47件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

雲南市議会 2021-03-04 令和 3年 3月定例会(第4日 3月 4日)

所信表明の冒頭で市長は、先ほど申し上げましたように、これまでの市政運営の基本的な考え方を尊重しつつ、市民皆様の声に傾け、時代や社会の変化に対応しつつ、よいところはさらに伸ばし、必要なところは修正しながら、是々非々の姿勢で市民本位行政を展開すると、速水市政16年の評価とこれからの市政運営について述べられました。

雲南市議会 2020-12-14 令和 2年12月定例会(第4日12月14日)

まず、速水市政16年間について端的にどう評価しておられるのか。成果と不十分だった点を含めてどう考えておられるのかを伺います。 ○議長(佐藤 隆司君) 吉山市長。 ○副市長吉山 治君) 雲南誕生前の6町村合併協議から今日まで、卓越したリーダーシップにより雲南市のまちづくりの土台を築かれたことに敬意を表するところであります。  

雲南市議会 2020-12-10 令和 2年12月定例会(第2日12月10日)

今後の行政運営では、重視される6つ視点における前市政速水市政と異なる新しい風、具体的な思い、施策市職員議員市民などが共有できるかどうかが市民に信頼される行政の行方を左右するというふうに思います。テレビを見ている多くの市民皆様へ新市長まちづくり6つ視点が伝えられるような答弁と論戦を期待していましたが、市長は不在ですので、準備されている答弁を求め、質問をします。  

雲南市議会 2020-09-29 令和 2年 9月定例会(第6日 9月29日)

人口社会増への挑戦、また、地方創生は道半ばとなりましたが、懸命な行財政運営と何事にも積極果敢にチャレンジされた速水市政の16年間の御尽力に対し、心より賛辞を表します。御苦労さまでした。残りの任期、健康には十分御留意され、お元気でお務めになり、有終の美を飾られんことを願ってやみません。  また、議員皆様には、議会改革に向けて大所高所から御指導を賜り、厚く御礼を申し上げます。

雲南市議会 2020-09-09 令和 2年 9月定例会(第4日 9月 9日)

そこで速水市政16年の成果水泡に帰すことなく継承し、希望ある未来へつなげていくために必要な共通認識は何かについて問います。  まず第1の成果は、財政健全化であり、合併当初の財政非常事態市民皆様協力を得ながら乗り切ってきました。借金を大幅に減らすことができ、県下8市中下から2番目であったものが上から2番目へと改善されました。財政健全化なくして今日の雲南市はありません。  

雲南市議会 2016-12-12 平成28年12月定例会(第2日12月12日)

4期目の速水市政所信について、そしてまた、3つ課題を上げられました、安心・安全なまちづくり、活力と賑わいのあるまちづくり健康長寿・生涯現役を全うできるまちづくりの中の、まず第1番目、安心・安全なまちづくりについて伺います。  10月、鳥取県中部地震、そして11月には福島県沖を震源とする地震が発生いたしました。

雲南市議会 2014-12-10 平成26年12月定例会(第5日12月10日)

この10年は、速水市政の検証、総括でもあるわけですが、10年間の最大特記事項は、何といっても借金を大幅に減らし、健全財政に向かって大きく転換したことにあります。合併直後、16年度末の地方債残高は全会計で846億円あったものが、25年度末では596億と10年でちょうど250億減りましたし、財政に関する指標も大きく改善しました。

雲南市議会 2014-03-05 平成26年 3月定例会(第3日 3月 5日)

さて、速水市政は、厳しい経済財政環境のもとでのスタートでありました。基本方針には情報公開の徹底、財政健全化、また地域の一体化を掲げられ、山積する諸課題に対し積極的に取り組まれるなど、特に平成24年度当初予算での収支均衡とした編成は、今後の雲南まちづくり実現の根幹にかかわることで、市民の大変な協力があったとはいえ、その努力には敬意を表する次第であります。  

雲南市議会 2013-03-07 平成25年 3月定例会(第6日 3月 7日)

今回の一般質問は、速水市政3期目の新しい年度を迎えるに当たって、施策の重点や、予算編成が、雲南市を取り巻く状況であります著しい人口減少、急速に進む少子高齢化、そして長引く経済低迷に的確に対処しているのか、また、将来的に一番憂慮すべき課題であります財政見通しについても検証し、市政運営を補強、補完する視点から質問いたします。  まず初めに、著しい人口減少への対応についてです。  

雲南市議会 2012-12-13 平成24年12月定例会(第5日12月13日)

今回は、速水市政3期目のスタートに当たり、初めての市長選を踏まえ、大きく3つのことを質問いたします。  1つ目が、市長は、初登庁式において、選挙を通じ、市内隅々までめぐり、行ったことのない場所もあった。その上で、現場がわかっていることが市民目線に立った、きめ細かな、心のこもった仕事につながると話しておられます。これは市長のこれまでの市政運営の欠点、弱点を認識、克服する決意と私は解釈いたしました。

雲南市議会 2012-12-12 平成24年12月定例会(第4日12月12日)

速水市政に寄せられた反対意見批判票をいかに市政に生かしていくのか、市政発展のためには、反対意見批判を受けとめて市政発展に生かすことが大切と思いますが、いかに対処する考えか伺いたいと思います。  市長所信表明について伺います。  市政課題について伺います。市長は、市長選挙3つ課題と7つの約束をされましたが、どう進めていくのか伺います。

雲南市議会 2012-12-10 平成24年12月定例会(第2日12月10日)

初めに、1項目め速水市政3期目の課題対応策についてをお尋ねいたします。  3期目の初定例議会でありますので、どうしてもそのことについて質問をしておく必要があるというふうに思います。速水市政3期目スタートに当たり、3期目の課題対応策について市長の見解を伺います。 ○議長(深田 徳夫君) 速水市長。 ○市長速水 雄一君) おはようございます。  堀江議員から質問をいただきました。