405件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

出雲市議会 2019-12-04 令和元年度第4回定例会(第2号12月 4日)

もう1点が、今も屋内運動場等を社会教育団体、スポ少さんとかご利用されている団体もございまして、そうした方々との調整ということを大きく2点として考えております。  それを経まして、円滑な公募が見通しが立ったということになれば、速やかに募集要項を作成して、来年2月以降、できるだけ早いところで実施事業者の公募をしたいというふうに考えております。  

奥出雲町議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第4日 9月26日)

社会教育総務費における土橋集会所施設屋根修繕内容について、また八川郷土資料館の屋根修繕予定等についてなどを確認し、また意見・提案等を行い、詳細な審議の結果が報告されました。  議案第61号、令和元年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)提出について。  教育福祉予算委員会委員長から小委員会における審査報告を受けた後、全体審査を行いました。  

大田市議会 2019-09-25 令和元年第 6回定例会(第5日 9月25日)

続いて、社会教育課所管の石見銀山遺跡拠点施設等管理運営費及びICT等による石見銀山多言語解説整備事業では、委員からは、駐車場取得の理由と経過についての問いに、旧株式会社セラミカがことし3月末に破算手続をされることになれば、第3駐車場の運用が困難になるため、任意売買により用地を取得することになった。

出雲市議会 2019-09-06 令和元年度第3回定例会(第4号 9月 6日)

さらに、学校教室での学習のみならず、大学企業等の地域のさまざまな教育資源社会教育資本を活用していつでも、どこでも学ぶことができるようになることなどです。  また、基礎読解力、数学的思考力などの基盤的な学力情報活用能力を全ての児童生徒が習得できるよう、新学習指導要領の着実な実施が必要であるとする一方で、五つの視点から義務教育における現在の構造からの脱却が求められています。  

出雲市議会 2019-09-04 令和元年度第3回定例会(第2号 9月 4日)

さらに、今後は、派遣会社企業、NPO法人ボランティア団体地域等とも連携を図り、社会教育としての取組みの充実・強化も必要であると考えております。  次に、雇用分野でございます。  雇用の関係につきましては、家族で帯同してきた外国人住民や、中学校卒業後の外国人の若者が求職される場合において、なかなか就職先が見つからない課題があると認識しております。

雲南市議会 2019-06-05 令和元年 6月定例会(第3日 6月 5日)

行政施設でありますとか、あるいは文化社会教育施設につきましてはある程度の整備が進んでおるという認識をしております。交流センター等につきましては洋式トイレ化は100%、暖房便座につきましても93%というような調査となっておりますが、一方で、ホール等につきましては暖房便座の整備率が低いということもございます。

雲南市議会 2019-06-04 令和元年 6月定例会(第2日 6月 4日)

教育長(景山 明君) 雲南市のスポーツ振興につきましては、現在主に御存じのように社会教育課が担当しておりますけれども、先ほど申しましたようにスポーツによる地域振興を推進していくためにも、スポーツ推進委員の皆様とか地域運動指導員の皆様、そして体育協会、スポーツ少年団などの団体との連携が不可欠であるというふうに考えております。  

大田市議会 2019-03-22 平成31年第 2回定例会(第5日 3月22日)

2本目の豊かな心づくりについては、教育の魅力化、教育機会の確保、地域の特性を生かした社会教育活動の充実、芸術文化活動の創造、文化施設の充実、スポーツに親しむ環境の整備、成果指標についての説明がありました。  3本目の暮らしづくりについては、一人一人に合った子育て・子育ち支援、健康まちづくりの推進、大田市立病院医療提供体制の充実、成果目標についての説明がありました。  

大田市議会 2019-03-07 平成31年第 2回定例会(第2日 3月 7日)

現在の公民館につきましては、住民ニーズの多様化と業務の複雑化、ブロックによる大きな単位での効率的な事業実施のために、地域教育力の向上を目的社会教育の拠点として、平成21年度に7カ所に設置したものでございます。  あわせて、まちづくりセンターについても、各地域のまちづくり活動の支援体制の充実及び身近な行政サービスの提供を目的として、同様に市内27カ所に設置したものでございます。  

大田市議会 2019-03-04 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

社会教育につきましては、ふるさと教育公民館合同による歴史講座の開催を通じて、学びの場の充実を図ってまいります。  公民館につきましては、ブロック体制としてから10年が経過したことを機に、改めて体制のあり方について検討をしてまいります。  図書館につきましては、ボランティア団体協力による読み聞かせ活動や、学校図書館司書と連携した調べ学習を一層推進してまいります。

雲南市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会(第3日 3月 1日)

続いて、社会教育について伺います。健康づくり拠点施設が昨年オープンし、いよいよスポーツ振興の意識は高まる一方であります。そうした中、10年後には2度目の島根国体が開催されることが内定いたしました。1982年の島根くにびき国体において、合併前の旧町村でそれぞれ力を注がれ、その活動は今でも地域に脈々と根づき、健康増進、スポーツに対する技術意欲の向上につながっています。

出雲市議会 2018-12-05 平成30年度第3回定例会(第2号12月 5日)

また、単に学校教育だけではなくて、社会教育の側面からも様々な支援が必要であると考えているところでございます。  以上、答弁といたします。 ○副議長(川上幸博君) 大場議員。 ○18番(大場利信君) 詳細なご答弁ありがとうございました。非常に前向きな取組みもいろいろ感じ受け取ったところでございます。この勢いで進んでいただければ、非常に在日外国籍の父兄の方も子どもたちも非常に喜ぶと思っております。  

奥出雲町議会 2018-10-09 平成30年第3回定例会(第2日10月 9日)

中期財政計画には盛り込まれておりますが、他の社会教育施設耐震化等の課題を解決しつつ、早期に実現を図るとともに、既存図書館の充実を図ってまいりたいと思っております。 ○議長(岩田 明人君) 川西明徳議員。 ○議員(8番 川西 明徳君) 最後、7項目め、子供たちが健やかに豊かに育つ学校生活保障することについて伺います。  

大田市議会 2018-09-06 平成30年第 4回定例会(第2日 9月 6日)

また、使用目的については、さまざまな視点から、学校教育における水泳授業でありますとか社会教育スポーツの観点でありますとかさまざまにあるわけでありまして、このさまざまに使うということは、ただ単に25メーターの6コース、一般的な大きさでありますけれども、こうしたものではなくて、サブプールが必要であるとか、いろいろ条件が変わってくると思いますので、そこら辺は、この検討チームの中でしっかり御協議いただきたいというふうに

出雲市議会 2018-09-05 平成30年度第2回定例会(第4号 9月 5日)

今後は、学校教育社会教育両面から、より主権教育としての意識を強く持ち、充実させていきたいというふうに考えているところでございます。  以上、答弁といたします。 ○議 長(福代秀洋君) 湯淺議員。 ○11 番(湯淺啓史君) 大変詳しく答弁をいただきまして、ありがとうございました。