369件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

江津市議会 2021-03-09 03月09日-03号

基本施策KPI評価では、安定した雇用の中に4つの項目がありまして、まず1つ目地域産業競争強化では4.4、地域資源を活用した産業の創出と育成創業促進では4.0、安定した雇用確保は3.1、観光産業推進は3.0となっておりまして、安定した雇用確保というのは少し低い数字となっております。KPIでは、総合評価ではそういう形になっております。 

江津市議会 2021-03-08 03月08日-02号

アメリカやオーストラリアは大規模農業を行っていますけれども、競争では日本は劣りますけれども、日本農地はすばらしい力、包容力を持って生産力を持っています。その上、日本では季節風がもたらす豊富な雨量と水田かんがい農地生産力は高く、狭い土地でたくさんの人を養うという長い歴史の中で小農家をやってきました。このような力を生かして食料自給率向上が私は実現できるのではないかと思っています。 

大田市議会 2020-12-10 令和 2年第 10回定例会(第3日12月10日)

このような状況の中、当市におきましては、産業競争強化法に基づく創業支援目的とした創業支援等事業計画、これを策定をしており、本計画に基づき、商工団体金融機関など関係機関と連携を図る中で、経営計画策定金融税務指導実施創業後のフォローアップなど、創業者実情に応じた伴走型の支援実施する中で、当市産業活性化に結びつく起業の支援を行っているところでございます。  

江津市議会 2020-12-09 12月09日-02号

そういう意味で、種子法廃止とセットで農業競争強化支援法が成立しておりますけど、この中には種子、そのほかの種苗について、民間事業者が行う技術開発及び新品種の育成、その他の種苗生産及び供給を促進するとともに、独立行政法人試験研究機関及び都道府県が有する種苗生産に関する知見の民間業者への提供を促進するというふうなことが法律の中で書かれておるわけですけど、こうなると、実際海外流出を阻止するために種苗法

奥出雲町議会 2020-12-08 令和 2年第4回定例会(第2日12月 8日)

国家機能や国際競争が優先され、国民の命と財産を守る防災対策は後回しにされています。  同時に、我が国のインフラ、社会基盤公共施設老朽化という重大な局面を迎えており、防災対策という面からも、その対策は重要です。道路を走るトンネルや、学校などの公共施設の多くが1970年代から建設され、老朽化全国各地で大規模かつ加速的に進行しています。

松江市議会 2020-12-08 12月08日-03号

2018年の種子法廃止に始まり、同年、農業競争強化支援法の制定を経て、種苗法改定への流れ、これでまず種子法廃止して、民間種苗会社参入のため、国の研究機関や各県の農業試験場などの公的機関を撤退させ、続く農業競争強化支援法により、国や自治体が農家とともに長年よりよい種を育成してきたノウハウを、海外法人も含め、民間企業に提供する法律を成立させ、今回の種苗法で優秀な種を手に入れた多国籍企業はその種を

安来市議会 2020-12-03 12月03日-02号

さらに、我が国産業競争に大きな影響を与える電力コストの削減、国民経済生活基盤である電力安定供給菅政権の2050年までに温室効果ガス排出を全体でゼロとする、いわゆる排出吸収プラマイゼロの宣言の視野に立ち、特定の発電方法に依存するのではなく、多様なエネルギーバランスをよく組み合わせるエネルギーミックスの一つとして、かつベースロード電源として原子力発電をどのようにお考えになっているのかを伺ってみたいと

松江市議会 2020-09-08 09月08日-03号

それから、コロナ以外では、一般事業といたしまして、水産業競争強化漁船導入促進事業自営漁業者自立給付金沿岸漁業スタートアップ事業林内路網整備事業経営所得安定対策産地交付金などの事業がございます。 ○議長森脇幸好) 森脇議員。 ◆26番(森脇勇人) この案件についてですが、県との協議はきちんと行われていたのかお伺いいたします。 ○議長森脇幸好) 松浦市長

