2773件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

雲南市議会 2021-03-22 令和 3年 3月定例会(第7日 3月22日)

次に、産業建設分科会会長からは道路新設改良費8億4,169万円について、これまで各町2路線ずつとしていた道路整備方針は新年度や見直し計画に反映するのかとの質問に、6月に肉づけ予算を提示するが各町2路線ずつは難しくなっている。今後は小さな拠点を結ぶネットワーク整備として該当する県道市道を優先的に整備するが、選定に漏れた路線は他事業活用し地域バランスを考慮して整備するとの答弁であった。

奥出雲町議会 2021-03-19 令和 3年第1回定例会(第4日 3月19日)

議案第22号 公の施設指定管理者指定について(横田農畜産物展示販売センター(だんだん市場))  日程第20 議案第23号 公の施設指定管理者指定について(下高尾活性化施設)  日程第21 議案第24号 公の施設指定管理者指定について(玉峰山森林総合利用施設)  日程第22 議案第25号 公の施設指定管理者指定について(川西地区農作業準備休憩施設)  日程第23 議案第27号 奥出雲町町道路

奥出雲町議会 2021-03-12 令和 3年第1回定例会(第3日 3月12日)

車道中央線外側線などの区画線でございますが、道路利用者が安全に道路を通行するために設置するものでございます。また、その設置基準につきましては、国土交通省令に基づいて定めてあります。車道の幅員が5.5メートル以上の道路の場合は、中央を示す車道中央線設置いたします。あわせて、車道外側線道路管理者のほうで設置をいたしております。以上でございます。 ○議長藤原 充博君) 内田議員

奥出雲町議会 2021-03-11 令和 3年第1回定例会(第2日 3月11日)

3つに、脱炭素社会構築において、道路照明灯公園灯防犯灯を逐次LEDに更新すると効果が期待されます。LED化に伴う電気料金削減も期待できます。新たな費用負担のない、町有財産を活用した地球温暖化対策に寄与できます。脱炭素社会構築地方行政を工夫すべきではないでしょうか、所見を伺います。 ○議長藤原 充博君) 勝田町長。 ○町長勝田 康則君) 御質問にお答えをいたします。  

益田市議会 2021-03-09 03月09日-05号

歳出の内容としましては、商工費において商工団体連携して中小企業基本法に基づく法人、個人事業者に対しての追加経済支援に係る経費として、緊急経済対策事業費追加措置を行うとともに、道路運送法に基づく貸切りバス事業者タクシー事業者に対しての支援に係る経費として、観光交通事業者支援事業費についても新たに措置をしております。 

益田市議会 2021-03-08 03月08日-04号

そしてまた、非常に大きな投資といいますか、経費を要するインフラ、水道であるとか、道路であるとか、そういったものについては、これまたそれぞれの長寿命化計画等で議論にのってくるということで、公共施設管理計画という枠組みももちろん大きな枠組みではあるんですが、それを総体として把握してというような認識が少しなかったのかなあというふうに思います。 

雲南市議会 2021-03-08 令和 3年 3月定例会(第6日 3月 8日)

具体的には大東中から養賀側に下りていき、最初に左折した山沿い道路のことです。防犯灯はありますが、民家が切れているところであります。私も早速その日の夕方に実際に歩いてみましたが、山側に続く道は大人でも非常に怖いです。いつも車に乗っている大人には気づかない恐怖を子供たちに感じさせていたことになります。何か事故があってからでは取り返しがつきません。

益田市議会 2021-03-05 03月05日-03号

それから、益田から萩方面に向かう益田西道路は去年事業化となりまして、現在予定ルート上の地籍調査、こちらのほうがしっかりと進んでいる中だと思います。また、益田西道路延長先となる小浜・田万川間、その辺についてもしっかりと早期整備を期して要望を行っていかねばならない、そのような状況になっていると思います。 

雲南市議会 2021-03-04 令和 3年 3月定例会(第4日 3月 4日)

議員(5番 鶴原 能也君) 過去に公表されている危険箇所一覧表を見ますと、例えば道路幅が車1台が通るのがやっとと狭くて、交通量も多く大変危険であるという状況について、その対策内容欄には、現在のところ道路改良、拡幅、歩道の設置計画はありませんという記載のみで終わっているものがたくさんあります。もう一歩、もう少し踏み込んだ連携を取ったような対策ができないものか伺います。

雲南市議会 2021-03-03 令和 3年 3月定例会(第3日 3月 3日)

5点目、道路改良促進について2点伺います。  市道改良については、10か年の道路整備計画令和4年度で終了するため、見直しを検討中であります。小規模多機能自治の核となる小さな拠点を結ぶネットワーク整備計画の主眼となりますが、限られた財源であります。6町間はもちろん、各町域内にあってもしっかりと調整し、地域バランスの取れた整備計画とされたい。  

雲南市議会 2021-03-01 令和 3年 3月定例会(第1日 3月 1日)

また、都市への人口流出は経済的な格差や様々なサービス、娯楽等へのアクセスの問題として語られてきましたが、高速道路をはじめとする道路交通網整備が進展しインターネットが普及することによりその格差は縮まってきています。コロナ禍在宅勤務が普及したように近い将来距離のハンデは克服され、人々は生活や人生の余裕を求め住みたい地域、住みよい地域を選択する時代が来ると考えております。

益田市議会 2021-02-25 02月25日-01号

一方、このような状況下ではありましたが、令和2年度においては、これまで市政運営において重視してきた連携により、萩・石見空港東京線往復運航継続決定山陰道益田西道路新規事業化、「中世日本傑作 益田を味わう-地方時代に輝き再び-」の日本遺産認定庭園間交流連携促進計画雪舟回廊」のガーデンツーリズム登録など、今後の発展につながる成果を上げることができました。 

江津市議会 2020-12-18 12月18日-04号

また、塵芥処理費について、今回12軒が解体意向を示したとのことだが2年前と条件がどう違うのかとの質疑に対し、2年前は職員が被災地に入り、周辺道路などに影響がないか調査した上で速やかな解体撤去がないか検討した結果から対象はないものと認識していました。今回は令和2年7月豪雨に関わる災害廃棄物処理事業補助対象拡大ということで事務連絡を受けており、判断材料となるものが異なっていると思われる。

奥出雲町議会 2020-12-18 令和 2年第4回定例会(第4日12月18日)

─── 令和2年 12月(定例)奥 出 雲 町 議 会 会 議 録(第4日)                          令和2年12月18日(金曜日) ────────────────────────────────────             議事日程(第4号)                    令和2年12月18日 午前9時30分開議  日程第1 陳情第2号 一般県道木次横田線道路改良工事

浜田市議会 2020-12-16 12月16日-07号

委員からは、指定避難所への連絡道路崩壊に伴う局部改良工事の施工により、地域林業振興を図るとなっているが、どの程度の林業振興を期待しているのか。また工事車両の通行に支障はないのかとの質疑があり、執行部からは、小熊谷線対象森林面積は針葉樹で約49ヘクタール、広葉樹で157ヘクタール、材積では合計で3万4,000立方メートルとなる。