1412件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2021-03-19 令和 3年第1回定例会(第4日 3月19日)

これまで新型自由主義的な政策の下、安全、安心を脅かすような規制緩和と、公共設備社会保障弱体化が進められてきました。しかし、コロナ禍の下で、公衆衛生医療福祉をはじめとする公共の大切さ、役割が再認識されています。行き過ぎた行財政改革は根本的に見直し、公共サービス医療福祉産業政策町民暮らしを支えるという視点から転換すべきであります。  

奥出雲町議会 2021-03-12 令和 3年第1回定例会(第3日 3月12日)

アンケートの最後に、まちづくりに必要と考え取組や、町に対する御意見、御提案など、自由に書くようになっていたので、自分の思いを記入して提出されたそうです。個別の回答は期待していなかったけども、せっかく町民思いが届けられたのに、何ら役立たなかったのではないかと落胆されていました。

奥出雲町議会 2021-03-11 令和 3年第1回定例会(第2日 3月11日)

そして、ワクチン接種は、あくまでも個人の自由意思で行われるべきであり、接種の有無で差別することは絶対あってはなりません。  2つ、ワクチン感染終息への有力な手段ですが、未知の問題を多く抱えています。ワクチン頼み感染対策がおろそかになれば、大きな失敗に陥ります。厚生労働省も、ワクチンによる発症予防効果臨床実験で確認されたが、感染予防効果については明らかになっていないとしています。

奥出雲町議会 2020-12-18 令和 2年第4回定例会(第4日12月18日)

議員(12番 大垣 照子君) それで、地域学習拠点施設という名称になってますので、ここを、例えば夏休みとかに利用されている方が自宅に帰られるといった場合、ここの施設はずっとオープンで開けておられるのか、夏休み自由に使えるっていうふうになってるのか、今の多目的ホール、そこら辺についてお考えをお聞かせください。 ○議長藤原 充博君) 永瀬教育魅力課長

雲南市議会 2020-12-10 令和 2年12月定例会(第2日12月10日)

アンケートは、パネルに示しましたとおり6項目若者定住、グラフのピンク色地域経済オレンジ色生活環境紫色、防災・減災、黄色、福祉とコミュニティー、青色、コロナ対策、緑色の選択と自由記載の灰色としました。  結果は、全ての項目について必要性を確認しましたが、中でも若者定住促進ピンク色地域経済振興オレンジ色生活環境の整備と保全、紫色を重点的に進めてほしいとの結果でありました。  

江津市議会 2020-12-09 12月09日-02号

そうした意味では、自家採種ができないことによって許諾制を取ることでますます農業経営者を著しく圧迫をするということでありますし、自家採種を違反すると1,000万円の罰金とか、あるいは10年以下の懲役に科せられるとかというような意味で言いますと、自由な品種の改良などの意欲を失わせて、農業に対する魅力が薄れ、新規営農への影響もあるというふうに考えておりますが、その辺の見解をお伺いしたいと思います。

大田市議会 2020-12-09 令和 2年第 10回定例会(第2日12月 9日)

健康福祉部長(林 泰州) 大田市内には、例えば認知症の方やその御家族の方が、カフェのような自由な雰囲気の中で情報交換や悩みの共有、御家族同士の交流を図るための認知症カフェが3か所ございます。  また、障がい者の家族同士団体が数団体ございまして、情報交換研修、親睦を図るための活動を行っておられます。  市といたしましては、御相談があればこれらの団体を御紹介することとしております。以上です。

松江市議会 2020-12-08 12月08日-03号

自然があるのがあまりにも当たり前で、子どもたち自由に使える自然環境など、松江教育における自然環境について戸外の授業など意識が少ないのではないかと思われます。課題と考えられる方針を伺います。 ○議長森脇幸好) 大谷教育長。 ◎副教育長大谷淳司) 自然との触れ合いは、子どもたちの健やかな成長に欠かせないものであると考えております。 

益田市議会 2020-12-08 12月08日-04号

フランスや韓国では、誰もが自由に移動できる権利を保障する交通権が法でうたわれていますが、日本では国民交通権がまだ法制化されておりません。しかし、住民交通権を保障する交通まちづくり条例公共交通基本条例など、条例制定取組が福岡市をはじめ全国各地自治体で行われております。益田市も条例とまではいかなくても、この新しい計画の中にその考え方や精神を反映させるお考えはないでしょうか。

益田市議会 2020-12-04 12月04日-02号

その中では、市内高校生有志による益田家歴代当主自由なイメージでイラスト化する取組が発表されるなど、若い世代の活躍も期待されるところです。 また、事業者観光ガイド向け研修会も年内に計画しています。 このように、日本遺産を支えるひとづくり観光振興に向けた取組をこれからも推進してまいります。 以上です。 ○議長中島守君) 20番 寺井良徳議員

浜田市議会 2020-12-03 12月03日-04号

そして、住民自由で活発な活動に対して、行政には緩やかな追い風を送り続けていただきたいと思います。 ○副議長佐々木豊治) 13番布施賢司議員。            〔13番 布施賢司議員 質問席〕 ◆13番(布施賢司) 13番議席、会派未来布施賢司でございます。 今回定例会議の私の一般質問は、公立幼稚園の施策についてですが、この件については本日まで3名の議員質問を行っております。

浜田市議会 2020-12-02 12月02日-03号

◆6番(柳楽真智子) 続いて再質問ですが、児童・生徒が主体となっていじめ防止活動、これは辰沼キッズレスキューというのを立ち上げて、活動への参加も脱退も自由としておられるところがあります。これには、多数の児童いじめ反対の姿勢を表明し活動することでいじめがやりにくくなることや、多数の児童いじめ反対なので傍観者にならなくて済むなどの効果があったとのことでした。

浜田市議会 2020-11-30 11月30日-01号

委員会では、これら議案については、特に問題となる質疑はありませんでしたが、採決の前に会計年度任用職員期末手当の支給について自由討議をすべきとの意見があり、自由討議を実施し、複数の委員から意見がありました。 これら3件の議案について、それぞれ採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務文教委員長報告といたします。

大田市議会 2020-11-27 令和 2年第 9回臨時会(第1日11月27日)

自助を強調し、国、自治体役割を放棄する新自由主義では市民の命と暮らしが守れないことがコロナ危機により明らかとなりました。地域住民との協力、協働を広げ、公務公共を拡充し、ポストコロナのあるべき社会を目指すべきではないでしょうか。このことを訴えまして討論といたします。  議員各位におかれましては、真摯な御判断を心からお願いを申し上げます。 ○議長松村信之) 以上で通告による討論は終わりました。  

奥出雲町議会 2020-11-27 令和 2年第4回臨時会(第1日11月27日)

新型コロナ感染拡大は、新自由主義による自己責任論市場原理民営化国民の命と暮らし危機にさらすことを明らかにしました。期末手当引下げもその一環であります。町職員の皆さんには、コロナ危機終息が見通せない下、働く者、国民を犠牲にする社会から住民の命と暮らしを守り切る公務役割を発揮していただきたいものであります。  

松江市議会 2020-10-09 10月09日-07号

(2)現行の計画案のまま着工するに対しては、実際の市民検討会議市民ワークショップについては、選定やワークショップが行われており、現場見学した会派議員からは、多くの市民が将来の松江市の形を描き、自由に話をしていたとの報告も受けています。ただ、その後の広報や周知については、非常に脆弱であったと思わざるを得ません。特に今回基本設計で150億円という数字が出てから市民の運動が起こったように思います。