555件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

江津市議会 2021-03-19 03月19日-04号

また、大規模自然災害にも対応するため、江津西処理場においては自家発電設備設置工事費も計上されています。さらに、安定的な経営を目指すために公営企業会計導入に向けた準備のための関連予算なども含まれます。今後は、汚泥共同処理を行っている敬川の江津浄化センター水処理を行う江津西処理場など、現有施設能力最大限に有効活用できる規模を念頭に置き、事業を進めていくとのことでした。 

奥出雲町議会 2021-03-12 令和 3年第1回定例会(第3日 3月12日)

さて、自然災害が相次ぐ今日、本町においてもその対策具体化が急がれています。昨年末まで町内の全地区におきまして、町主催防災説明会が開催され、一時避難所見直し等について説明を受け、各自治会において安全性の判断により、一時避難所の今後の利用と新たな避難所施設候補の報告を求められました。  

益田市議会 2021-03-08 03月08日-04号

風力発電事業ガイドライン作成に関連するものとしましては、災害や環境、景観、健康などを守る益田版SDGs、特に心身の健康と安心できる生活をみんなに、そして魅力ある地域暮らしをいつまでも、それから自然災害に強くしなやかなまちに、協働目標や課題に取り組もうなど、そういう風力発電ガイドライン作成に当たってはいろいろとこのSDGsの活用ができると思いますが、どうお考えでしょうか。

雲南市議会 2021-03-05 令和 3年 3月定例会(第5日 3月 5日)

また、豪雨、積雪、寒波といった自然災害に起因する災害対応各部署で抱える、最近、各種計画づくりなども非常に多くなっています。計画をつくらないと補助金が来ない、そういったような現実もあるようでございまして、非常に複雑な業務への対応、これを踏まえた上で、本来の行政サービス市民の皆様へ十分に提供する体制があるのか不安に感じると、これは私もですし、職員の方々からも聞いているところでございます。  

益田市議会 2021-03-05 03月05日-03号

また、国との意見交換などでは、道の駅を取り巻く状況に変化があり、相次ぐ自然災害への対応として、災害時における避難物資搬入場所避難所開設場所とするなど、防災面においての機能強化が求められるとの情報提供を受けております。 一方、山陰道については、令和に入り、三隅・益田道路開通予定時期が明示され、また益田西道路が新規事業化されるなど大きな進捗があったところです。 

雲南市議会 2021-03-04 令和 3年 3月定例会(第4日 3月 4日)

教育長(景山 明君) 例えば子供が集団登校すると、そうするとすぐ横で車が通るとか、それから、カーブがあるけれども、カーブミラーがなくて、運転する方にとっては向こうから来る子供たちがなかなか確認しづらいとか、そういうふうな子供たちにとって交通事故に巻き込まれる危険が高いところ、あるいは自然災害が起こりそうなところ、そういうところが危険度が高いというふうな認識をしております。

江津市議会 2021-03-02 03月02日-01号

令和3年度当初予算における主な事業としては、管渠整備に加え、自然災害による大規模停電備え令和2年度に設計を行った自家発電設備工事費を計上しています。 一方で、経営面を見ますと、下水道事業などの地方公営企業の置かれている状況は、人口減少による収益力が低下する一方で、機器の老朽化による更新費用の増大が見込まれることで経営が厳しくなることが予測されます。

益田市議会 2021-02-25 02月25日-01号

自然災害対策については、今市川の河川改修を行うとともに、関連する移転補償などを行います。 全国で多種多様な自然災害が発生する中、地域防災の要である消防団員については、その活動性向上及び安全確保のため、機能性及びデザイン性に優れ、災害活動時に視認されやすい新基準の活動服に一新するとともに、個人安全装備品計画的な貸与を進めてまいります。 

大田市議会 2020-12-10 令和 2年第 10回定例会(第3日12月10日)

いつ来るかもしれない自然災害備え、万全を期すべきと考えますが、地域現状を踏まえ、お考えをお伺いします。 ○副議長(月森和弘) 水田総務部長。 ○総務部長水田雄二) 先ほども申し上げましたが、要支援者につきましては5,000人程度いらっしゃるということで、この個別計画行政だけで作成するということは非常に困難だというふうに考えております。

