2746件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2021-03-19 令和 3年第1回定例会(第4日 3月19日)

説明出席者総務課長企画財政課長税務課長建設課長商工観光課長農業振興課長水道課長地域づくり推進課長農林土木課長農業委員会事務局長会計管理者議会事務局長。  審査案件及び審査概要審査結果について申し述べます。  初めに、議案の第1号、奥出雲職員定数条例の一部を改正する条例制定について。  審査概要

奥出雲町議会 2021-03-12 令和 3年第1回定例会(第3日 3月12日)

それでは、1点目、仁多米のさらなるブランド化に、町独自のランクづけをでございますが、このたび世界農業遺産候補に、たたら製鉄が生んだ奥出雲資源循環農業が承認されましたこと、誠におめでとうございます。関係皆様の御努力に敬意とお喜びを申し上げたいと存じます。そして、これは、奥出雲町の農業にとりまして次世代奥出雲農業をしっかりと伝え、残していく始まりであると考えます。

奥出雲町議会 2021-03-11 令和 3年第1回定例会(第2日 3月11日)

奥出雲町の伝統的な資源循環農業次世代に持続可能な農業としてつないでいくため、日本農業遺産認定を生かした新たな取組を行っております。農業体験滞在型観光に向けた農泊を推進することで、都市部消費者に興味を持ってもらい、農業体験食料生産活動を通じ、奥出雲町の農業地域魅力と価値を認識していただくことで、将来の移住や定住も見据えた、地域とのつながりのある関係人口を増やすことにつながります。

奥出雲町議会 2021-03-02 令和 3年第1回定例会(第1日 3月 2日)

世界農業遺産認定に向けた取組につきましては、既に御承知のとおり、世界農業遺産認定申請に向けての国内承認を得ることができました。今後は、世界農業遺産等専門家会議から指摘された点を修正し、英訳した上で、FAO国連食糧農業機関認定申請を行い、FAOによる審査現地調査を経て、可否が決定をされる予定でございます。  

大田市議会 2020-12-18 令和 2年第 10回定例会(第5日12月18日)

を求めることについて      議案第333号 農業委員会委員任命につき同意を求めることについて      議案第334号 農業委員会委員任命につき同意を求めることについて      議案第335号 農業委員会委員任命につき同意を求めることについて      議案第336号 農業委員会委員任命につき同意を求めることについて      議案第337号 農業委員会委員任命につき同意を求めることについて

奥出雲町議会 2020-12-18 令和 2年第4回定例会(第4日12月18日)

───────           説明のため出席した者の職氏名 町長 ───── 勝 田 康 則君  副町長 ──── 藤 原   努君 教育長 ──── 松 田 武 彦君  総務課長 ─── 森 長 洋 二君 企画財政課長 ─ 江 角   啓君  町民課長 ─── 堀 谷 智 樹君 税務課長 ─── 石 原 啓 子君  商工観光課長 ─ 本 山 宏 人君 健康福祉課長 ─ 杠   康 彦君  農業振興課長

浜田市議会 2020-12-16 12月16日-07号

について(浜田99号線)第13 議案第85号 市道路線認定について(浜田99号線外)第14 議案第86号 弥畝辺地における総合整備計画の策定について第15 議案第87号 市町村建設計画新市まちづくり計画)の変更について第16 議案第88号 令和2年度浜田一般会計補正予算(第7号)第17 議案第89号 令和2年度浜田国民健康保険特別会計補正予算(第3号)第18 議案第90号 令和2年度浜田農業集落排水事業特別会計補正予算

江津市議会 2020-12-10 12月10日-03号

このコロナ禍で、多くの方々公衆衛生や医療や介護や、さらには交通、物流、食品小売業農業教育文化などの仕事重要性について気づいてきたんではないかなと思うんですよ。その基礎を担うのが市役所などの公共の分野で働く人々であることも明確にありました。 今、菅自公内閣が進めている自治体戦略2040構想というのがあります。

雲南市議会 2020-12-10 令和 2年12月定例会(第2日12月10日)

