57件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

安来市議会 2018-06-07 06月07日-02号

また、日本遺産事業を推進しております鉄の文化推進協議ホームページ等による情報発信を行うとともに、今後設置いたします史跡内の説明板等に順次日本遺産の表示をしていきたいというふうに考えております。 山城サミットパンフレットにつきましては、全戸配布をする考えはありませんけれども、広報やすぎ「どげなかね」の6月号に山城サミットの概要を掲載し、周知をしたところでございます。

安来市議会 2018-03-05 03月05日-02号

観光面では、2市1町で構成する鉄の文化推進協議において、観光案内ガイド育成情報発信を充実させることとしております。 また、安来市単独では、観光協会連携し、市内観光文化財を散策できる観光パンフレットの作成を予定をしており、引き続き日本遺産を活用し、誘客に努めてまいりたいと考えております。 

雲南市議会 2018-03-01 平成30年 3月定例会(第1日 3月 1日)

雲南市、安来市、奥出雲町で構成する鉄の文化推進協議では、昨年度から3カ年にわたる文化庁日本遺産魅力発信推進事業に取り組んでおり、今年度は普及啓発人材育成に重点を置き、県内ケーブルテレビでの番組放送日本遺産シンボルマーク民間利用促進ガイド養成講座などを進め、市内外での認知度向上を図ってきたところであります。

奥出雲町議会 2017-09-14 平成29年第3回定例会(第3日 9月14日)

昨年4月に雲南市、安来市、奥出雲町の3市町申請をいたしました出雲國たたら風土記鉄づくり千年が生んだ物語〜が日本遺産認定されましたこと、また、この3市町で構成いたします鉄の文化推進協議での日本遺産関連事業につきましては、6月議会での議員からの一般質問に対してお答えをさせていただいたところでございます。  

雲南市議会 2017-09-01 平成29年 9月定例会(第1日 9月 1日)

特にいずもたたら村を発信拠点として鉄の文化推進協議雲南広域連合を構成する雲南市、安来市、奥出雲町及び飯南町の関係2市2町のエリアに誘導するために、インターネットを活用した情報発信スタンプラリー等周遊促進対策を行っております。今後もさまざまな機会を活用して、たたら製鉄地域魅力を発信してまいります。  

奥出雲町議会 2017-06-26 平成29年第2回定例会(第4日 6月26日)

総務費では、官製談合事件に関わる再発防止対策関連業務委託費200万円、地域おこし協力隊活動費409万6千円、鉄の文化推進協議負担金出雲たたら活用事業)100万円、まちひとしごとセンター事業費11万6千円等について。 ・民生費では、UIターン保育士確保対策奨励金100万円について。 ・衛生費では、地域医療教育推進事業補助金10万円の内容について。

奥出雲町議会 2017-06-13 平成29年第2回定例会(第2日 6月13日)

昨年4月に雲南市、安来市、奥出雲町で構成する鉄の文化推進協議申請をいたしました出雲國たたら風土記日本遺産認定されたことは御存じのとおりでございます。これを受け、協議会では国の日本遺産魅力推進事業により、日本遺産出雲國たたら風土記エリアブランド構築事業に取り組んでまいりました。

安来市議会 2017-03-01 03月01日-01号

広域連携につきましては、経済圏を共有する中海宍道湖大山圏域市長会たたら製鉄文化を共有する鉄の文化推進協議という南北の圏域中心連携してまいります。中海宍道湖大山圏域市長会については、日本海側有数の人口、産業が集積する都市圏というスケールメリットを生かし、圏域版振興ビジョン総合戦略に基づき、産業観光、環境を初め、多岐にわたる取り組みを展開してまいります。

雲南市議会 2017-03-01 平成29年 3月定例会(第1日 3月 1日)

昨年4月のたたら製鉄日本遺産認定を受け、雲南市、安来市、奥出雲町で構成する鉄の文化推進協議ガイド育成観光誘客に向けた魅力発信などに取り組んでおり、引き続き日本遺産を生かした地域づくりに向け、官民交えた取り組みを積極的に進めてまいります。  続いて、雲南桜まつりの開催についてであります。  

安来市議会 2016-12-01 12月01日-01号

これらの観光資源を、中海宍道湖大山圏域市長会や鉄の文化推進協議などとの連携により国内外に効果的な情報発信を進め、国内あるいはインバウンドによる観光誘客を推進してまいります。中でも史跡富田城整備事業は、昨年度から5カ年事業として整備を進めております。先月末には遊歩道の整備も終わり、一般観光客に開放しております。今後観光客受け入れ態勢を早急に整えながら、一層の事業進捗を図ってまいります。 

雲南市議会 2016-09-12 平成28年 9月定例会(第3日 9月12日)

こういったことによって地域活性化を促していくこのような制度でございまして、この2年間で37件のストーリー認定されたということで、議員仰せのとおり雲南市、安来市、奥出雲町で構成いたします鉄の文化推進協議「出雲國たたら風土記~鉄づくり千年が生んだ物語~」、これをタイトルに認定を受けたということでございます。  

奥出雲町議会 2016-06-13 平成28年第2回定例会(第2日 6月13日)

地域歴史的魅力を通じて、日本文化・伝統を国内外に伝える日本遺産第二弾として鉄の文化推進協議から申請していた「出雲國たたら風土記鉄づくり千年が生んだ物語〜」がこのたび日本遺産認定されました。大変に喜ばしいことでございます。この認定をきっかけに島根県は新たに日本遺産魅力発信事業取り組み国内外への情報発信を強化して、観光振興地域振興を進めるとされています。

安来市議会 2016-06-03 06月03日-03号

この件については、つい先ほど岩田議員さんの質問でも出ておりますけれども、私は若干違ったことについて質問させていただきますけども、たたら製鉄日本遺産認定され、本当に私も喜んでおるものでございますが、つい先日の5月28日に鉄の文化推進協議の主催で雲南加茂町にある加茂文化ホールがメーンで鉄とまほろばシンポジウムが開催され私も参加させていただきました。

雲南市議会 2016-06-02 平成28年 6月定例会(第2日 6月 2日)

市長(速水 雄一君) 世界遺産登録について、きょうも地元新聞にも出ていたところでございますが、このことにつきましては、鉄の文化推進協議、安来市、奥出雲町、雲南市で構成しておりますこの協議会日本遺産認定申請する際に、日本遺産認定が実現した暁には、ぜひ次の段階として世界遺産認定も目指そうという確認をこの協議会で行っているところでございます。  

雲南市議会 2016-03-03 平成28年 3月定例会(第1日 3月 3日)

雲南市、安来市、奥出雲町の2市1町で構成しております鉄の文化推進協議より、文化庁日本遺産認定申請書を去る2月10日に提出いたしました。採択されましたならば情報発信媒体の多言語化ガイド養成などに取り組み日本独自のたたら製鉄やその遺構が現存するこの地域魅力世界に発信したいと考えております。  続いて、JR西日本豪華列車トワイライトエクスプレス瑞風受け入れ対応についてであります。  

奥出雲町議会 2015-12-04 平成27年第4回定例会(第1日12月 4日)

現在、雲南市、安来市、奥出雲町の2市1町で構成する鉄の文化推進協議では、たたら製鉄が有形・無形の文化財群ストーリーで語る日本遺産に登録されるための取り組みを進めております。引き続き県の指導、支援を受けながら、文化庁との事務協議を進めることとしており、来年の選定に向けて準備を進めてまいります。  次に、福祉についてであります。