江津市議会 2020-12-10 12月10日-03号

総務課長佐々木章夫) 議員御質問の激甚する災害の要因ということでございますが、先ほど議員おっしゃいましたように、近年全国的に自然災害激甚化頻発化し、気候変動影響によりまして本市におきましても想定外の雨量をもたらし、平成30年に続き今年も2年前とほぼ同一地域において被災をしたところでございます。 

奥出雲町議会 2020-12-09 令和 2年第4回定例会(第3日12月 9日)

こうした中、近年の高齢化等により、米生産量の縮小や自然災害頻発による生産面積減少はあるものの、全国的に非食用米や麦、大豆、飼料用米、高収益作物への転換が進まない状況に加えまして、新型コロナウイルス感染症影響による米の大幅な需要の減少に伴い、米の消費拡大を推進するも、主食用米民間在庫が高い水準で推移すると見込まれ、令和年産米価への影響が非常に心配される状況でございます。

松江市議会 2020-12-09 12月09日-04号

都市整備部長安達良三) 国土強靱化につきましては、あらゆる大規模自然災害を見据えて、人命の保護、社会の重要な機能の維持、国民財産被害最小化等基本目標として、最悪の事態に至らないための事前の取組を総合的に進めていくもので、国それから地方ともに、法律に基づき、それぞれで国土強靱化計画を策定することとされています。 

江津市議会 2020-12-09 12月09日-02号

っておられますけど、なかなか被害がなくなるということは追いかけっこになっているというふうに思っておりますけど、今後の対策についてでありますけど、11月25日の新聞の投稿欄に早朝に外に出ると、柿の木に熊が登っていた、以前も庭先に現れたこともある、鳥獣害に遭遇してもその場で駆除してはいけないケースがあると、農業者の間では正当防衛は認めてほしいという行政意見もしたことがあるというようなこともあって、鳥獣害自然災害

雲南市議会 2020-12-09 令和 2年12月定例会(第1日12月 9日)

自然災害新型コロナウイルスなどの感染症から市民の命と暮らしを守ることは行政最大の責務であります。そのため、防災減災対策の実施や自主防災組織活動の充実により防災力強化するとともに医療と福祉の連携を一層進め、誰もが安心して暮らせるまちを築いてまいります。  また、新型コロナウイルス感染症対策については、国や県と連携を図り市民生活への支援経済対策を適切かつ迅速に行ってまいります。  

奥出雲町議会 2020-12-08 令和 2年第4回定例会(第2日12月 8日)

自然災害が多発する日本列島で、町民の命と財産を守ることは政治の要であり、従来の延長線上ではない、防災減災対策の抜本的な強化が求められています。この下で、公共事業は、安全、安心防災減災対策老朽化対策公共事業基本に据える抜本的な改革は必要だと考えます。国民一人一人の命と財産を守ることを国土強靱化基本法では専ら地域住民の力を向上させることに任されています。

松江市議会 2020-12-07 12月07日-02号

近年の自然災害、天候異常、日本近海で見つかる熱帯地域生息の魚類、地球温暖化は目に見える形で猛威を振るい始めました。人類の危機の始まりであります。未曽有危機に際し、菅総理大臣臨時国会で、グリーン社会実現最大限注力してまいるとし、2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにするカーボンニュートラル、脱炭素社会実現を目指すと宣言をいたしました。石炭火力発電からの転換であります。

安来市議会 2020-12-03 12月03日-02号

近年、全国的に大雨による河川の氾濫や土砂崩れ等、大規模自然災害が発生しています。幸いなことに、本市においては近年大きな被害は出ておりませんが、災害はいつ発生するか分からないのが現状であります。 さて、安来市の市民防災マップを見ると、避難場所自体土砂災害浸水危険区域と同箇所もしくは非常に近い位置にあるものが見受けられます。

松江市議会 2020-10-09 10月09日-07号

さらに、懸念されることは、事業中断により近年増大している自然災害への対応想定されている地震への備えなど防災機能強化に支障が出てまいります。市民の生命、財産を守ることは行政最大の責任です。地震は明日来るかもしれません。10年来ないかもしれません。予測はできませんが、備えはしなければなりません。それも早ければ早いほど市民安心・安全が確保できます。