次に、2項目め農業対策について伺います。  農林水産省から2020年度農業センサスの調査結果が発表されました。それによると主な仕事農業の基幹的農業従事者は136万1,000人で、5年前の前回調査から39万6,000人減少し、率にして22.5%の減とのことでした。本市内においての減少はどの程度あったのか。また、基幹的農業従事者減少したことによる影響はあったのか伺います。

大田市議会 2020-12-10 令和 2年第 10回定例会(第3日12月10日)

大田市では、平成20年4月に県、JA、市の専任職員を配置し、農業ワンストップサービス窓口となる大田農業担い手支援センター農林水産課内に設置し、認定農業者、集落営農組織等農業者の支援を行っております。また、新規就農者確保育成のために、UIターン者等新規就農希望者との就農相談会市内外で随時行っており、新たな農業者の確保育成に取り組んでいるところでございます。  

江津市議会 2020-12-09 12月09日-02号

まず、農地及び農業用施設関係への支援についてです。 農業の基盤となる農地農業用施設復旧については、1か所の復旧工事費40万円以上が対象となる国の農地災害復旧事業及び農業用施設災害復旧事業があります。さらに、激甚災害の指定を受けて取り組むことができる復旧工事費13万円以上40万円未満で、地方債対象となる小災害復旧事業の制度もございます。

雲南市議会 2020-12-09 令和 2年12月定例会(第1日12月 9日)

地域には農業商工業地域活動に懸命に取り組んでいる方々がたくさんいらっしゃいます。親の姿を見て育つ若い世代が地元に定着するためにも、今を頑張る人たちの思いに応えていく必要があります。同時に未来を見据え、雲南市で生まれ育った子供たち地元への愛着や魅力を感じてもらえるような学びの場を確保し、将来この地域を担ってくれる人材を育てていくことが大切だと考えております。  

松江市議会 2020-12-09 12月09日-04号

産業経済部長山根幸二) まず、農地農業用施設でございますが、今年度は、6月、7月、9月に災害が発生しております。発生時の被害総額は、8,271万7,000円となっております。 ○議長森脇幸好) 安達都市整備部長。 ◎都市整備部長安達良三) 続いて、私のほうからは、河川道路被害額についてでございます。 河川被害額は1億6,570万円、道路は1億9,310万円でございます。

大田市議会 2020-12-09 令和 2年第 10回定例会(第2日12月 9日)

市内におきましても、各地域での小規模なグループによる加工品生産をはじめ、組織を法人化され、農業経営多角化に取り組んでおられる事例がございます。新たな加工施設整備を要望される場合には、関係機関と協議をした上で、国、県の補助事業を活用し、御支援をしていきたいと考えております。  また、来年オープン予定の道の駅ごいせ仁摩の施設の中に、簡易な加工施設の設置を予定をしております。

松江市議会 2020-12-08 12月08日-03号

農業振興についてお伺いしますが、大規模圃場での農業経営小規模農家について伺います。 今、後継者問題は農家だけではなく、企業や商店も悩みを抱えています。農業を取り巻く環境は一層厳しいものがあります。全てとは申しませんが、農業従事者高齢化担い手不足による地域農業が衰退の方向であることは御承知のとおりであります。 

奥出雲町議会 2020-12-08 令和 2年第4回定例会(第2日12月 8日)

議員御指摘の総合戦略におきましては、人口減少課題解決に向けて戦略を策定しているところですが、農業者の皆様、特に将来の担い手となる若い皆さんに、本町の自然環境文化伝統魅力を感じ、自信と誇りを持って農業生産活動に取り組んでいただくよう、日本農業遺産認定取組も進めているところでございます。現在はロゴマークによるPRなど、町内の農業者の皆様に御利用いただいております。  

浜田市議会 2020-12-07 12月07日-06号

~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長川神裕司) 日程第26、同意第8号浜田農業委員会委員任命についてを議題とします。 質疑ありませんか。澁谷議員。 ◆21番(澁谷幹雄) 農業委員さんの今回の推薦の基準というのがどのような形になって、どういう範囲といいますか、どういう地域とか、どういう方たちが選出されているのかお尋ねをします。