155件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

雲南市議会 2019-09-09 令和元年 9月定例会(第3日 9月 9日)

その他、農業分野等かかわりにつきましては、市内生産品でありますワインや卵、スパイス、お茶などの農業部門を持つ企業商工連携、農福連携など農業と連携している事業者の方々と商品開発設備導入加工品販路開拓などの面においてかかわりを持って支援をしているところでございます。そうしたことが今後の地域農産物の利用がふえる取り組みにつながっていくものというふうに考えております。  

雲南市議会 2018-12-03 平成30年12月定例会(第3日12月 3日)

この6次産業化が打ち出される前には、商工連携と言われました。この政策が行き詰まる中で、政府も方針として6次産業化を打ち出されてきております。これももう打ち出されてから久しいわけです。だからこそ一日も早い完成が望まれますが、これから三、四年先の34年オープンは遅過ぎると思います。前倒しが必要ではないでしょうか。

大田市議会 2018-12-03 平成30年第 5回定例会(第1日12月 3日)

その事業事業費14億円、商工連携を核としたしろいしSunPark施設を整備する事業でございます。  この事業は、子育て支援、多世代交流拠点の整備、農産物の販売、加工地元食材を使用したレストランを組み合わせた複合施設であり、子育て支援、多世代交流農商工振興を融合した全国的にも珍しい施設として建設が進んでいました。  

雲南市議会 2017-09-04 平成29年 9月定例会(第2日 9月 4日)

また、雲南企業間交流会、それから雲南雇用対策協議会商工連携協議会でのセミナーや意見交換なども通しまして本市の産業振興に係る課題などを検証し、それに対する方策について行政、事業所関係機関が一緒になって検討してまいりたいというふうに考えております。 ○議長藤原 信宏君) 山﨑正幸君。 ○議員(21番 山﨑 正幸君) 次に、平成29年6月の全国有効求人倍率は1.51倍でございます。

浜田市議会 2017-06-21 06月21日-03号

また、東京農業大学の北海道オホーツクキャンパスがあり、商工連携や6次産業化に向け、新たな農と食の商品開発推進されています。また、地元後継者育成を図るほか、アルバイト学生地域産業の重要な労働力となって、協働する施設として切っても切れない関係が構築されています。 さて、同じような状況にある浜田市には、島根あさひ社会復帰促進センター島根県立大学の二つの施設があります。

松江市議会 2017-03-16 03月16日-05号

商工業振興に対して、Ruby City MATSUEプロジェクトも継続的に支援体制が継続されておりますが、新たにインドIT人材確保、そしてものづくりアクションプラン観光事業など商工連携推進事業がさらにレベルアップしています。特にトワイライトエクスプレス瑞風の運行が開始されることに効果を期待するところでございます。 

雲南市議会 2017-03-08 平成29年 3月定例会(第6日 3月 8日)

まず、6次産業化につきましては、例の拠点施設、食の幸発信推進事業が当面の具体策なのかとないう認識をしておりますけども、それでいいかどうかということと、違う言い方ですけど、内容がほぼ同じじゃないかなという、商工連携ですね。これが具体的にはどうなのかなといったことがあるのかなということをまず伺いたいと思います。 ○議長藤原 信宏君) 小川産業振興部長

雲南市議会 2017-03-07 平成29年 3月定例会(第5日 3月 7日)

このことは、第2次総合計画雲南市の総合計画、これを踏まえた雲南総合戦略にも明確に位置づけをしておりまして、地域資源を大切にして6次産業化あるいは商工連携による活動を一層強めてまいりまして、地域経済の好循環、これを生み出していく、こういった目的で取り組むものでございます。繰り返し申し上げておりますとおり、平成29年前半には方向性を示すと、こういう決意で推進してまいる考えでございます。

江津市議会 2017-03-07 03月07日-02号

農林水産課長土崎一雄) 施策の評価ということでございますが、総合戦略における農業分野取り組みは、基本施策に高付加価値有機農業農林水産業の6次産業化商工連携推進循環型林業の構築、農林水産業担い手確保育成地域コミュニティの形成による支え合いの仕組みづくり、安心・安全な暮らしの確保などの取り組みを掲げております。 

雲南市議会 2016-12-14 平成28年12月定例会(第4日12月14日)

3つ目が、商工連携充実をして農業振興ということでございます。このことにつきましては、雲南商工連携協議会、そして奥出雲産直振興推進協議会、こういった活動充実化、そして、現在検討中でございますけれども、食の幸発信推進事業、これによります6次産業化取り組み、この推進を行っていくということでございます。  

雲南市議会 2016-09-13 平成28年 9月定例会(第4日 9月13日)

続きまして、2つ目販路支援アドバイザーでございますけれども、これは大阪に拠点がございますけれども、WildPlan 大須賀企画事務所、ここへの委託によっておりまして、主に雲南商工連携協議会、ここに加盟される事業者への訪問によって、実態を正確に把握した上で、特に食品産業分野での新商品開発促進あるいは都市圏でのニーズ調査販路拡大、こういったことを展開していただいております。

雲南市議会 2016-09-08 平成28年 9月定例会(第1日 9月 8日)

地域資源を活用して売り上げ向上商品開発雇用創出を目指す6次産業商工連携ということで、ビジネス展開対象でございますよということで、ハードについて2分の1、1,000万が上限ということで、これに採択を受けられたということで、ほかの件数は上がっておりません。この1件のみであるということをお伝えしておきたいと思います。  

奥出雲町議会 2016-06-14 平成28年第2回定例会(第3日 6月14日)

今後も本町ブランドである仁多米奥出雲和牛中心とする農業の持続への不安を払拭し、生産農家農業法人、また連携する町内商工連携企業が将来にわたって安心して農業経営、また企業経営を営めるよう、所得安定対策制度拡充新設等に万全を期すよう、県や全国町村会を通じて国に対して強く要望してまいりたいと考えております。  

雲南市議会 2016-03-09 平成28年 3月定例会(第5日 3月 9日)

市長(速水 雄一君) 先ほども申し上げましたように、また御指摘いただきましたように、市長中心として積極的に企業訪問を行い、ニーズの把握をやっていかなければならないということを重ねて申し上げたいと思いますが、それに加えて、商工連携協議会、これによりまして雲南市内のいろいろな1次産業、2次産業、3次産業企業商工連携協議会において出会いの場を持っておりますので、そこへ積極的な参加をいただきまして

雲南市議会 2016-03-07 平成28年 3月定例会(第3日 3月 7日)

そのため、平成28年度において、この中心市街地活性化計画進捗状況を図りながら、雲南市の商工連携協議会、あるいは有識者の皆様方によってこの2つ計画のすり合わせを行った上で、計画しております施設の機能、規模、運営体制について検討を行っていきたいと、ここでしっかりと検討いただいて事業精度を高めた上で実施計画に盛り込んでいきたいと考えております。どうぞ御理解をいただきたいというふうに思います。