922件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

浜田市議会 2042-06-21 06月21日-03号

参事のほうからは柔軟にと言っておりまして、どうも柔軟の解釈電気を通す通さないみたいな話があって、ここでは私もよくわからない、しっかりと答弁できないんですけども。要は地域の方々が今の休園中でも使えるようにしてくれないかということですよね。            (14番岡本正友議員「そうです」と呼ぶ) じゃあ、どうすれば使えるのか。電気を含めまして、その辺は検討させてみたいと思います。

浜田市議会 2024-12-18 12月18日-07号

それで、私がお尋ねしたいのはそのことと、6月に2億3,000万円余りの土地と建物の契約を特産品センター浜田市で締結をしているわけですけれども、その2億3,000万円何がしかの中にその1,000万円も含めておるんだという、どうも解釈をされておるようですけれども、それはそういう解釈をされておるという理解をさせてもらってよろしいかということです。 ○議長川神裕司) 澁谷議員

江津市議会 2022-12-11 12月11日-02号

一般的には広義的な意味合い、また狭義的な解釈も示されておりますけれども、当市においてはどのような定義づけをしているか伺います。 ○議長森脇悦朗) 冨金原社会教育課長。 ◎社会教育課長冨金原昭久) 文化財保護法に明記されているものとしましては、有形文化財として建物工芸品、古文書、考古資料など、無形文化財としまして演劇、工芸技術などがあります。

浜田市議会 2021-12-06 12月06日-05号

要するに、今後浜田市としては益田市のような小・中、基本的な統廃合の方針等にはなかなか持ちにくいという解釈でよろしいでしょうか。答弁が難しかったらいいですが。 ○議長川神裕司) 教育長。 ◎教育長石本一夫) 確かに益田市には立派なそういった方針をつくり、それに基づいた検討がなされておりました。他市にもそういった例はございます。

浜田市議会 2021-09-04 09月04日-03号

地域政策部長岡田泰宏) このコミュニティセンター社会教育施設として位置付けるかどうかによって少し変わってきますが、社会教育施設とした位置付けを残した場合にも、現在の社会教育法解釈からいきますと、特定の事業者政党や宗教に対して便宜を図るというのは難しいんですけども、中立性が確保できればある程度そうした使用を認めるという法の解釈もあります。

浜田市議会 2020-12-09 12月09日-06号

ということは、違反かどうかわかりませんが、水道事業のほうが、今度はそれにあわせて改正が出てくるという解釈でよろしいですか。 ○議長川神裕司) 管理課長。 ◎管理課長坂田歩) 水道事業は、私ども上下水道部管理課の担当でございますけども、改正の予定がございます。改正いたします、3月。 ○議長川神裕司) よろしいですか。 そのほか質疑ありますか。川上幾雄議員

浜田市議会 2020-12-05 12月05日-04号

だけど、一人ひとりについてそういう補助をしていくんではなくて、トータル、浜田市にはこんだけという形で交付金がおりてくるという解釈でいいんですか。 ○議長川神裕司) 市民生活部長。 ◎市民生活部長斗光秀基) そうでございます。医療費がどれだけかかったかじゃなくて、浜田市がこれだけ負担するだろうというところで、大枠の概算で交付金が来るということです。 ○議長川神裕司) 西村議員

松江市議会 2020-06-24 06月24日-02号

一方、公職選挙法第201条の13第1項第2号、これは選挙期間中における政党等政治活動の規制に関する規定でありますが、これを根拠規定といたしまして、新聞広告の内容については、選挙運動に当たらない純粋な政治活動の範囲内であるものに限り、候補者氏名または氏名類推事項に及んでも規制されないと解釈されているところであります。 

江津市議会 2020-06-19 06月19日-02号

選挙管理委員会事務局長土田雅彦) 市長への御質問でありますが、法律解釈となりますので、私のほうからの答弁とさせていただきます。 市長特別職公務員でありますので、地方公務員法適用は受けません。地方公務員法適用を受けるのは一般職公務員です。 また、公職選挙法第136条で選挙運動を禁止されているのは一般職公務員であり、特別職公務員である市長選挙運動をすることができます。

大田市議会 2020-04-20 令和 2年第 2回臨時会(第1日 4月20日)

ここで、選挙の法的な解釈につきまして、事務局長から説明いたしますので、お聞き取り、お願いをいたします。 ○議会事務局長(大谷 積) 御説明を申し上げます。  議会で行う選挙につきましては、地方自治法第118条の規定に基づき行うものでございまして、これには公職選挙法規定が準用されるものでございます。  

奥出雲町議会 2020-03-13 令和 2年第1回定例会(第3日 3月13日)

議員(10番 内田 精彦君) なかなか直接には言えないかもわかりませんが、先般の話では、32名ぐらいの利用ができると、宿泊もできる施設だというお話であったと思うわけでございますので、要するにそれにも利用ができるというふうなことの解釈でよろしゅうございますか。もう一度お願いします。 ○議長(藤原 充博君) それじゃあここでしばらく休憩といたします。

大田市議会 2020-03-09 令和 2年第 1回定例会(第4日 3月 9日)

国のほうでいろいろ公文書の扱いで激論されておりますけれども、自治体においても条例上、こういう書面を出しなさいよということになっておって、私たちが請求した場合には、明らかに私は公文書の一端であると思いますから、当然提出するべきだと、私はそれなりの有力者に聞いてみたところ、そういう解釈をもらったところであります。ぜひその面についての補正を求めるものであります。  

江津市議会 2020-03-09 03月09日-03号

市民生活課長(小瀧陽夫) そこの案件については、公文書等々で解釈をしておりまして、無条件というのに疑義が生じておりませんでしたので、そこに対しての照会はしておりません。 ○議長森脇悦朗) 7番多田議員。 ◆7番(多田伸治) 環境省は、きちんとそういったアナウンスをされとるというふうに言われております。

益田市議会 2020-03-06 03月06日-04号

これも新聞マスコミ報道等で御存じの方もおありかと思いますが、国においては検察庁の検事の定年について、法律適用解釈を変更して定年年齢を延長するということが行われました。そのことについて、法律適用解釈を変更することによって適用されるのであれば、当然、自治体における法律条例ですから、条例解釈を変更することによってさまざまなことが適用解釈変更ができるのではないかと思ったところであります。 

益田市議会 2020-03-05 03月05日-03号

それをちょっと発想を転換することによって、一石二鳥の効果が生まれたものではないかというふうに、私は解釈しているわけですけども。 そこで、市は今、観光客誘致に対してさまざまな施策を打ち出して実行しとるんですけども、核となる施策がなかなか見出せてないんじゃないかと、私の思いの中ですけども。やっぱり全国に知名度アップの発信されてないのが現実であろうというふうに思います。