクラブ、県体育協会各種競技団体とも連携を図っていく必要があるというふうに考えております。 ○議長(山﨑 正幸君) 佐藤隆司君。

大田市議会 2019-03-22 平成31年第 2回定例会(第5日 3月22日)

続いて、総務部総務課では、多文化共生事業に対し、事業の趣旨内容、タブレットアプリの利用を考えているのかの質疑に対し、この事業は多文化共生社会の実現に向けて取り組むもので、在住外国人への実態把握のためのアンケートの実施推進計画の策定、国際交流員の配置、講座交流会の開催などの事業のほかに、外国人対応タブレット端末使用料なども検討しているとの答弁に、外国人に対するアンケート調査タブレットの活用はなかなか

奥出雲町議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第4日 3月20日)

教育福祉予算委員会委員長から施設の雨漏り状況及び建てか計画並びに償還残額について確認した小委員会における審査報告を受けた後、全体審査を行いました。  議案第25号、平成31年度奥出雲町介護サービス事業特別会計予算提出について。全体質疑ではあいサンホームの空き室状況について確認された。3億8,031万円の歳入歳出予算で、対前年度比89万円減額となっています。

雲南市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第6日 3月 6日)

高校建てかは、学校施設整備基本計画をまず策定することが急務だと思っております。仮に策定されても、基本計画、実施設計、予算審査等、段階を通れば最低でも3年はかかるというふうに思っております。現在、中期財政計画と実施計画、平成35年までですが、盛り込まれてはいないわけで、最短でも平成36年度以降になると私は思わせていただきました。

雲南市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会(第5日 3月 5日)

仕事量はふえる一方で、その分をITの活用、民間委託、指定管理臨時職員で補うといった実態に流れております。したがって、以前よりきめ細やかな職員評価、育成適正な人員配置が必要であり、職員能力引き出し、自発性を喚起して士気を高め、能力、適性を行革まちづくりに生かしていく仕掛けが求められます。

雲南市議会 2019-03-04 平成31年 3月定例会(第4日 3月 4日)

皆さんに迷惑かけけんやめえわというのが非常にふえてきております。特に私はこの遡及返還の件につきましては、強く強く引き続き国に求めていただきたいということを重ねて申し上げたいと思っております。本当に皆さん口々に、この制度がなくなったら本当に守れえだあかと皆さんおっしゃっています。非常に有効的なこの中山間地域等直接支払制度であります。

大田市議会 2019-03-04 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

あわせて、このたび策定します大田市立地適正化計画に基づき、市街地への居住誘導都市機能の集積を図るための具体策を検討してまいります。  街路整備につきましては、本年度より着手しております大田高校そばの菜洗橋のかけか工事を2020年度中の完成を目指し、着実に進めてまいります。  

雲南市議会 2018-12-14 平成30年12月定例会(第7日12月14日)

県単ため池安全確保事業から農業水路等長寿命化・防災減災事業への振りかは事業の名称変更なのかとの質疑に対し、県単ため池安全確保事業は残っているが、国により新規に創設され、より有利な財源を活用するため本条例を制定する。今後は、採択要件により県単ため池安全確保事業との二本立てで事業実施をするとの答弁でした。  議案第90号、雲南市下水道事業受益者負担に関する条例等の一部を改正する条例について。

奥出雲町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日12月10日)

その改善のためには、教職員をふやすことはもとより、部活動の外部指導員の活用、スクールサポートスタッフを大規模校だけではなく全ての学校に配置することといった人の面の支援、校務支援システムなどのICTの活用給食費の公会計化などのソフト面の支援、会議業務の効率化学校閉庁日の設定などの運営面での支援などを確実に進めていくことが大事であると考えております。