1533件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

雲南市議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会(第7日 3月20日)

給与の特例に関する条例の制定について  議案第 4号 雲南市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の制定について  議案第 5号 雲南市消費税率改正に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について  議案第 6号 雲南市行政組織条例等の一部を改正する条例について  議案第 7号 雲南市公の施設使用料の改定及び消費税率改正に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について  議案第21号 雲南市・飯南町事務組合規約

奥出雲町議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第3日 3月14日)

本町には、現在、農業の担い手として、個別経営体と農事組合法人、会社法人などの合計69経営体の認定農業者がおられ、水稲や肉用牛、露地野菜、施設野菜、菌床シイタケなど、さまざまな営農類型がございます。このほか集落営農組織では、任意組織の営農組合、農事実行組合等などが約50組織と把握しております。個人では、機械共同利用、作業受託型、協業経営といったさまざまな運営形態で農業経営が多い状況でございます。

奥出雲町議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第2日 3月13日)

国保加入者の1人当たりの平均保険料は平素の試算でも中小業者の労働者が加入する協会けんぽの1.3倍、大企業の労働者が加入する組合健保、これの1.7倍という水準です。公的医療保険は、国民に平等に医療を保障するための仕組みです。加入する保険によって保険や給付に大きな格差が生じていることは、制度の趣旨に反しているのではないでしょうか。

大田市議会 2019-03-07 平成31年第 2回定例会(第2日 3月 7日)

○産業振興部長(尾田英夫) 大田市鳥獣被害対策協議会につきましては、大田市、島根県、大田市猟友会、島根県農業協同組合、島根県農業共済組合、大田市森林組合、鳥獣保護管理員、大田市鳥獣被害対策実施隊を構成員に組織をされておりまして、それぞれの役割を明確にして総合的な総被害防止対策というのを講じているところでございます。  

雲南市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第6日 3月 6日)

また、同じく日本農業新聞1月4日付掲載のJA組合長アンケートでは、安倍内閣の政策決定についてどう思うかの問いに対し、生産現場の実態と乖離しており、農家の声を十分に反映していないとの回答が実に93.9%に達していたと報じておりました。さらに、必要な施策は何かに対しては、中小を含めた多様な担い手を対象とする所得政策が65%を占めました。

雲南市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会(第5日 3月 5日)

そういった中では、例えば再任用とか、それから一部事務組合の派遣の職員を減らしたりとか、そういったことも少しずつ考えながら対応をしていっているところでございます。引き続きまして業務量を十分検討しながら、職員の採用につきましては考えていきたいというふうに考えております。よろしくお願いいたします。 ○議長(山﨑 正幸君) 藤原信宏君。

大田市議会 2019-03-04 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

新可燃ごみ共同処理施設建設事業につきましては、先般、処理施設の施工業者が決定されたところであり、2022年度の供用開始に向け、事業主体となる邑智郡総合事務組合と十分に協議を重ねながら、着実に事業を進めてまいります。  また、共同処理に当たり、新施設への搬入を効率的に行うため、可燃ごみ中間処理施設の改修工事に着手してまいります。  

江津市議会 2019-03-01 平成31年 3月(第1回)定例会

する条例制定について   議案第16号 江津市水道事業における水道施設の管理に関する技術上の業務を行う水道技術管理者の設置等に関する条例の一部を改正する条例制定について          建設厚生委員会委員長報告第4 議案第18号 新市建設計画の変更について   議案第19号 公の施設に係る指定管理者の指定について          総務文教委員会委員長報告第5 議案第20号 江津市と邑智郡総合事務組合

雲南市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会(第3日 3月 1日)

続きまして、特定地域づくり事業協同組合の提案がございました。  これにつきましては、人口急減地域において事業者が出資して協同組合をつくり、そこが雇用の場となって出資した組合員の事業に従事するといった内容の法律案が現在国において検討されているとこでございます。この法案につきましては、国から島根県を通じまして意見照会等もございます。

雲南市議会 2019-02-28 平成31年 3月定例会(第2日 2月28日)

