132件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

浜田市議会 2020-09-29 09月29日-07号

それならば、地方自治の両輪と言われながら議会には議会基本条例があって、浜田市には自治基本条例のような最高規範がない状態をこれからも続けていくというおかしなことがまかり通ることになるのでしょうか。自治基本条例もつくらず、このまちづくり条例最高規範たり得ないとすれば、浜田市の21世紀のまちづくりはどこに向かって進んでいけばいいのでありましょう。 

浜田市議会 2020-09-08 09月08日-06号

浜田市議会においても、議会基本条例を定め、その中で重要案件意見交換会議会報告会について規定し、議会としての広報広聴機能の充実を図っています。 また、24の類似団体状況を調べると、議員定数の平均は17.8人となっています。さらに、5月に実施した議員定数等に関する市民アンケートでも答えは18人とするものが最も多く、次いで20人、16人という結果でした。

大田市議会 2020-06-26 令和 2年第 5回定例会(第5日 6月26日)

事務局職員朗読] ○議長松村信之) 大田市議会では、議会基本条例制定する中で、市民に開かれた議会市民負託に応える議会を目指し、様々な議会活動に取り組んでいる。  こうした中、全国的に、地方小規模市議会においては、議員の成り手不足の問題が顕在化してきており、先般の任期満了に伴う大田市議会議員選挙においても、新生大田市になって初めて、無投票となった。  

雲南市議会 2020-03-19 令和 2年 3月定例会(第8日 3月19日)

議会基本条例制定に伴い、本議会として広聴活動にも力点を置くこととなりました。これまでは議会報告会改革目的とし、さまざまな取り組みについて視察を行い、研究を行ってきました。議会報告会については、パワーポイントを使い、グラフや図表を示すことにより、わかりやすい説明ができることに努めております。  

大田市議会 2020-03-19 令和 2年第 1回定例会(第5日 3月19日)

議員なり手不足解消という大きな旗印のもと、9回の委員会を数える中、1回から5回までの委員会議会基本条例をひもとくことで、多岐にわたって改革魅力化課題を抽出し、活発な意見提案を整理し、中間提言書といたしました。昨年8月、議長へ提出し、議会市民へ周知をさせていただきました。

大田市議会 2019-12-02 令和元年第 7回定例会(第1日12月 2日)

根室市議会では、平成21年から議会改革に取り組み、政務活動費の用途の公開を手始めに、平成24年には議会基本条例制定し、市民との情報共有を図り、市民意見が反映できる仕組みづくり議員間の討議の活性化を進め、政策立案提言をされておられました。  また、地方分権時代に即した議会として、平成21年に根室市議会改革調査等特別委員会設置

大田市議会 2019-09-02 令和元年第 6回定例会(第1日 9月 2日)

最初に、提言書趣旨文、次に第1項目議会基本条例への提言、第2項目魅力化議会改革について、それぞれ箇条書き形式で記述し、附帯意見もつけました。第3項目を総括と今後の活動方針といたしました。  委員からの意見を申し上げます。まず、提言書としての構成についてさまざまな意見が出ました。

大田市議会 2019-06-14 令和元年第 4回定例会(第1日 6月14日)

最初に、前回までに検証シートもと意見聴取をした議会基本条例の現状と課題については、3月議会で私、委員長報告をしたところでございますが、改めて各条文ごとに副委員長より説明をいたしました。  続いて、これらを魅力化議会改革に仕分け、整理をし、その一覧表説明に移りました。その内容といたしましては、まず、外部への発信として捉えた議会魅力化です。

大田市議会 2019-03-04 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

次に、第17条、議員政治倫理については、第3条、責務と役割で意見が出され、議会基本条例とは別に、適当な時期、状況を鑑み、何らかの検討をするべきでありました。  続いて、第18条、議員定数については、議会委員会機能が果たされる定数とするべきという意見はあったものの、後期の議論とすることといたしました。  

大田市議会 2018-12-03 平成30年第 5回定例会(第1日12月 3日)

議会基本条例検討議員待遇についてのこと。定数減ありきの議論はいかがであろうか。地域住民とともに議論を進めるべき手法など多様な意見提案が出たところであります。  次回委員会では、正副委員長において具体的なスケジュールを示す中で議論をいただくことを確認し、第1回の委員会を閉じました。  続きまして、11月16日の第2回委員会であります。

雲南市議会 2018-11-29 平成30年12月定例会(第1日11月29日)

委員会では、議会基本条例目的である広聴活動に力を入れるため、これまで定例会報告を主題としてきた議会報告会を見直し、市民との意見交換に重点を置き、2年間で5回、26会場で延べ604名の参加をいただき、462件の貴重な意見をお聞きし、いただいた意見要望会場ごとに整理分類し、市政議会運営に反映してきました。

江津市議会 2018-03-20 03月20日-04号

なお、こうした重要政策については、議会基本条例にあるように、本来あるべく議員相互間の合意形成の過程がないまま提案されたことは、非常に残念に思うことを申し述べておきます。 以上で反対討論を終わります。 ○議長田中直文) これに賛成の御意見はありませんか。              〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長田中直文) ほかに御意見はありませんか。              

奥出雲町議会 2017-12-20 平成29年第4回定例会(第4日12月20日)

この議会モニター制度導入は、議会活性化議論の中から生まれ、議会基本条例制定とともにスタートされたようです。以前行っていた議会報告会では地域の偏った要望が多かったようですが、モニター会議では、町全体の政策への意見がほとんどであり、本会議の傍聴や情報公開の仕方、議会広報誌の親しみやすい紙面づくりもとても参考になる意見が多いとのことです。