508件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松江市議会 2021-06-28 06月28日-02号

交付マイナンバー電子証明更新状況を把握しているかお伺いいたします。登録しても、使いこなせないと、その効果は上がってこないわけであります。マイナンバー電子証明利用は、5年経過すると更新するようになっておりますが、その管理地方公共団体情報システム機構が行っているようですが、ただ持っているだけで使われなければ当初の行政事務効率化に結びついてこないと思います。

奥出雲町議会 2021-03-19 令和 3年第1回定例会(第4日 3月19日)

全体質疑では、国保の資格証明短期証交付状況等内容等について確認。14億6,433万1,000円の歳入歳出予算で、対前年比1,482万5,000円の減額となっております。教育福祉予算小委員会委員長から小委員会における審査報告を受けた後、全体審査を行いました。  次に、議案第39号、令和3年度奥出雲町後期高齢者医療保険事業特別会計予算提出について。

奥出雲町議会 2021-03-11 令和 3年第1回定例会(第2日 3月11日)

接種当日は、予約された時間までに接種券とともに郵送する予診票を記入し、接種券本人確認ができる身分証明等の書類をお持ちになって、会場または診療所へお越しいただきます。受付での検温、本人確認の後、予診票記載確認をいたします。その後、医師の予診を受けていただきまして、接種が可能と判断されればワクチン接種となります。

益田市議会 2021-03-05 03月05日-03号

12月議会においても、マイナンバーカード取得についてお聞きをいたしましたが、個人番号が記載されたマイナンバーカード本人確認のための身分証明として利用できるほか、行政サービスオンライン申請など幅広く活用ができ、2016年1月から交付が始まりました。今月からは、健康保険証としても使えるようになります。24年度には運転免許証との一体化も目指しているようです。 

松江市議会 2021-03-02 03月02日-03号

現在のマイナンバーカード利用ですけれども、本人確認個人番号確認するための書類としての利用はもとより、コンビニ住民票等各種証明取得確定申告電子申請サービス等活用されております。 さらに、近々健康保険証としての利用も始まり、今後運転免許証一体化も検討されると伺っております。 ○議長森脇幸好) 新井議員

雲南市議会 2021-03-02 令和 3年 3月定例会(第2日 3月 2日)

この経費については、返礼品の額は3割ということで決まっておりまして、あとはこのいろいろなやり取り、送付だったり、いろんな事務経費だったりみたいなところがあって、大体5割に収めたいということでやっておりますけれども、取扱量が増えてくると、そうした事務的なやり取り、市のほうでいいますと証明を発送したり、いろんなことがございまして、その部分が若干、52%から56%といったところに出てきておりますけれども

江津市議会 2020-12-10 12月10日-03号

税務課につきましては、所得税申告相談2,033件、市民税申告受付968件、税証明発行7,918件です。 子育て支援課につきましては、児童手当関係920件、母子福祉関係620件、保育所関係500件です。 保険年金課につきましては、福祉医療乳幼児医療関係1,777件、国民健康保険関係6,307件、後期高齢者医療保険関係3,114件、国民年金関係526件です。 

松江市議会 2020-12-09 12月09日-04号

県の行政書士政治連盟からは、地域貢献として、以前から、災害時、罹災証明発行業務などを速やかにできるように市町村との協定を結べないか、会派として相談を受けておりました。昨年の9月議会でも、我が会派田中明子議員から質問をしております。 松江市は、島根県で初めて県行政書士会と11月25日に災害時の協定を結ばれたとテレビニュースで報道されておりました。

益田市議会 2020-12-07 12月07日-03号

また、河野大臣は、存続する相当部分は印鑑登録されたものや銀行の届出印など、そういうものは今後残ると説明され、デジタル庁が発足され、業務デジタル化された際には、電子証明などが導入されるであろうとの見通しも示しています。 さらに、政府・与党は、確定申告などの税務手続においても、押印の原則廃止を検討する方針を明確にしています。

浜田市議会 2020-09-29 09月29日-07号

委員から、通知カードの再交付手数料について質疑があり、執行部から、マイナンバー制度導入から既に5年経過して周知がなされ、導入時の役割を終えたとの判断や、社会のデジタル化を進める観点から電子証明が搭載されたマイナンバーカードの促進のため、通知カードが廃止されたことを受けて手数料条例を改正したとの答弁がありました。 

雲南市議会 2020-09-08 令和 2年 9月定例会(第3日 9月 8日)

昨年11月から開始をいたしましたコンビニ交付サービスによりまして、本年7月まででございますけども473件の証明発行をしております。  また、令和元年中の所得に係ります国税電子申告納税システムe-Taxでございますけれども、雲南市の確定申告総数7,152件のうち3,088件、43.2%でございますが利用がございました。  

益田市議会 2020-09-08 09月08日-03号

西宮では、被災者支援システムで可能な業務として、災害時には被災者台帳の作成、罹災証明発行倒壊家屋管理、義援金の配布、生活支援金給付、全国から寄せられる救援物資出納管理避難所仮設住宅の入退去情報管理GIS地理情報システム利用したシミュレーションによる被災復興状況の分析と対策、避難行動支援者被災状況の把握、そして平時には一律10万円の特別定額給付金新型インフルエンザのワクチン

雲南市議会 2020-09-07 令和 2年 9月定例会(第2日 9月 7日)

市民環境部長須田 弘君) マイナンバーカードは、本人確認のための身分証明に使えるだけではなく、カードに搭載されましたICチップによりまして、様々な電子的活用が可能となるもので、国において実施、検討されていますマイナポイント健康保険証及び運転免許証等活用は、マイナンバーカード普及を目的とし、行政効率化国民利便性向上を目指すものと承知をしております。