17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大田市議会 2018-06-08 平成30年第 3回定例会(第1日 6月 8日)

続いて、議事に入り、事務報告を承認の後、各県支部から提出された15議案をいずれも原案どおり可決し、そのうち、島根支部提出の山陰への高速鉄道の実現について外2議案を、全国市議会議長会定期総会提出議案として決定、残る12議案については、中国市議会議長会として、それぞれ関係機関に対し、強力にその実施方を要望することになりました。  

雲南市議会 2018-03-05 平成30年 3月定例会(第3日 3月 5日)

これは、山陰地域を縦貫し、近畿と結ぶ山陰新幹線の早期実現を目指す活動として、2府5県52市町村で構成される山陰縦貫・超高速鉄道整備推進市町村会議により主催されました。この構成員の市長として、現実に向けての見通しについて伺います。  次に、県道出雲三刀屋線は、起点の出雲市の国道9号から雲南市三刀屋町の国道54号を結ぶ総延長15.7キロメートルの主要地方道です。

大田市議会 2017-11-20 平成29年第 4回臨時会(第1日11月20日)

このうち中国市議会議長会臨時総会提出議案として、江津市提出の、道路整備の国庫補助率嵩上げ措置継続について、及び松江市提出の、山陰への高速鉄道の実現についての2件を決定し、残る7議案については、島根県市議会議長会の名において、関係機関にその実現方を要望することになりました。  終わりに、次期開催市を雲南市に決定し、閉会いたしました。  

出雲市議会 2016-06-13 平成28年度第1回定例会(第4号 6月13日)

圏域の最重要テーマとして、道路・高速鉄道の整備について取り組む必要があると考えるが、いかがでしょうか。  地域高規格道路、境港出雲道路について、それと新幹線構想、舞鶴から出雲市へでございます。  インドとの経済交流、フランスでの食品見本市が計画されているが、人口が爆発的に増加すると見込まれ、今後も経済は著しく発展すると予想される東南アジアになぜ目を向けないのか。  

益田市議会 2016-03-18 平成28年 3月18日 一般会計予算審査委員会-03月18日−01号

説明書の概要書のほうの17ページの一番下に書いてあります、山陰縦貫・超高速鉄道整備推進市町村会議負担金、わずかではありますけれども、この加盟市町村数と、5万円は各自治体統一金額なのかどうかということと、これ今何をどのように話しておられるのか、状況を聞かせてください。

松江市議会 2015-06-01 平成27年第3回 6月定例会

─────────────────────── △日程第6 議員提出議案第5号 山陰への高速鉄道の実現を求める意見書について      (提案説明、質疑、討論、採決) ○議長(山本勝太郎) 日程第6、議員提出議案第5号「山陰への高速鉄道の実現を求める意見書について」を議題といたします。 提出者の説明を求めます。 18番吉金隆議員。 

出雲市議会 2015-02-24 平成27年度第5回定例会(第2号 2月24日)

国全体の将来的な発展を支える国土軸の一つとしても、山陰新幹線というのは必要だということでございまして、その辺をご理解をいただくよう、今後も働きかけてまいりたいと思いますが、現在、山陰新幹線については、2府4県における市町村で構成する山陰縦貫・超高速鉄道整備推進市町村会議に、出雲市も参画しているところでございます。  

益田市議会 2014-03-20 平成26年 3月20日 一般会計予算審査委員会-03月20日−01号

それと、2点目の山陰縦貫・超高速鉄道整備推進市町村会議につきましても、50の自治体が参加しまして、この鉄道整備について今後検討、調査を進めていくということとしております。 ◆大賀委員 今、加入されて活動されるということなんですけども、益田市にとってどうかということを考えなければならないと思うんですけども、幸せリーグでどういったことが益田市にとってメリットとしてあるのか。  

出雲市議会 2014-02-24 平成26年度第4回定例会(第2号 2月24日)

山陰新幹線については、島根県をはじめ大阪府、京都府、兵庫県、鳥取県、山口県の2府4県における新幹線整備に賛同する市町村で構成する山陰縦貫・超高速鉄道整備推進市町村会議に参画し、私も昨年この会議に出席をさせていただきました。この会議を通じて要望活動、啓発活動のほか、整備にかかる費用、経済効果等の調査・研究を行っているところであります。  

大田市議会 2013-12-03 平成25年第 5回定例会(第1日12月 3日)

その後、環日本海経済交流について及び高速道路網及び高速鉄道網の整備について、それぞれ意見交換が行われ、この中で高速交通網の早期整備を求める決議案が提示され、満場一致でこれを承認いたしました。  終わりに、次回の開催地を鳥取県米子市とすることとし、閉会いたしました。  

益田市議会 2013-06-14 平成25年第501回 6月定例会-06月14日−03号

次には、高速鉄道網の整備といったようなことも取り沙汰されております。しかし、この西部地域、特にこの益田圏域においては、山陰道三隅・益田間は何とか目に見える状態になったとはいえ、益田・萩間においてはまだまだ手探りの状況であります。しかしながら、きのうの答弁を聞いておりますと、多少何かつかめたものがあるのではないかというようなところも見えております。  

出雲市議会 2013-05-30 平成25年度第2回定例会(第2号 5月30日)

特に、山陰新幹線については、本年6月、島根県をはじめ大阪府、京都府、兵庫県、鳥取県、山口県の2府4県における新幹線整備に賛同する市町村で構成する「山陰縦貫・超高速鉄道整備推進市町村会議、仮称でございますけれども、そういう組織が設立されることになっております。出雲市もここに参画し、しっかりとした運動を展開してまいりたいと思っております。  

出雲市議会 2013-02-24 平成25年度第5回定例会(第2号 2月24日)

参画する二つ目の団体は、昨年6月に設立されました「山陰縦貫・超高速鉄道整備推進市町村会議」でございます。  この会議は、島根県をはじめ大阪府、京都府、福井県、兵庫県、鳥取県、山口県の2府5県における新幹線整備に賛同する50の市町村で構成をされております。  設立にあたっては、発起人のひとりである松江市と設立の趣旨や必要性について協議し、本市も参画することとしたところでございます。  

出雲市議会 2012-02-26 平成24年度第5回定例会(第5号 2月26日)

中でも、高速鉄道が未整備の山陰地方におきましては、首都圏や関西圏からの航空アクセスのよさは生命線とも言えると思います。  就航率につきましては、気象条件によりまして年度によって異なりますが、出雲空港の過去3か年平均の就航率は98.5%でございます。特に東京便は99%を上回っており、近くの米子空港とほぼ同等の水準であると考えております。  

出雲市議会 2011-12-07 平成23年度第6回定例会(第2号12月 7日)

続きまして、高速鉄道について、お伺いをいたします。  一般的に新幹線など時速200キロ以上で走行する列車を高速鉄道と呼ぶようであります。今年3月12日、九州新幹線が全線開通いたしました。新大阪から鹿児島まで3時間45分で行けるそうであります。出雲市と新大阪、これをやくもと新幹線を使って行きますと、4時間ぐらいかかります。

大田市議会 2004-06-03 平成16年第403回定例会(第1号 6月 3日)

4月からは、高速鉄道が開通し、ソウルからテジョン間が1時間、プサン-テジョン間が1時40分と便利になるとの説明でありました。  1987年に姉妹縁組を締結して以来、中学生の相互訪問や文化交流などが行われてきました。都市の規模は異なりますが、今後も経済交流やスポーツ、文化など幅広い分野で市民レベルの交流が一層広がることを切に希望いたします。  

  • 1