大田市議会 2020-06-26 令和 2年第 5回定例会(第5日 6月26日)

同じく農林水産課畜産競争強化対策事業5,849万1,000円については、旭養鶏舎さんの飼養羽数を29万9,000羽から32万8,100羽に、2万9,100羽増加させるため、ウインドーレス鶏舎補改修2棟に対して6,755万7,000円を、鶏ふん処理施設1棟に対し2,093万4,000円を支援するものとの説明でありました。  審査における質疑はありませんでした。  

大田市議会 2020-06-19 令和 2年第 5回定例会(第4日 6月19日)

次に、畜産競争強化対策事業、これは県の事業で5,800万円ついておるわけですけれども、1社だけの内容であります。畜産競争強化事業について、ほかにも関係団体から事業に対する支援要請等があるのかどうなのか、具体的に、1社だけですので、ほかにもそういう状況があるのかどうなのか、少し聞かせてほしいと思います。  ナンバー10、駅東側まちづくり事業です。

益田市議会 2020-06-16 06月16日-03号

目的として農業競争、体質強化を図るための協力金として、経営転換耕作者集積地域集積担い手集積支援などに交付する事業となっているところであります。昨年度の農地集積推進事業新規集積実績及び集積率実施における問題点、その問題点に対する今後の対応、取り組みについてのお考えをお伺いいたします。 ○議長中島守君) 梅津産業経済部長。 ◎産業経済部長梅津明則君) お答えをいたします。 

大田市議会 2020-06-12 令和 2年第 5回定例会(第1日 6月12日)

その主なものは、畜産競争強化対策事業5,800万円余、新工業用地候補地調査検討事業1,000万円余、今年4月の局地的な大雨被害に伴う現年土木災害復旧事業1億1,000万円であります。その財源につきましては、国・県支出金市債財政調整基金の取崩しによるものであり、補正後の一般会計予算の総額は295億2,500万円余となるものであります。  

奥出雲町議会 2020-03-12 令和 2年第1回定例会(第2日 3月12日)

さらに、平成28年11月には、さらなる農業競争強化のため農業競争強化プログラムを決定し、その後、農業競争強化支援法など関連法案が成立をしたところであります。  このため、今後、国に対して、各地域実情を踏まえ、柔軟な施策の展開と農林畜産業の振興、農山村の持続的な発展への支援を強くお願いをしてまいりたいと思います。  

江津市議会 2020-03-09 03月09日-03号

それで、江津市の事業でしたら、江津中小企業等競争強化支援事業。ただ、言われるように、金額的には非常に少ないです。金額的には少ないですけども、そういう中山間地空き店舗とか空き家を利用されてという場合には、こういうものも活用していただいてと考えておりますので、この商業活性化につきましては、この4地域というところで今は検討はしております。 ○議長森脇悦朗) 8番山根議員

雲南市議会 2020-03-03 令和 2年 3月定例会(第4日 3月 3日)

貿易協定などに対する対策国際競争強化も大事ではございますけども、本市といたしましては、これまで日本農家保有農地の99%が1ヘクタール未満であることからも、生活を守るため、地域を守るための農業、すなわち小農を目指すことが大切であると言ってまいりましたとおり、成長より安定、拡大より持続、競争より共生を旨とする持続可能な農業を目指すことが何より重要であるというふうに考えておるところでございます。

大田市議会 2020-03-02 令和 2年第 1回定例会(第1日 3月 2日)

特徴的な事業では、産業づくりとしての仁摩地区道駅整備事業全国植樹祭推進事業畜産競争強化対策事業農業農村整備事業、豊かな心づくりとしての大田市図書館環境整備事業各種教育魅力化推進事業都市基盤づくりとしての第2期ケーブルテレビエリア光化促進事業西部消防署庁舎新築整備事業、多文化共生社会緊急通報システム等対応事業街路整備事業、自然・生活環境づくりとしての新可燃ごみ処理施設整備に係る負担金