251件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松江市議会 2023-12-02 12月02日-02号

また、県との間では災害時の相互応援に関する協定書を締結しまして、松江市にある広域防災拠点倉庫物資災害時に提供してもらえる体制を構築しているところでございます。 また、市内企業も被災する可能性もあるわけでございますので、今後は全国規模企業、それから組合との協定の締結などによりまして、災害時に必要な物資確保する体制を拡充してまいりたいと思っております。 

松江市議会 2022-12-03 12月03日-03号

次に、建設が予定されている新しい市庁舎の場合についてですけれども、水の都松江でございますので、庁舎を現地で建てかえれば今述べられたような現在の市庁舎と同様の状況が起こりますが、新しい庁舎は今後長期にわたって市民防災拠点となる、よりどころとなるわけです。そこでまず、新しい庁舎、それから周辺状況についてお伺いしたいですが、新しく建てられるであろう庁舎のフロアは浸水しないと考えてよろしいでしょうか。

江津市議会 2020-06-14 06月14日-01号

このことについては、防災拠点として、また市民サービス拠点として市民皆様に親しまれる場所となるよう各方面からの意見を踏まえながら、平成30年度中を目途にこれまで基本設計、並びに実施設計に取り組んでまいりました。しかしながら、昨年の豪雨災害の影響もあり、その経費の一部を事故繰越しすることとし、この6月末には実施設計を完了する予定です。

松江市議会 2020-03-26 03月26日-05号

次に、耐震構造と今回採用されている免震構造の違いに関する質疑に対し、免震構造はどうしてもコストが高くなるが、防災拠点である災害対策本部機能などに十分な耐震性が必要となるため取り入れるもので、近年、他自治体でもふえているなどの答弁がありました。 12月13日の委員会では、11月1日に行われた基本設計案説明後に、議員から提出された意見に対する市の考え方について説明がありました。 

江津市議会 2020-03-19 03月19日-04号

庁舎建設もあり、財源が限られる中、懸案事項である有福温泉再生事業防災拠点ともなる川越地域コミュニティ交流センター建設するための調査設計費なども計上されております。 その他、質疑では、前年度予算と比較して増減理由事業の目標となる、例えば健診の受診率といった率を問う質問も多かったように思います。

江津市議会 2020-03-06 03月06日-02号

また、現在仮設となっております川越地域コミュニティ交流センター防災拠点機能を備えた施設として再建することも計画に上げています。 2つ目若年世代定住促進ですが、UIターン者確保や多世代同居を推奨するため、桜江地区に限定した空き家の改修補助金を創設いたします。加えて、先ほども御説明いたしましたコミュニティ学習塾を開設し、教育環境を充実することで若い世代を呼び込みたいと考えています。 

江津市議会 2020-03-02 03月02日-01号

まもる、むすぶ、つなぐをコンセプトとし、防災拠点機能確立市民サービス機能向上を目指す新庁舎の完成に向けて、引き続き着実な事業推進を図ってまいります。 次に、新庁舎移転後の現庁舎のあり方についてです。 広報12月号などにより、保存活用や解体など、今後この建物をどうするべきか市民皆様意見募集を行ってまいりました。

出雲市議会 2019-12-05 令和元年度第4回定例会(第3号12月 5日)

しかしながら、最終的にはその機能として、住民に密着した窓口サービスに重点を置き、地域住民地域自治組織と重要な結節点地域防災拠点としても一定の役割を担うと位置づけられまして、今年度から各支所行政センターへと名称を変えて、新たな組織体制のもとにスタートをしているところであります。  

奥出雲町議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第3日 9月12日)

法律的には可能という判断もございますが、将来にわたる学校拠点、そして防災拠点になる重要性を踏まえまして、また昨今かなりの豪雨災害が頻発しております。そのようなことを踏まえて、断腸の思いで断念をする方向となりました。そのことにつきまして、現実的にはこれまで真摯にいろんなことを御協議いただいてる各地区協議会皆様、また保護者皆様等に御迷惑おかけすることについて心からおわびいたします。

奥出雲町議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第2日 9月11日)

こうした状況の中において、これまで進めてまいりました三成小学校改築事業につきましては、協議会からの要望を受けとめるとともに、将来にわたる学校教育拠点防災拠点となる重要性を踏まえまして、レッドゾーン等に新たに指定されることが判明した状態では、移転先として不安が大きいことから、8月末の入札を急遽延期をいたしました。  

安来市議会 2019-03-05 03月05日-03号

この事業は、指定避難所等浸水対策防災インフラ整備推進等に7割の交付税措置のある事業債が使えるように地方財政措置したもので、指定避難所防災拠点施設浸水対策のほか、洪水、浸水区域等からの消防署の移転道路防災、急傾斜地崩壊農業水利施設安全対策などの整備推進などが拡充されております。また、従前の事業とあわせてですが、令和2年度着手のものまでがその対象になっているということであります。

江津市議会 2019-03-04 03月04日-01号

まもる、むすぶ、つなぐを設計コンセプトとして、防災拠点機能確立市民サービス機能向上を目指し、市民皆様に親しまれる場所となるよう整備をしてまいります。こうしたことに加え、将来の人口減少職員数の推移にも対応でき、周辺施設との連携も考慮したコンパクトで効率的な庁舎実現に向けて事業を推進してまいります。議会並びに市民皆様には、引き続き御理解と御支援を賜りますようお願いをいたします。 

浜田市議会 2019-02-22 02月22日-04号

財政的な考えからは、必要以上に大きな施設は必要ないと理解しますが、住民サービスの充実、災害時の防災拠点となる観点から、対応する機能設備、スペースはしっかり確保する必要はあると感じております。予算を安易に絞るような考えでなく、必要なものは充実するべきだと思います。市の所見を伺います。 ○議長(川神裕司) 弥栄支所長

奥出雲町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日12月10日)

島根県では、土石流防止事業の一つとして、砂防堰堤などの整備を限られた予算の中で、要配慮者利用施設避難所等防災拠点、重要交通網を保全するものを優先的に実施されております。並行して、土砂災害に対する意識啓発を目的に、住民小・中学校等対象とした防災学習会新聞広告の掲載、新聞チラシの配布、テレビコマーシャル放送などのソフト事業も積極かつ継続的に実施をされております。