91件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

雲南市議会 2021-03-08 令和 3年 3月定例会(第6日 3月 8日)

このことから県外に住んでいる人は、地方移住しようか、転職をしようかというチャンスを待っているんです。特にこの12月から3月にかけては、転職先、移住先を非常にチェックしております。これはプロの方もそういうふうにおっしゃってました。ふるさと島根定住財団有料人材紹介企業転職登録している可能性も高いのです。市内企業は、今がその転職者をゲットするチャンスなんです。  

雲南市議会 2021-03-05 令和 3年 3月定例会(第5日 3月 5日)

30代から40代の働きにとっては転職を考えざるを得ない、また、今までやってきたことは何だったのか、必要ない仕事だったのかと、がっくりきておられる方もおられます。地域への相談も不十分と感じました。行政と一部の方で勝手に決めて、現場で働く人には報告と協力だけを求めるイメージを持たれても仕方ない気がします。

松江市議会 2020-12-08 12月08日-03号

そして、希望退職条件の内容、定年未満対象者転職先の保障ということについて、先ほど申し上げましたとおり、これらの人数とか条件は公表されないと伺っているところでございます。以上です。 ○副議長(野津照雄) 吉儀議員。 ◆13番(吉儀敬子) なかなか情報収集も大変だということですけれども、引き続き努力をしていただきたいと思います。 

益田市議会 2020-09-08 09月08日-03号

そのアンケートの中には、転職を希望している人は全体のうち2割に当たるというふうなデータが出ていました。つまり、今働いている人の5人に1人は転職を希望しているということです。そして、そのうちの57.1%が、賃金水準に満足できないということを理由に上げております。このように賃金に対する不満は、この益田市でも大きいということが分かると思います。 

益田市議会 2020-06-16 06月16日-03号

そのような中、5月に人口密度の低い地方転職を希望する人がふえているという報道があり、転職を含め地方への関心が高まっている傾向にあるようでございます。 このような機会を捉え、移住を希望される方の判断材料としていただくためにも、しっかりと本市の魅力を発信することは非常に有効であると考えております。

奥出雲町議会 2020-03-12 令和 2年第1回定例会(第2日 3月12日)

例えば転職退職などライフステージの節目に奥出雲町にUターンしてもらえるよう日ごろから各家庭、地域からの情報発信の方法を含む対策の検討など、また思い出が多い夏祭り、盆踊りなどのふるさと行事への誘い、これらにつきましては各出身者会関西奥出雲会瀬戸内奥出雲会東京仁多会各地出身者会との交流の強化だと思いますが、このことは真に関係人口の増加につながるものと思います。

浜田市議会 2020-02-28 02月28日-04号

このことは、転職退職県外に出る人を地域にとどめたり、あるいはUターン者を獲得することにもつながってまいります。 また、地元大学に進んだ学生は地元就職しやすいというデータもございます。例えば、高大連携など、県立大学が目指しておられる方向性とも合っておりますので、連携して取り組みたいと考えております。 

浜田市議会 2020-02-26 02月26日-02号

中には結婚とか体調不良とかありますし、民間企業転職したい、自分で起業、ITの事業をやりたいとかいろいろなパターンがあると思います。確かに、私どもの組織が十分魅力あるかどうかというのも、きちっと職員の思いを聞かなければいけないと思っておりますので、自己申告や、私が毎年新規採用職員若手職員の面談もさせていただいておりますし、若手職員、同期で懇親会等もしていただいております。

奥出雲町議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第3日12月10日)

しかし、特に最近では、施設に勤務する職員離職転職が多く、残った職員の受け持つ利用者数労働時間はふえる一方です。このままだと健康を害する職員離職者がさらにふえ、施設内のトラブルがふえる可能性をも否定できません。  そこで、お聞きしたいと思います。老健などの介護施設職員過重労働の実態は把握されていますでしょうか。続けて、老健人員基準は満たしているでしょうか。

松江市議会 2019-12-03 12月03日-03号

現時点ではこの学びのサポーターの役割が明確にはなっておりませんが、この見直しによりまして学校司書の雇用や待遇に影響を及ぼすようなことになれば、業務への意欲の減退や転職あるいは他地域への流出の可能性等が生ずることなどを危惧しております。いずれにいたしましても、私ども学校司書の皆さんが将来にわたって十分に力を発揮できる職場であってほしいと思っております。 

大田市議会 2019-12-02 令和元年第 7回定例会(第1日12月 2日)

しかし、その70%が地元からの転職であったということであります。また、空き家対策は、事業者が改修して行政支援する、採用は各企業で行っている、こういうことでありました。我が大田市でも参考になると感じた視察でありました。  次に、鹿児島県南さつま市のツール・ド・南さつまサイクリングイベントについてであります。  

奥出雲町議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第2日 6月11日)

次に、幼児園運営仁多福祉会でございますが、御指摘保育士退職については、結婚や出産を機にした離職や、新たな自己可能性を求めての異業種への転職などによるものと聞いております。また、町の取り組みといたしまして、職場環境の改善に向け、U・Iターンフェア機会を利用した保育士人材確保取り組みを実施し、今年度、県外からIターン保育士の1名の確保につながりました。

浜田市議会 2018-12-06 12月06日-04号

還暦祝いですとか、転職報告会趣味歴10周年を祝う会、うまいもの取り寄せ会、もうすぐ育休明けの人を励ます会などなどです。非常に視点がおもしろいなということで、人と人とをつなぐ理由というのはいろんなところでつくれるんだろうなと思います。中身をいかにおもしろくするか、興味深く設計していくかというのがとても鍵だと思うんですね。

大田市議会 2018-12-06 平成30年第 5回定例会(第2日12月 6日)

県内事業所にとっては、従業員労働時間が制約され、人件費がふえ、新たな就労環境整備が必要とされ、転職により人材不足に陥り、2017年度都道府県ワースト12位で182件の県内企業の休廃業、解散数に将来拍車がかかるかもしれません。事業所経営主としての私の所見では、ここに経営者高齢化後継者不在が乗じ、地場産業に深刻な影響を及ぼすことも懸念されます。

雲南市議会 2018-12-05 平成30年12月定例会(第5日12月 5日)

市内におきましても、求人を出しても人が集まらないといった声がある一方で、労働者はよりよい就労環境を求めて転職するということでございまして、事業者間での人材の奪い合いといったケースも最近多くなっているというようでもございます。  こうした状況の中、市では今年度から新たな人材確保支援策として、雲南市企業人材確保支援事業に取り組んでおります。

松江市議会 2018-09-11 09月11日-03号

以上で子育て支援子育てに関しての質問は終わりますけれども、フリーアンサーの中では、仕事子育て両立に忙しくて余裕がないということ、それから男性には頭が痛いんですけれども男性が育児に参加できる仕組みをつくってもらいたい、また子育て支援が充実している企業があれば転職したいので、ぜひそういったところの情報が欲しいなど、子育て仕事両立に本当に悩んでいるという方々が多いなというのが改めてわかりました