103件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2020-09-08 令和 2年第3回定例会(第2日 9月 8日)

社会福祉協議会シルバー人材センター老人、婦人会などの各種団体が入る福祉会館、仮称でありますが、これを設置する考えはないか所見を伺います。 ○議長藤原 充博君) 勝田町長。 ○町長勝田 康則君) 御質問にお答えをいたします。  社会福祉協議会シルバー人材センターなどの施設につきましては、議員の御指摘のとおり、老朽化し、改修整備が必要であることは私も承知をしているところであります。

奥出雲町議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第3日 9月12日)

既に町内全ての校区で子供たち保護者を初め自治会長さんや老人、婦人会などの地域のいろいろな団体や、また個々の家庭などでたくさんの町民がこぞって子供たち教育のこと、小学校のこれからのあり方、地域の中の小学校役割地区の将来について真剣に話し合いを始めています。小学校再編方針がきっかけになって、それぞれの地域住民が語り合っています。すばらしいことです。

浜田市議会 2018-06-20 06月20日-03号

この間、広島で各地の公民館自治会老人等の団体経済界等に幅広い人脈を築き、広島における観光情報発信の拠点として誘客活動を行っております。 また、情報誌やインターネットには出てこない隠れた観光スポットの紹介やスポーツ合宿の誘致など、きめ細やかな浜田市の魅力発信に努めており、広島浜田における交流人口の拡大の役割を担っております。 ○議長川神裕司) 川上議員

松江市議会 2018-06-20 06月20日-04号

ただでさえ老人加入者が減ってきている。この上、個人の負担がふえてくると、老人に入る人がいなくなってしまうと。 また、こういうこともおっしゃいます。合併してサービスは低下し、負担はふえるばかり。サービスを向上させ、負担を減らすために合併したのではないか。さまざまな団体地域活動を活発にしてくださいと言う一方で、移動手段はとられ、施設利用料は上がり、そして今まで使えていた施設はなくなっていく。

大田市議会 2018-03-07 平成30年第 1回定例会(第2日 3月 7日)

この中で、公共的な使用として自治会、PTA、スポ少、子供会老人、小・中学校の部会というようなものも無料というふうになっています。その上に、サークル活動による使用月謝等を取らないもの、フォークダンス、囲碁、書道、ちぎり絵といったものも無料ということになっているわけです、今まちセンで。これがどう変わるか。  使用料減免についてということで説明を全協でされました。その中に、使用料減免です。

大田市議会 2017-06-14 平成29年第 2回定例会(第2日 6月14日)

だから自治会だとか老人とかそういった方たち、条例に基づいて利用されている人たち団体については、とにかく今までどおりですよということですね。営利団体だとかそういったところが使われれば今も有料になっていますが。いいですか。それでいいのですね。今までどおりということ、もう一度確認させてください。 ○議長内藤芳秀) 岡田総務部長

安来市議会 2015-12-07 12月07日-04号

また、高齢者季節性インフルエンザ予防接種とともに、広報行政告知放送どじょっこテレビイエローバス車内広告等での周知を初め、各地区健康教室老人、介護予防事業等で広く啓発に努めております。今後も一層の啓発に努めます。 ○議長田中武夫君) 丸山議員。 ◆3番(丸山征司君) 先ほど個別通知広報などでPRやって、そして今後とも努めていくということでございました。 

奥出雲町議会 2015-06-12 平成27年第2回定例会(第2日 6月12日)

この事業が始まりますときの説明では、たしか75歳以上の方、独居老人とか、そういう方のところへテレビ電話を設置するというふうなお話だったと思っておりますが、実際にはいろんな役をしておられる老人会長さんとか、民生委員さんとかの家にも設置してあると思いますけども、この747台、余り小さい数字はいいですが、大体どういうところの家庭、また施設に設置してあるのか、伺います。

浜田市議会 2015-02-27 02月27日-05号

今いろいろとサークルとか老人だとか、そうしたところでもいろいろと対応していただいておりますので、あわせて実施してまいりたいと思っております。 ○議長原田義則) 柳楽議員。 ◆3番(柳楽真智子) それでは、次の質問に移ります。 特殊詐欺についてでございます。 新聞やテレビ特殊詐欺が度々取り上げられているにもかかわらず、いまだに後を絶たないどころか、手を変え品を変えて手口は進化しております。

奥出雲町議会 2014-12-10 平成26年第4回定例会(第3日12月10日)

地域で実施されているふれあいサロン老人など、レクリエーションなどを行うことが広義の意味での作業療法でありますし、日常的に実施している運動や家事、入浴など、日常生活動作そのもの作業療法と言えます。  現在、自治会健康教室等において、転倒予防などをテーマとした健康教室も開催しておりますが、日常生活動作テーマとした健康教室等も検討してまいりたいと考えます。

松江市議会 2014-09-16 09月16日-02号

地区とも、老人やいろいろな団体あるいはボランティアほか多くの人が、学校の都合に合わせていろいろな行事に参加をしております。学校も、地域子供を育てようというなら、地域の人を御用御用で使うだけではなくて、子供の全体像、特に生活態度等地区の役員ぐらいにはお知らせをしながら、一緒になってみんなで育てる雰囲気づくりに活用すりゃいいと思うんですよ。

大田市議会 2014-09-05 平成26年第 5回定例会(第3日 9月 5日)

具体的には、まちづくりセンターと連携をしたウオーキング教室地域高齢者サロン、あるいは老人など、ロコモティブシンドロームの説明会、あるいは筋力低下を防ぐ運動指導を行いまして、日常でできる予防対策についての普及啓発を現在、実施しているというふうな状況でございます。  議員指摘のとおり、運動機能の向上を図る取り組みは、高齢期だけではなくて、若いころからの健康づくりとして取り組む必要がございます。

奥出雲町議会 2014-06-13 平成26年第2回定例会(第2日 6月13日)

教育長(安部 隆君) 条例、規則で定める使用料の対象となる施設の各部屋、室などにおいて、民間団体私有物保管はありませんが、倉庫や保管庫等公共的団体、例えば体協であるとか老人、婦人会地区振興会などのトロフィーとか催事物品等が置かれている施設はございます。これはいずれも地区とか地域の実情によるものであり、施設使用や管理について大きな支障になるものではないというふうに認識しております。