14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

奥出雲町議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第1日12月 6日)

例えば凍結とか、破裂して、そういうときには、過去1年間にさかのぼって通常使っておる量の、それと比較して一番多いときですね、過去1年間の、それと比較して超えた部分の水道料について、町というか水道事業のほうが半分持って、個人の方に半分持ってもらうということで、半分を減免のほうをいたしておるとこでございます。 ○議長(藤原 充博君) ほかにございませんか。  12番、大垣議員

雲南市議会 2018-03-07 平成30年 3月定例会(第5日 3月 7日)

水道管破裂、損傷等があったように聞いております。どれぐらいあったのか伺っておきたいと思いますし、防止策は周知十分されたと思いますけれども、幾らかこういう被害があったということでございますので、さらなる防止策についてどういうことが考えられるか伺っておきたいと思います。 ○議長(藤原 信宏君) 稲田水道局長

出雲市議会 2017-03-02 平成29年度第5回定例会(第3号 3月 2日)

8日以降も除雪の遅れにより、孤立した地域があったり、凍結による車の大渋滞、低温による水道管破裂等、住民生活が麻痺をいたしました。また、8日、9日は学校の休校や企業、店舗の休業も相次ぎました。特に、斐川地域を中心に農業施設の被害は甚大でございました。改めて被害に遭われた皆様に心よりお見舞いを申しあげたいと思います。  

雲南市議会 2016-03-09 平成28年 3月定例会(第5日 3月 9日)

1月23日から25日にかけて、記録的な寒波による異常低温の影響により、島根県内では26日から水道管破裂被害が相次ぎました。4,000件の被害があったと報じられています。それに伴い断水被害が発生し、県内で2,651世帯断水があり、安来市では県を通じて給水作業の支援で自衛隊災害派遣を要請しています。

雲南市議会 2016-03-07 平成28年 3月定例会(第3日 3月 7日)

1月末から2月にかけて異常低温で水道施設破裂などで大変な状況であったと聞きます。加えて公共施設に雨漏りもあり、特に教育施設に苦情、要望が多いようでございます。要望しても予算がないと一蹴されているということを聞いておるとこでございます。新規事業もさることながら、いま一度公共施設の修繕について、特に子育ての観点からも早急に検討し、善処が必要と考えます。

奥出雲町議会 2011-12-09 平成23年第4回定例会(第1日12月 9日)

町内の上水道の整備率は99.5%であり、水道管災害破裂や、漏水等による給水車の出動や災害に遭った近隣の県、市町村からの給水派遣依頼等があれば、給水支援活動が大切と考えます。備えあれば憂いなしとは言われますが、導入の考えについて、町長の御所見をお伺いいたします。  続いて、3点目の平成24年産米生産目標対策についてであります。  

大田市議会 2010-09-10 平成22年第 4回定例会(第4日 9月10日)

ただ、壊れたときには耐用年数も過ぎておりますし、それを直さないともし破裂したときには大変なことになるだろうということで、石綿管の布設がえを集中的にやっているということですから、直接的に有収率の向上にはなかなかつながっていないということでございます。  

大田市議会 2010-09-09 平成22年第 4回定例会(第3日 9月 9日)

それは盲腸で、もう中で破裂しているんではないかという感じで猛烈に痛がっておられる。だけれどもその話を聞いて病院はどう対応したか。断ったんですよ。それでそのお友達は病院駐車場救急車を呼んで出雲に行かれたんです。だれが考えてもそうした場合は、物すごい痛がっておられるわけですから病院で診てあげて、本当これは緊急事態です。大変ですということで救急車に看護師か医者が乗ってなぜ行けないんでしょうか。

大田市議会 2003-09-10 平成15年第398回定例会(第4号 9月10日)

併せまして、1月下旬に大きな寒波があったわけでございまして、1日の最大使用量についても、この日が家庭内での給水管等の破裂等で最大の使用量になっておるわけでございます。1万5,000トン程度ですか。そういう状況を見てみますのに、当然、14年度の決算で、その内容がこれ含まれておると思うわけでございまして、中には当初、減免体制等も考えていかないかんという話が、私、あったと思います。

大田市議会 2003-03-20 平成15年第395回定例会(第5号 3月20日)

主な質疑のありましたものは、今年冬の凍結による給水管の破裂等による漏水が幾らぐらいあったのか。また、水道料の納付については、郵便振替にしていただきたいなど、要望がありました。  答弁として、漏水については3月末の検針を待たないと判明しない。1月29、30日の配水量が5,300トン増えている。原則として、漏水の減免については行なわない。ただし、独居高齢者、空家については減免したい。  

大田市議会 2001-03-05 平成13年第384回定例会(第2号 3月 5日)

先日も蛍光灯のコンデンサーが破裂してPCBが漏れる事故が全国の学校で多発していることが新聞報道でされました。  そこで、当大田市内の小中学校使用される状況をお聞かせください。  また、その処理はいつまでに処理を行うのか。  大きく2点目の石見銀山遺跡の世界遺産登録に向けた取り組みについてお伺いいたします。  

  • 1