最初に、議案第1号、雲南市チャレンジ推進条例の制定についてから議案第20号、雲南市布設工事監督者の配置基準及び資格基準に関する条例及び雲南市水道技術管理者の資格基準に関する条例の一部を改正する条例についてまでの条例20件、議案第21号、雲南市・飯南町事務組合規約の一部を変更する規約についての規約1件、議案第22号、新市建設計画の変更についてから議案第74号、給食センター建設事業(仮称)雲南市統合学校給食

雲南市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第1日 2月27日)

条例について 議案第17号 雲南市手数料徴収条例の一部を改正する条例について 議案第18号 雲南市教育基本計画策定委員会条例の制定について 議案第19号 雲南市学校給食共同調理場条例の一部を改正する条例について 議案第20号 雲南市布設工事監督者の配置基準及び資格基準に関する条例及び雲南市水道       技術管理者の資格基準に関する条例の一部を改正する条例について 議案第21号 雲南市・飯南町事務組合規約

大田市議会 2019-01-21 平成31年第 1回臨時会(第1日 1月21日)

当然、大田市においてもこの種の事業者の家電組合ですか、家電組合というものがあるように過去に聞いたことがあります。そういうものがありますれば、そういう皆さんも入れる中で入札、どういう様式でやるのか。今申し上げましたように一般的な家庭的なエアコン等の関係もあるわけですから、そういう関係も含めて十分議論する中で私はこの事業を実行するべきだと思います。

奥出雲町議会 2018-12-21 平成30年第4回定例会(第4日12月21日)

市長、副市長及び教育長の給料の適正額などについて、4名の自治組織代表や商工団体、JA、労働組合の代表など10名の委員によって真剣に検討されています。当然ですが、その会議の資料や議事録も市のホームページなどで一般に公開されております。  今、奥出雲町民の暮らしはどうでしょうか。国民健康保険、国保ではどうでしょうか。

大田市議会 2018-12-17 平成30年第 5回定例会(第5日12月17日)

質疑では、農地を提供した個人には支援はないのか、これに対して、それは耕作者と提供者の問題で、あくまでも支援は地域であって、営農組合などに支援する協力金であるという説明でございました。  次に、6次産業化支援事業費42万8,000円です。  

奥出雲町議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3日12月11日)

政府の試算では、全国の国保加入者1人当たり平均保険料は、中小企業の労働者が加入している協会けんぽの1.3倍、大企業の労働者が加入する組合健保の1.7倍という水準になっています。高過ぎる国民健康保険税、国保税は、住民の暮らしを苦しめているだけではなく、国民健康保険制度の根幹を揺るがしています。  

大田市議会 2018-12-10 平成30年第 5回定例会(第4日12月10日)

ビニールハウスに、これは、はねの営農組合に幾らつけるのか、あるいは、石見銀山地区本部に、これはエゴマということを言われたと思いますけれども、エゴマの関係で幾らつけられるのか、私の聞き落としがあったかもしれません。そうであれば、再度お聞かせをいただきとうございます。  

奥出雲町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日12月10日)

制度公表後、仁多郡森林組合と継続的に協議を行っているところであり、今後、変更を加える可能性はございますが、現時点で想定している事業内容について申し上げます。  まずは、将来的な相談業務及び経営権受託作業に備えるため、県や森林組合等の関係機関が参加する地域協議会を設置しますが、そこには専門的に業務に当たる林政アドバイザーの雇用、配置を計画をいたしております。

出雲市議会 2018-12-07 平成30年度第3回定例会(第4号12月 7日)

それで、消費税の問題ですけれども、先日、私も入っておりますけれども、広報広聴調査・推進委員会として出雲料飲組合、そして平田地域飲食業の方と市役所内で意見交換会をした際に、ある方が、どこでも金銭面の悩みがあると。今回の軽減税率などの対応に苦労しているというような意見がありました。やはり出雲市としては消費税を上げるなということを言ってほしいと。

大田市議会 2018-12-06 平成30年第 5回定例会(第2日12月 6日)

国保加入者の平均保険料1人当たりは、政府の試算でも中小企業の労働者が加入する協会けんぽの1.3倍、大企業の労働者が加入する組合健保の1.7倍という水準です。この25年間に1人当たりの国保料が6万5,000円から9万4,000円に引き上がっています。しかも同時期に国保加入世帯の平均所得は276万円から138万円に半減しています。