178件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2019-12-19 令和元年第4回定例会(第4日12月19日)

既に文部科学省では、公立学校施設の構造体の耐震化などについて、4年前の平成27年度までの完了を目標に、耐震補強事業や改築事業に対して国庫補助を行い、地方公共団体への財政支援を行うなど、重点的に推進してきました。現在では、文部科学省は、耐震化などの対策はおおむね完成した状況との見解を示しています。文部科学省は、全国の小・中学校について、市町村ごとに耐震改修状況調査結果をホームページで公開しています。

大田市議会 2019-09-02 令和元年第 6回定例会(第1日 9月 2日)

指摘に対し、見える化の観点から、目標の達成度合いの目印として数値を捉えており、目標を達成することで行政サービスが向上すると考えているとの答弁が、空き校舎の有効活用について、小さな拠点づくりでの活用が考えられないかとの問いに対し、今までも地域活用を検討してきており、旧富山小学校は一部をまちづくりセンターとして活用することとなったが、旧温泉中学校と旧温泉小学校耐震性がなく、利活用に供するためには耐震補強

奥出雲町議会 2019-06-12 令和元年第2回定例会(第3日 6月12日)

この小学校再編の布勢小学校区の結論がもし再編しないという結論に至った場合は、教育委員会としては当然今の小学校危険な状態から耐震補強あるいは建てかえをする中で、強く安全な状態にしていくということを町のほうにも強く要請していく考えであります。 ○議長(藤原 充博君) 大垣議員さん、できるだけ通告にあるような質問をやってください。  大垣議員

奥出雲町議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第2日 3月13日)

町営住宅の老朽化につきましては、現在古いものでは築後40年以上が経過する大市西団地の旧教員住宅の2棟5戸など老朽化が進んでいる建物や、耐震補強などの改造等が必要な建物も多数あることから、平成30年度におきまして国の指針に基づき奥出雲町公営住宅長寿命化計画の見直しを行い、長期にわたって良好な住宅管理をしていくための予防保全的な維持管理及び耐震性等の改善計画を立てて、年次計画により住宅長寿命化を図っていくことと

大田市議会 2018-12-07 平成30年第 5回定例会(第3日12月 7日)

平成14年には玄関や調理室など一部改修工事を行っておりますが、平成25年度に実施いたしました耐震調査では、耐震補強工事が必要であると診断をされております。  また、現在の施設にはエレベーターが設置されておらず、障害者差別解消法にある合理的配慮の観点からも施設の整備が求められています。  

大田市議会 2018-03-08 平成30年第 1回定例会(第3日 3月 8日)

教育長(大國晴雄) 御質問いただいておりましたAEDの設置、あるいはAEDを活用した救命教育、非常に大切なことであるというふうに承知をいたしておりますし、また先ほどありましたように、そもそもAEDであったり、あるいは保健室におけるエアコンの設置、また、学校施設耐震補強など、さまざまな教育環境を整えること、これは議員御指摘のとおり、安全・安心な学校ということでありますし、安全・安心な学校ということは

出雲市議会 2018-02-20 平成30年度第4回定例会(第2号 2月20日)

平成30年度(2018)には1施設、そして平成31年度(2019)においては2施設について耐震補強関連工事を行うこととしております。  コミュニティセンターについては、地域の重要な交流拠点であるとともに、地区災害対策本部、指定避難所となるため、耐震性能の確保は急務であり、今後も順次、耐震補強工事を進めていく考えであります。  

出雲市議会 2018-02-18 平成30年度第4回定例会(第1号 2月18日)

教育施設の整備については、西田小学校校舎、国富小学校屋内運動場、高松幼稚園耐震補強工事や中部幼稚園耐震補強設計に取り組みます。また、檜山小学校と東小学校の統合による新設小学校建築工事のほか、平田地域西部4地区の新設小学校の整備に向けた測量造成設計に着手します。このほか、神西小学校北校舎の改築や新斐川学校給食センターの建築工事に着手します。

雲南市議会 2017-12-08 平成29年12月定例会(第1日12月 8日)

これまで市としても学校施設とか耐震補強をやってきておりますが、これはやっぱり国の補助金があったりとかする中で取り組んできたわけですけれども、なかなか社会体育施設についてはこれまでなかったということで、取り組みができてないということでありますけれども、今回この部分が出てきましたので手を挙げて、何とかなりそうだということで今回補正に上げさせていただいたところであります。  

出雲市議会 2017-12-06 平成29年度第4回定例会(第4号12月 6日)

耐震補強を含めた根本的な保存修理工事が必要な時期が到来していると認識しているところでございます。このため、先ほどご紹介ございますように、昨年6月に策定いたしました旧大社駅保存活用計画によりまして、建築から100周年を迎える平成36年、2024年までに保存修理工事を実施することとしております。  

出雲市議会 2017-06-26 平成29年度第2回定例会(第6号 6月26日)

これは、文化施設改修事業(出雲市民会館大ホール耐震補強工事)の継続費について、耐震構造基準の改正などにより、総額を3億1,850万円から4億7,410万円に変更するものであります。  内容審査の結果、原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。  以上、予算特別委員会に付託を受けました案件の審査結果の報告を終わります。 ○議 長(福代秀洋君) ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。  

大田市議会 2017-06-15 平成29年第 2回定例会(第3日 6月15日)

また、校舎の耐震補強工事体育館の非構造部材落下防止工事など、計画的な改修に取り組んでいます。  さらには、警察署や国、県、市の道路管理者などとともに通学路の危険箇所を点検し、改善を図るなど、安全体制の確立に取り組んでいます。  御質問平成28年度全国学力・学習状況調査結果についてお答えいたします。  

出雲市議会 2017-06-12 平成29年度第2回定例会(第5号 6月12日)

今回の補正予算につきましては、文化施設改修事業(出雲市民会館大ホール耐震補強工事)の継続費について、耐震構造基準の改正などにより、総額を3億1,850万円から4億7,410万円に変更するものであります。  以上、提案理由の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議 長(福代秀洋君) 以上で、提案理由の説明を終わります。  これより、各議案に対する質疑を行います。  

奥出雲町議会 2017-03-14 平成29年第1回定例会(第2日 3月14日)

本町学校施設耐震化につきましては、耐震補強9棟に加え、改築しなければならない施設が8棟、亀嵩小学校校舎、屋内運動場、馬木小学校屋内運動場、仁多中学校技術教室棟、八川小学校管理教室棟・屋内運動場、三成小学校教室棟、布勢小学校管理教室棟と、数多くの施設耐震化を行う必要がございました。