66件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

益田市議会 2021-03-08 03月08日-04号

市長が示されました令和3年度施政方針、この中に同僚議員からの質問もございましたが、魅力ある市街地形成においては、中心市街地における都市計画道路町人麿線須子線沿道整備を推進しますとありますが、私はかねてより益田川左岸北部南部区画整理事業については、市長も総会は毎年御出席をいただいてお話をいただいて、我々も同席しながらこの事業がスムーズに進捗することを願っているわけなんですが、どうもこの県道益田港線

益田市議会 2021-03-05 03月05日-03号

また、須子小浜間が益田西道路として令和2年度新規事業化され、現在道路設計のための測量、地質調査等が進められております。 益田西道路における地籍調査進捗状況でございますが、令和2年度をもって(仮称須子インターチェンジから(仮称戸田インターチェンジまでの間における境界の調査が完了するところでございます。

益田市議会 2021-03-04 03月04日-02号

また、須子小浜間が益田西道路として令和2年度より新規事業化され、調査業務が進められております。 議員御指摘の萩市との連携につきましては、山陰自動車益田萩間整備促進期成同盟会をはじめ、島根山口県とも連携し、関係機関要望活動を行っております。 昨年の秋以降、山陰道早期整備について、上京したり、またウェブを通じまして国へ強く要望してまいりました。 

益田市議会 2021-02-25 02月25日-01号

魅力ある市街地形成においては、中心市街地における都市計画道路町人麿線須子中線の沿道整備を推進します。 併せて、山陰道整備が見込まれる地区中心に、事業化に対応するための地籍調査を推進します。 市内の交通空白不便地域解消を図るため、住民に必要な移動手段の一つとして、最寄りの公共交通機関まで市の所有する生活バス乗合タクシーを運行します。 

益田市議会 2020-09-09 09月09日-04号

まず、災害ボランティアセンター設置ですが、基本的には須子町の益田社会福祉協議会というふうに思います。しかし、仮に線状降水帯による集中豪雨が起こり、高津川氾濫などで社協が利用できない場合に、次の候補地などをどのようにお考えでしょうか。 ○議長(中島守君) 藤井危機管理監。 ◎危機管理監藤井寿朗君) お答えをいたします。 

益田市議会 2020-09-07 09月07日-02号

そうした中で、また須子小浜間の状況がどうなってるのか、それから小浜田万川間の事業着手はどう考えて、どういうふうになっておるのか、今後の要望方向性はどうであるのかということの2点と、3点目に区画整理事業南部工区について、南部北部もあるかも分かりませんが、そうした地元協議会との協議はどうなっているのか。

益田市議会 2020-03-04 03月04日-02号

山陰道須子小浜間の益田西道路については、令和2年2月28日に国土交通省における令和2年度の新規事業化候補箇所に選定されました。島根県とともに国に要望してきた成果であり、新規事業化の実現を強く期待するところです。 さまざまな連携前提とするひとづくりについては、新・職場体験益田版カタリ場などにおいて、市民事業所の参画もふえ、その輪も着実に広がっております。 

益田市議会 2019-09-27 09月27日-03号

また、益田萩間については、須子小浜間が優先区間に追加選定され、ルート帯案も示され、アンケート調査が実施されました。 東日本大震災以降、高速道路は命の道と称され、ミッシングリンク解消に向け国の取り組みが行われてきております。この地域にとっても、このことは未来への命運を分ける大きな事業であると感じておるところであります。 

益田市議会 2019-06-28 06月28日-05号

ひとが育つまち益田を標榜する益田ひとづくり協働構想の策定、益田赤十字病院病院の開院と里帰り出産の再開、萩・石見空港東京線利用拡大山陰道三隅益田道路の着工と須子田万川間の計画段階評価手続進捗高津学校給食センター供用開始、2020年東京オリンピック・パラリンピックにおけるアイルランド自転車競技チーム事前キャンプ実施決定、IoTを活用した安全・安心なまちづくりの取り組み、市民主体地域

益田市議会 2019-06-19 06月19日-04号

本件につきましては、平成31年4月3日、益田須子町地内において発生した公用車運転中の物損事故に関し、その相手方に対します損害賠償の額の決定令和元年6月7日付で専決処分したところでございます。なお、本件につきましては今後人身事故についても示談交渉中でございまして、相手方に対する損害賠償の額が決定いたしましたら改めて御報告させていただきます。 

益田市議会 2019-06-18 06月18日-03号

また、山口県へ向けて山陰自動車道須子田万川間のうち山陰自動車道須子小浜間については、複数案ルート帯案が、A、B、C案が示され、市民へのアンケートが実施されております。このアンケート結果を受けて国土交通省中国整備局地方小委員会においては、自治体との調整を図りながら、概略ルート構造等対応方針決定がされる状況と聞いております。 

益田市議会 2019-06-17 06月17日-02号

この地区にはバス路線があり、朝の第1便のバスに乗車したのでは、バスを下車した後の須子バス停から学校までの歩行距離を子供の歩行速度で考慮すると、学校申し合わせ登校時間の8時に間に合わせることができない、そのために保護者学校まで送らなければならない。このことについての地域要望を、教育現場である学校に対して検討をお願いしました。 

益田市議会 2019-02-27 02月27日-01号

三隅益田道路については、供用時期が早期に開示されるよう引き続き働きかけるとともに、益田萩間においては優先区間である須子田万川間について、別線バイパスでの整備前提として早期事業化されることを、島根県内はもちろん、萩市など山口県側を含む関係機関と一層緊密に連携し、強く要望してまいります。 連携の進化(深化)から連携の充実と発信へとつないでいく上で欠かせない要素は、人材育成です。

益田市議会 2018-09-06 09月06日-02号

このような中、7月の西日本豪雨災害の際の高津川水位は7月6日未明に測定された須子町にある高角観測所において益田地域防災計画にある氾濫危険水位4.6メートルに対して4.55メートルとあと少しで氾濫危険水位に達するおそれが生じました。 この観測地点では、防災計画にある堤防が耐えることのできる計画高水位は6.67メートルでありますが、安全数値としては絶対ではありません。