1083件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

出雲市議会 2019-12-06 令和元年度第4回定例会(第4号12月 6日)

最後に、報告書の中でPFI手法を進めるにあたっての留意点として、地元企業の積極的な参入により、地域経済の活性化を促す方策が必要であると挙げてあります。地元建設企業が事業への参画を促すための対策や支援について伺います。  以上、4点について答弁をお願いいたします。 ○議 長(川上幸博君) 藤原市民文化部長

雲南市議会 2019-12-06 令和元年12月定例会(第1日12月 6日)

去る11月16日、木次経済文化会館チェリヴァホールにおいて、旧加茂町から通算して28回目となる教育フェスタ2019を市内外から約450名の参加を得て開催いたしました。当日は、小・中学校児童生徒による実践発表や学校改革を次々と実行されている東京都千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長による基調講演などを通して、今後取り組むべき課題について検討する契機となりました。  

出雲市議会 2019-12-04 令和元年度第4回定例会(第2号12月 4日)

これにつきましては、担当部署を企画部ふるさと納税推進室から経済部商工課に移管し、地元企業のPRや販売促進強化を実施したこと、それから若手プロジェクトチームを立ち上げて、返礼品の掘り起こしを行ったこと、さらには、ふるさと納税のサイトを二つから四つに増やしたことによるものと伺っております。  最後に、今後の取組みでございます。  

出雲市議会 2019-12-02 令和元年度第4回定例会(第1号12月 2日)

          小 瀧 昭 宏 君           防災安全部長        間 島 尚 志 君           財政部長          安 井 孝 治 君           健康福祉部長        岡   眞 悟 君           子ども未来部長       三 島 武 司 君           市民文化部長        藤 原 英 博 君           経済環境部

安来市議会 2019-11-05 11月05日-01号

第2部では、京都大学の藤井教授より、伯備新幹線の整備によってもたらされる経済人口効果、そしてまず地元から大きな声を上げなければならないことについてご講演をいただきました。今後も引き続き、新幹線整備の整備に向けた要望活動を続けてまいります。 次に、11月3日に開催いたしました第15回なかうみマラソン全国大会についてでございます。 

奥出雲町議会 2019-10-18 令和元年第2回臨時会(第1日10月18日)

これまでこの案件につきましては、予算特別委員会総務経済常任委員会、そしてまた予算特別委員会において時間をかけて審議いたした案件でございます。それは全体としては約60ヘクタール、4,600万円の巨費を投じて町民の森亀嵩団地として一体的に維持管理する必要があるのか、谷奥鉄山生産森林組合所有地はともかく、問題は飛び地の6筆、5万5,503平米、1,800万円の購入について議論されたと思っております。

雲南市議会 2019-09-30 令和元年 9月定例会(第5日 9月30日)

日本経済企業収益や名目GDP、就業者数の伸び等好判断材料があるものの、米中の貿易摩擦海外経済の不安材料があり、国内においては都市部と地方格差人口減少の問題等抱える中、この10月から消費税増税による経済失速の懸念など、まさに予断を許さない状況にあります。本市においては、人口社会増を最重点目標に各種施策に取り組んでいますが、人口減少に歯どめがかからないのが実態であります。  

出雲市議会 2019-09-27 令和元年度第3回定例会(第5号 9月27日)

ただいま議題となっております議第52号につきましては、お手元に配付いたしております常任委員会議案付託表のとおり、環境経済常任委員会に審査を付託いたします。  ここで、しばらく休憩いたします。  直ちに環境経済常任委員会を開催いたしますので、関係者は委員会室へお集まりください。                 

奥出雲町議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第4日 9月26日)

本案につきましては、去る9月10日の本会議におきまして、総務経済常任委員会へ付託をいたしております。その審査結果について、会議規則第77条、第94条第1項及び第95条の規定により、委員長から報告を求めます。  11番、村尾明利総務経済常任委員会委員長。 ○総務経済常任委員会委員長(村尾 明利君) それでは、委員長報告を行います。  

大田市議会 2019-09-25 令和元年第 6回定例会(第5日 9月25日)

今、地方は、住民の暮らしの困難、福祉医療農林水産業危機地域経済の衰退など、深刻な課題に直面しています。市民の暮らしの状況はどうでしょうか。非正規労働者はふえ続け、経済的自立が困難と言われる年収200万円未満で働く労働者は実に4割以上に上っています。安倍政権が進める消費税10%への増税は、その矛盾と問題点が一層鮮明になっています。

大田市議会 2019-09-09 令和元年第 6回定例会(第4日 9月 9日)

なお、もしその包括委託をしたものを直接直営をした場合との差はおよそ2,300万円ほど包括委託をしたほうが経済的には有利だということで判断をいたしているところでございます。 ○議長(石橋秀利) 15番、大西 修議員。 ○15番(大西 修) 飯田部長さんね、28ページをちょっと見てください、事業決算書の。ここの真ん中辺に委託料というのがあります。

出雲市議会 2019-09-06 令和元年度第3回定例会(第4号 9月 6日)

本年6月には、国において経済財政運営と改革の基本方針でございますけれども、骨太の方針成長戦略が決定されたところでございます。  全国的に人口減少が叫ばれておりますし、それから少子化進行しております。そうしたことで、働く世代の減少ということで、経済の発展にそうしたことによりまして、大きな影響が生じてくることが予想されております。

出雲市議会 2019-09-05 令和元年度第3回定例会(第3号 9月 5日)

ただ、先ほども申しあげましたけれども、いろんな情勢の中で品質の確保が難しいというのは、これはいろんな経済情勢等で出てくる可能性はございます。そうしたことでこの4月からは、最低制限価格、調査基準価格を引き上げたという措置もとったところでございまして、今後もそうした状況も見ながら、業界の状況も伺いながら、設定をしていきたいというふうに考えております。  

雲南市議会 2019-09-05 令和元年 9月定例会(第1日 9月 5日)

来る11月3日、木次経済文化会館チェリヴァホールにおきまして「人生100年時代の健康長寿」と題し、東京健康リハビリテーション総合研究所所長、東京大学名誉教授で雲南市名誉顧問の武藤芳照先生による講演会を開催いたします。市民の皆様の健康増進に向け、年齢を重ねる中でも元気で明るく生きがいを持って生活できるポイントを学ぶ機会にしてまいります。  

出雲市議会 2019-09-04 令和元年度第3回定例会(第2号 9月 4日)

国際経済が一国のみならず、多国籍で連鎖し合っている現在の市場経済のもと、好不況の波の影響を受けるのはやむを得ないものと考えております。しかしながら、出雲市の産業消費を活気づけ、また県内で唯一人口増加をもたらしてきた多数の外国人が市内から流出することは、今後の出雲市への影響は大きいものがあると考えております。このような観点から以下質問をいたします。