36件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

益田市議会 2021-03-05 03月05日-03号

この間、対策といたしましては、公演機会が大きく減少し、収益が落ち込んでいた石見神楽団体集客施設の入り込み増の対策として、神楽フォト益田に取り組んできました。さらには、観光タクシーを活用した入り込み施設等支援対策として、観光タクシー得々キャンペーン実施など、いずれも一般社団法人益田観光協会と連携して取り組んできたところであります。 

益田市議会 2020-12-04 12月04日-02号

最後、6点目は、公演実施いたします神楽団体に対するコロナ対策セミナー実施など、多様な取組を計画しておるところでございます。 益田市といたしましては、本実行委員会に参画しておりますから、市内宿泊施設飲食店また交通事業者など関係機関との連携を図り、市内への経済的な波及にもつなげてまいりたいというふうに考えておるところでございます。 以上です。 ○副議長河野利文君) 5番 高橋伴典議員

浜田市議会 2020-12-03 12月03日-04号

ですから、県外神楽団体の方も浜田に見えるときは襟を正して、ここが発祥の地だということで敬意を表しながらお見えになるんだという話を聞きました。今年の春先から、一番今稼ぎ時のこの時期ですよね。少しずつでも今入場者を増やして舞を舞うということができてますけれども、舞子さんは、こういう言い方は失礼かと思うんですけど、それぞれで職業をお持ちになりながら舞を舞っておられると。大変なことだろうと思います。

江津市議会 2020-12-03 12月03日-01号

このうち一般会計については、神楽団体への支援策ただ神事はないかっていうようなことを言っておられた方がいらっしゃいますが、神楽っていうのはただ神事ではないんです。伝統芸能でもあり、観光資源でもございます。こういった観点から、神楽団体への支援策をはじめとした新型コロナウイルス感染症対策費であるとか、7月豪雨災害に対応するものなどを中心に編成し、1億8,500万円余の補正額としております。 

江津市議会 2020-09-09 09月09日-03号

また、神楽団体からも支援をお願いしたいという声もいただいております。 まず、事業者への支援等につきましては、国の持続化給付金に加え江津中小企業等持続化応援金実施しております。神楽団への支援につきましては、日本遺産事業事務局である石見観光振興協議会支援策について協議を進めております。また、文化継承という観点からは社会教育課とも様々な助成制度について協議をしております。 

浜田市議会 2020-09-01 09月01日-01号

36番、これも新型コロナウイルス感染症影響により、石見神楽団体公演の場を失っていることから、ケーブルテレビを活用し、特別番組及び今後の情報発信に活用できる映像を制作することで石見神楽認知度向上を図るものであり、詳細については16ページをご覧ください。 37番、これは令和2年7月に発生した豪雨により崩落等が発生している崖地において、宅地自然災害防止工事を行うものでございます。

益田市議会 2020-03-06 03月06日-04号

今後は、石見神楽魅力をより一層全国発信していきますとともに、石見神楽付加価値を高めまして、全国から多数の公演依頼が来ますよう神楽団体支援するとともに、石見神楽を鑑賞するために益田市を訪れた、また訪れたいと思うような観光客がふえるよう、日本遺産石見神楽を活用した観光振興に努めてまいりたいというふうに考えております。 

浜田市議会 2020-02-25 02月25日-01号

本市は石見神楽本場であり、50を超える神楽団体があります。神楽衣装などの費用負担が大きいことから、令和2年度からふるさと応援基金を活用して、新たに衣装代などの支援制度を創設してまいります。 本年は、東京2020オリンピック・パラリンピックが開催されます。この機会に、石見神楽魅力を国内外に発信するため、8月25日に石見神楽国立劇場公演を本市の独自事業として実施します。

江津市議会 2017-09-08 09月08日-03号

また、今年度は終了いたしましたが、いわみんという体験型プログラムの中には、市内神楽団体が企画し、石見神楽の舞やおはやし、道具づくりなどが体験できるツアーも実施されました。 議員お考えの体験につきましても、今後、神楽団体石見神楽広域連絡協議会との協議の場で検討してまいりたいと考えております。 ○議長田中直文) 冨金原社会教育課長

浜田市議会 2017-03-01 03月01日-04号

このことから、名称神楽等を入れますと、神楽伝承館のイメージが先行し、神楽団体の皆様からも資料館上演施設があると勘違いされるとのご心配の声もいただいたこともあり、名称から神楽を削除することといたしました。 名称変更の時期につきましては、本年1月17日の浜田城周辺整備検討会でご了承いただき、翌日1月18日の議会意見交換会の場でもご説明をさせていただきました。

  • 1
  • 2